高台寺歴史年表(創建~現在)北政所

高台寺見どころ

高台寺歴史

高台寺歴史を紹介しています。高台寺は1606年(慶長11年)に豊臣秀吉の正室・北政所が秀吉の菩提を弔う為、弓箴善彊を開山として創建しました。名称は北政所が1603年(慶長8年)に第107代・後陽成天皇から賜った院号・高台院湖月尼に由来しています。
京都・高台寺基本情報高台寺見どころ

【高台寺歴史 年表】
(歴史・創建)
高台寺(こうだいじ)は1606年(慶長11年)に関白・豊臣秀吉(とよとみひでよし)の正室・北政所(きたのまんどころ)が1598年(慶長3年)に亡くなった豊臣秀吉の菩提(ぼだい)を弔う為、弓箴善彊(きゅうしんぜんきょう)を開山として創建しました。北政所は当初実母・朝日局(あさひのつぼね・吉子)が弔われている菩提寺・康徳寺(こうとくじ)に弔うとしたが、手狭だったことから岩栖院(がんせいいん)と敷地交換して、現在の場所に創建しました。名称は北政所の落飾(仏門に入る)後の1603年(慶長8年)に第107代・後陽成天皇(ごようぜいてんのう)から賜った院号・高台院湖月尼(こうだいいんこげつに)に由来しています。なお江戸幕府初代将軍・徳川家康(とくがわいえやす)は北政所を手厚く扱い、普請奉行(ふしんぶぎょう)に京都所司代(きょうとしょしだい)・板倉勝重(いたくらかつしげ)、普請御用掛に酒井忠世(さかいただよ)と土井利勝(どいとしかつ)、普請掛に堀直政(ほりなおまさ・堀監物(ほりけんもつ))を任命したそうです。

(歴史・その後)
1608年(慶長13年)に北政所の従弟・久林玄昌(きゅうりんげんしょう)が塔頭(たっちゅう)・岡林院(こうりんいん)を創建し、1616年(元和2年)に久林元昌が塔頭・月真院(げっしんいん))を創建しました。なお1648年(慶安元年)に北政所の甥・木下勝俊(きのしたかつとし)が塔頭・春光院(しゅんこういん)を創建しました。
1624年(寛永元年)に三江紹益(さんこうじょうえき)を建仁寺(けんにんじ)から招聘し、当初の曹洞宗(そうとうしゅう)から臨済宗(りんざいしゅう)に改めました。北政所の兄・木下家定(きのしたいえさだ)は三江紹益と親交が深く、家定の七男が三江紹益の元で出家したそうです。なお北政所は1624年(寛永元年)9月に高台寺の塔頭・円徳院(えんとくいん・圓徳院)で亡くなったと言われています。
1789年(寛政元年)大方丈・小方丈などが焼失したが、弘化年間(1844年~1848年)までに再建されました。なお1863年(文久3年)に公武合体派の福井藩主・松平慶永(まつだいらよしなが・松平春嶽(まつだいらしゅんがく))の宿所になり、大方丈・小方丈などが放火によって再び焼失しました。
1867年(慶応3年)に新撰組(しんせんぐみ)を脱退した伊東甲子太郎(いとうかしたろう)ら禁裏御陵衛士(きんりごりょうえじ)が塔頭・月真院を屯所にしました。

スポンサーリンク

【高台寺歴史 建物】
●霊屋(おたまや)は1605年(慶長10年)に建立されました。
●開山堂は1605年(慶長10年)に建立されました。
●茶室・傘亭(かさてい)は桃山時代に建てられました。
●茶室・時雨亭(しぐれてい)は桃山時代に建てられました。
●観月台は関白・豊臣秀吉遺愛とも言われています。
●表門(総門・山門)は桃山時代に加藤清正(かとうきよまさ)が伏見城に建てたと言われています。
●方丈は1912年(大正元年)に再建されました。
●天満宮は1606年(慶長11年)に北政所が高台寺を創建した際、日頃崇拝していた綱敷天満宮(つなしきてんまんぐう)の祭神・菅原道真(すがわらのみちざね)を勧請したと言われています。
●勅使門は方丈とともに1912年(大正元年)に再建されました。
●茶室・遺芳庵(いほうあん)は1908年(明治41年)に灰屋紹益(はいやしょうえき)の旧邸跡から移されました。
●茶室・鬼瓦席(おにがわらのせき)は遺芳庵と同じく、1908年(明治41年)に灰屋紹益の旧邸跡から移されました。
●掌美術館(しょうびじゅつかん)は1998年(平成10年)に創立されました。

【高台寺 その他】
●梵鐘は1606年(慶長11年)に北政所の兄・木下家定(きのしたいえさだ)が三条釜座・藤原国久(ふじわらのくにひさ)に鋳造させました。
●庭園は小堀遠州(こぼりえんしゅう)が作庭したと言われています。

【高台寺歴史 塔頭】
●円徳院(えんとくいん)は北政所が晩年を過ごし、終焉の地とも言われています。
円徳院
●岡林院(こうりんいん)は1608年(慶長13年)に北政所の従弟・久林玄昌が建立されました。
岡林院
●月真院(げっしんいん)は1616年(元和2年)に北政所の従弟・久林玄昌が石見津和野藩・亀井政矩(かめいまさのり)の保護の下で創建し、亀井家の菩提寺になりました。
月真院
●春光院(しゅんこういん)・春光禅院は1648年(慶安元年)に北政所の甥・木下勝俊が娘で、阿野公業の妻・春光院万花紹三(しゅんこういんばんかじょうさん)を弔う為に創建したと言われています。
春光院

【高台寺歴史 備考】
*参考・・・京都・高台寺(アクセス・歴史・見どころ・・・)ホームページ

関連記事

京都観光おすすめ

  1. 錦市場
  2. 竹林の道
  3. 嵐山
ページ上部へ戻る