常寂光寺紅葉見ごろ2024(時期:11月中旬~11月下旬頃)

常寂光寺紅葉

常寂光寺紅葉見ごろ(見頃)

常寂光寺紅葉見ごろ(時期・ライトアップ・・・)情報を紹介しています。常寂光寺の紅葉見ごろは例年11月中旬頃から11月下旬頃です。常寂光寺では紅葉名所で、「小倉百人一首」に詠まる小倉山の中腹に広がる境内に200余本のカエデやイチョウなどが分布し、紅葉と仁王門周辺の庭園・参道などの光景が美しいと言われています。(詳細下記参照)

【常寂光寺紅葉見ごろ(例年時期)・2024年予測】
常寂光寺の紅葉見ごろは例年11月中旬頃から11月下旬頃です。ただ紅葉の時期や見ごろはその年の気候などによって多少前後することがあります。なお2024年(令和6年)の紅葉見ごろ情報は2024年(令和6年)9月上旬頃から順次情報発信します。
京都紅葉見ごろ2024(清水寺・東福寺・永観堂・・・)

【常寂光寺紅葉見どころ アクセス・マップ】
場所・・・京都府京都市右京区嵯峨小倉山小倉町3
最寄り駅・バス停・・・嵯峨小学校前(徒歩約15分)

アクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*京都駅からは28系統(D3乗り場)
*四条河原町からは11系統
*四条烏丸からは11系統
*河原町丸太町からは93系統
路線・時刻表・運賃チェック

*JR嵯峨野線の場合、最寄り駅は嵯峨嵐山駅(徒歩約15分)
*嵐電(京福電鉄)嵐山本線の場合、最寄り駅は嵐山駅(徒歩約20分)
*阪急電鉄嵐山線の場合、最寄り駅は嵐山駅(徒歩約15分)

スポンサーリンク(Sponsor Link)

【常寂光寺紅紅葉見ごろ(例年時期)・見どころ 概要】
常寂光寺は京都を代表する紅葉の名所です。常寂光寺の紅葉見ごろは例年11月中旬頃から11月下旬頃です。ちなみに標高は約59メートルです。
常寂光寺では紅葉名所で、「小倉百人一首(おぐらひゃくにんいっしゅ)」に詠まる小倉山(おぐらやま)中腹に広がる山内に200余本のカエデ(ノムラカエデ・イロハモミジ・オオモミジ・ヒロハモミジなど)・イチョウなどが分布し、紅葉と茅葺きの屋根の仁王門周辺の庭園・参道などの光景が美しいと言われています。山門から仁王門・本堂・高さ約12メートルの多宝塔(重要文化財)に至る参道に紅葉のトンネルが現れます。常寂光寺では赤色・オレンジ色・黄色に紅葉し、緑の苔とのコントラストが素晴らしいと言われています。散りモミジ・敷きモミジも楽しめます。なお多宝塔周辺からは京都市内も一望でき、眺望も楽しめます。
常寂光寺が中腹に建立されている小倉山は紅葉見ごろに全山が紅葉に彩られ、その常寂光土(じょうじゃっこうど)のような風情が常寂光寺の寺号の由来になっています。「小倉百人一首」では平安時代の公卿・藤原忠平(ふじわらのただひら)が「小倉山 峰のもみぢ葉 心あらば 今ひとたびの みゆき待たなむ」と詠んでいます。藤原忠平は宇多法皇(第59代・宇多天皇)が嵯峨・大堰川(おおいがわ)を行幸した際、宇多法皇が「息子の第60代・醍醐天皇にも見せたい」と言った心情を詠んだと言われています。
常寂光寺は嵐山・嵯峨野エリアに建立され、周辺にはいずれも紅葉名所とされている嵐山・天龍寺(てんりゅうじ)・二尊院(にそんいん)・祇王寺(ぎおうじ)などがあり、一緒に紅葉狩りするのがおすすめです。ちなみに京都屈指の観光スポットである竹林の小径(竹林の道)もあります。

●庭園は池泉鑑賞式庭園です。庭園にはカエデなどが分布しています。庭園は紅葉インスタ映えスポットです。
●仁王門は貞和年間(1345年~1349年)に本圀寺客殿の南門として建立され、1616年(元和2年)に移築されて建立されました。仁王門は運慶作と伝えられる身の丈七尺の仁王門像を安置しています。
●多宝塔は1620年(元和6年)に建立されました。多宝塔には霊元上皇宸筆の勅額「並尊閣」が掛けられています。多宝塔は高さ約12メートルの方三間で、宝形造の檜皮葺です。多宝塔は紅葉インスタ映えスポットです。
●小倉山は桂川を挟んで嵐山の北側にある標高約296メートルの山です。小倉山は嵐山とともに紅葉の名所です。小倉山の山麓では鎌倉時代に歌人・藤原定家(ふじわらのていか)が小倉山荘(時雨亭)を構え、小倉百人一首を選んだと言われています。小倉山は紅葉インスタ映えスポットです。
●常寂光土は凡聖同居土(ぼんしようどうごど)・方便有余土(ほうべんうよど)・実報無障礙土(じつぽうむしようげど)ともに四土(しど)とされています。常寂光土はお釈迦様が住し、煩悩もなく、絶対の智慧の光に満ち、悟りである究極的真理を具現かした世界とされています。

●京都で人気の紅葉名所・見ごろを紹介しています。由緒なども確認できます。(下記リンク参照)
京都紅葉名所・見ごろ(嵐山・三千院・天龍寺・・・)

【常寂光寺 歴史・簡単概要】
常寂光寺は平安時代に小倉百人一首の撰者・藤原定家の小倉山荘・時雨亭があった場所とも言われています。時雨亭は常寂光寺の仁王門北側から二尊院の南側にあったとも言われています。常寂光寺は慶長年間(1596年~1614年)に日蓮宗大本山本圀寺16世・日禎上人が隠棲の地として開創したのが起源と言われています。嵯峨の土倉業・角倉了以と角倉栄可が小倉山の麓の土地を寄進し、慶長年間に小早川秀秋の助力よって伏見城・客殿が移されて本堂が建立され、1616年(元和2年)に貞和年間(1345年~1349年)に建立された本圀寺・客殿の南門が移されて仁王門が建立されました。仁王像は仏師・運慶作とも言われ、目と足腰の病気にご利益があるとされ、病気平癒祈願にわらじが奉納されています。
*参考・・・常寂光寺(アクセス・マップ・歴史・見どころ・・・)ホームページ

【常寂光寺紅葉見ごろ 備考】
京都紅葉名所・常寂光寺(アクセス・見どころ・歴史概要・・・)情報
★京都の紅葉名所では紅葉の見ごろに合わせ、ライトアップを行なっているところがあります。(下記リンク参照)
京都紅葉ライトアップ2024(清水寺・永観堂・東寺・・・)

関連記事

言語選択(Language Selection)

スポンサーリンク(Sponsor Link)

京都観光おすすめ

  1. 円山公園(Maruyama Park)

    京都4月のイベント・行事(桜ライトアップ・・・)

  2. 葵祭(Aoi Matsuri Festival)

    京都5月のイベント・行事(葵祭・流鏑馬神事・・・)

スポンサーリンク(Sponsor Link)

ページ上部へ戻る