善峯寺

善峯寺

善峯寺(アクセス・見どころ・拝観料金・・・)情報を紹介しています。(2014年末から未更新の場合あり)善峯寺は所有地36万坪、境内地3万坪にたくさんの堂塔伽藍が広がっています。なお善峯寺では樹齢約600年、幹の長さ50メートルの五葉松「遊龍の松」が有名だったが、松食い虫の被害により、10メートルあまりが切断されました。

【善峯寺 アクセス・マップ地図】
場所・・・京都府京都市西京区大原野小塩町1372
最寄り駅・バス停・・・善峯寺(徒歩約8分)、なお冬季(1/6~2/末)は小塩

阪急バスのアクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*阪急電鉄京都本線・東向日駅からは66系統善峯寺行き
*JR・向日町駅からは66系統善峯寺行き
阪急バス・アクセスダイヤ

【善峯寺 拝観時間・時間(要確認)】
8:00~17:00 受付16:45終了

【善峯寺 拝観料金・料金(要確認)】
大人500円、高校生300円、小・中学生200円

スポンサーリンク


【善峯寺 歴史・簡単概要】
善峯寺(よしみねでら)・善峰寺は寺伝によると1029年(長元2年)に恵心僧都(えしんそうず)・源信(げんしん)の弟子・源算上人(げんさんしょうにん)が自作の千手観音を小堂に安置し、阿智坂(あちさか)の法華院と号したのが起源と言われています。源算上人は霊地を求めて西の山に入って休憩していると一人の翁神が現れて、「我はこの地の地主にて名を阿智坂という。この霊地に伽藍を草創し給え。この地を与えて永く仏法を守らん。」と告げたとも言われています。1034年(長元7年)に第68代・後一条天皇が鎮護国家の勅願所に定め、寺号・良峯寺を賜りました。その後1042年(長久3年)に第69代・後朱雀天皇の勅命により、安居院・仁弘法師作の洛東・鷲尾寺の千手観音が本尊として移されました。1192年(建久3年)に後鳥羽上皇(第82代・後鳥羽天皇)から宸額・善峯寺を賜りました。その後鎌倉時代に青蓮院(しょうれんいん)から西山宮道覚入道親王(どうかくにゅうどうしんのう)が入寺し、西山門跡と言われるようになりました。応仁の乱(1467年(応仁元年)~1477年(文明9年))の兵火によって伽藍が焼失したが、1692年(元禄5年)に江戸幕府5代将軍・徳川綱吉の生母・桂昌院(けいしょういん)の寄進によって再建されました。
善峯寺は善峰観音宗の寺院です。
*参考・・・善峯寺(アクセス・歴史・・・)ホームページ善峯寺(アクセス・歴史・・・)wikipedia

【善峯寺 見どころ・文化財(非公開の場合あり)】
善峯寺の見どころは遊龍の松・桜・紫陽花・秋明菊・紅葉です。特に善峯寺は桜や紅葉の名所の為、春や秋に訪れてもいいかもしれません。
善峯寺桜見ごろ善峯寺紅葉見ごろ
京都桜名所京都つつじ見ごろ・さつき見ごろ
京都紅葉名所・見ごろ

重要文化財・・・多宝塔、絹本著色大元帥明王像

【善峯寺 連絡先(現在確認中)】*電話は控えて下さい。迷惑になります。
電話番号・・・+81-75-331-0020

【善峯寺 (アクセス・御朱印・駐車場・・・)備考】

【善峯寺 おすすめ散策ルート】
善峯寺からのおすすめ散策ルートは十輪寺(業平寺)を経由し、日正寺に向かうルートです。40分ほど散策すれば、西山の自然を感じながら日正寺まで行くことができ、京都観光・旅行を楽しむことができます。なお善峯寺は市街地からかなり離れ、周囲にはあまり観光スポットが多くない為、次の観光スポットに向かい、その観光スポット周辺を散策してもいいかもしれません。

関連記事

京都観光 イベント・行事

  1. 青葉まつり

    2019年6月のイベント

  2. 祇園祭

    祇園祭2019日程

スポンサーリンク

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 貴船祭
  2. 信長忌
  3. 祇園放生会
  4. 蛍火の茶会
  5. 田植祭
  6. 青葉まつり
  7. 竹伐り会式

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 竹林の道
    竹林の道アクセスでは渡月橋から北に伸び、天龍寺前を通る府道29号線を天龍寺方面から北側の清凉寺(嵯峨…
  2. 嵐山
    嵐山アクセスでは京都駅からJR嵯峨野線(JR山陰本線)を利用して嵯峨嵐山駅で降りるのが一般的です。ち…
ページ上部へ戻る