嵐山桜見ごろ2023(3月下旬~4月上旬頃)

嵐山

嵐山桜見ごろ(見頃)

嵐山桜見ごろ(時期・ライトアップ・桜まつり・・・)情報を紹介しています。桜見ごろは例年3月下旬頃から4月上旬頃です。嵐山は御室桜(仁和寺)・醍醐寺・笠置山自然公園とともに「日本さくら名所100選」に選ばれた京都を代表する桜の名所です。嵐山は山桜・染井吉野・八重桜・枝垂桜など約1,500本の桜の木が植えられ、桜と渡月橋・大堰川(桂川・保津川)との光景が美しいと言われています。(詳細下記参照)

【嵐山桜見ごろ(例年)・2023年開花満開予測】
嵐山の桜見ごろは例年3月下旬頃から4月上旬頃です。ただ桜の開花状況や見ごろ(満開)はその年の気候などによって多少前後することがあります。なお京都の桜開花・満開・見ごろ情報は2023年1月下旬頃から情報発信します。
京都桜見ごろ2023
●嵯峨嵐山おもてなしビジョン推進協議会twitterで桜の開花・満開をリアルタイムチェック。
嵯峨嵐山おもてなしビジョン推進協議会twitter(ツイッター)

【嵐山桜見ごろ アクセス・マップ】
場所・・・京都府京都市右京区
最寄り駅・バス停・・・嵐山(徒歩すぐ)

アクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*京都駅からは28系統(D3乗り場)
*四条河原町からは11系統
*四条烏丸からは11系統
*河原町丸太町からは93系統
路線・時刻表・運賃チェック

*嵐電(京福電鉄)嵐山線の場合、最寄り駅は嵐山駅(徒歩すぐ)
*JR嵯峨野線の場合、最寄り駅は嵯峨嵐山駅(徒歩約10分)
*阪急電鉄嵐山線の場合、最寄り駅は嵐山駅(徒歩約5分)

スポンサーリンク

【嵐山桜見ごろ(例年)・見どころ解説】
嵐山は京都を代表する桜の名所です。嵐山は京都府内で御室桜(仁和寺)・醍醐寺・笠置山自然公園(相楽郡笠置町)とともに「日本さくら名所100選」に選ばれています。嵐山の桜見ごろは例年3月下旬頃から4月上旬頃です。
嵐山では山桜(ヤマザクラ)・染井吉野(ソメイヨシノ)・八重桜(ヤエザクラ)・枝垂桜(シダレザクラ)など約1,500本の桜の木が植えられ、桜と渡月橋(とげつきょう)・桂川(かつらがわ・大堰川(おおいがわ))との光景が美しいと言われています。嵐山では嵐山公園臨川寺地区(北側)から桂川・渡月橋・嵐山の構図で写真撮影するのが人気の構図になっています。嵐山では渡月橋を中心に桂川の上流・下流・左岸(北岸)・右岸(南岸)を観桜コースとして散策するのがおすすめです。ちなみに嵐山公園中之島地区(南側)は嵐山とともに桜名所とされています。なお嵐山は嵐山公園亀山地区から眺めるのが比較的穴場かもしれません。
嵐山公園桜見ごろ
●嵐山の桜は鎌倉時代の1255年(建長7年)に後嵯峨上皇(第88代・後嵯峨天皇(ごさがてんのう))が現在世界遺産である天龍寺が建立されている場所に離宮・亀山殿(嵯峨殿)を造営した際、「日本さくら名所100選」に選ばれている奈良吉野山から桜を移植し、亀山殿から桜を愛でたのが始まりとも言われています。ちなみに吉野から移植したと言われる桜は現在も残されているそうです。なお吉野山は奈良県の中央部を流れる吉野川(紀の川)南岸から大峰山脈に続く約8キロメートルの山稜です。吉野山には白山桜(シロヤマザクラ)など約3万本が植えられ、例年4月上旬頃から見ごろを迎えます。
●桂川は京都市左京区広河原と南丹市美山町佐々里の境に位置する佐々里峠を源とし、上桂川・桂川・大堰川・保津川と名称を変え、嵐山から桂川となり、鴨川・木津川・宇治川と合流して淀川となって大阪湾に注ぎます。
●渡月橋は承和年間(834年~848年)に弘法大師・空海の高弟・道昌が桂川に架けた橋が起源と言われています。渡月橋の名称は鎌倉時代に亀山上皇(第90代・亀山天皇)が橋の上の月を眺め、「くまなき月の渡るに似る」と感想を述べたことに由来しています。
●嵐山公園は明治時代末期に桂川左岸に整備された亀山地区・桂川中州に整備された中之島地区・昭和に桂川左岸に整備された臨川寺地区の3地区から構成されています。
嵐山見どころ

●京都で人気の桜名所・見ごろを紹介しています。由緒なども確認できます。(下記リンク参照)
京都桜名所・見ごろ

【嵐山 歴史・簡単概要】
嵐山(あらしやま)は淀川(よどがわ)水系の一級河川・桂川(かつらがわ)に架かる渡月橋(とげつきょう)の西、京都府京都市西京区にある標高約382メートルの山です。嵐山は国の史跡・国の名勝に指定されています。また「日本さくら名所100選」・「日本の紅葉の名所100選」に選ばれた桜の名所・紅葉の名所です。ちなみに桜は鎌倉時代に後嵯峨上皇(第88代・後嵯峨天皇(ごさがてんのう))・亀山上皇(第90代・亀山天皇(かめやまてんのう))が「日本さくら名所100選」に選ばれている奈良吉野山から山桜を移植したと言われています。吉野山の下千本には嵐山と言われる山があり、京都嵐山の名称は奈良嵐山に因んで名付けられてとも言われています。嵐山は平安時代に貴族の別荘地で、古くから歌枕として多くの和歌などに詠まれる景勝地でした。なお現在一般的に嵐山と言う場合、山自体ではなく、桂川の右岸・嵐山(西京区)と桂川の左岸・嵯峨野(右京区)を含めたエリア(嵐山・嵯峨野地域)を指し、京都を代表する観光地になっています。
*参考・・・嵐山(アクセス・マップ・歴史・見どころ・・・)wikipedia

【嵐山桜見ごろ 備考】
*イベントの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者に確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。イベントの内容などが変更になっている場合もあります。
嵐山(アクセス・見どころ・歴史概要・・・)情報
*京都の桜名所では桜の見ごろに合わせ、ライトアップを行なっているところがあります。(下記リンク参照)
京都桜ライトアップ2023

関連記事

京都観光おすすめ

  1. 錦市場
  2. 竹林の道
  3. 嵐山
ページ上部へ戻る