哲学の道紅葉見ごろ(11月中旬頃)・紅葉名所

哲学の道紅葉

哲学の道紅葉見ごろ(紅葉見頃)

哲学の道紅葉見ごろ(時期・ライトアップ・・・)情報を紹介しています。哲学の道は琵琶湖疏水分線(びわこそすいぶんせん)沿いの約1.8キロにイロハモミジ・桜などが植えられ、「日本の道100選」に選ばれた散策路を散策しながら紅葉を楽しむことができます。ちなみに哲学の道沿いには紅葉の名所とされる永観堂・霊鑑寺・安楽寺・法然院・銀閣寺などがあります。(詳細下記参照)

【哲学の道紅葉見ごろ時期・見ごろ予想】
哲学の道の紅葉見ごろは例年11月中旬頃です。ただ紅葉の見ごろはその年の気候などによって多少前後することがあります。なお2019年10月24日、ウェザーニュースは近畿の紅葉の見ごろを山がやや遅め、平野部が平年並と予想しました。京都の紅葉見ごろは嵐山が11月23日頃、大原三千院が11月15日頃、比叡山延暦寺が11月9日頃になるそうです。
京都紅葉見ごろ2019京都紅葉ライトアップ2019京都紅葉見ごろ・イベント京都紅葉名所・見ごろ

【哲学の道紅葉・哲学の道 アクセス・マップ地図】
場所・・・京都府京都市左京区・
最寄りバス停・・・銀閣寺前(徒歩約2分)、銀閣寺道(徒歩約5分)

アクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*京都駅から哲学の道は5系統(A1乗り場)道、17系統(A2乗り場)道、100系統(D1乗り場)前・道
*四条河原町からは5系統道、17系統道、32系統前、203系統道
*四条烏丸からは5系統道、32系統前・道、203系統道
*河原町丸太町からは17系統道、204系統道
京都市バス・アクセスダイヤ京都バス・鉄道乗換案内システム「歩くまち京都」

*京阪電鉄鴨東線の場合、最寄り駅は出町柳駅(徒歩約30分)
哲学の道アクセス(バス・地下鉄・私鉄・・・)

スポンサーリンク


【哲学の道紅葉見ごろ時期・見どころ】
哲学の道は紅葉の名所です。哲学の道の紅葉見ごろは例年11月中旬頃です。哲学の道は琵琶湖疏水分線(びわこそすいぶんせん)沿いの約1.8キロにイロハモミジ・桜などが植えられ、「日本の道100選」に選ばれた散策路を散策しながら紅葉を楽しむことができます。ちなみに哲学の道沿いには紅葉の名所とされる永観堂・霊鑑寺・安楽寺・法然院・銀閣寺などがあり、寄り道するのもいいかもしれません。
永観堂は853年(仁寿3年)に真紹僧都が真言宗密教の実践道場の創建を志し、藤原関雄から寄進されとも、買い取ったとも言われる東山山荘に五智如来を安置したのが起源と言われています。
霊鑑寺は1654年(承応3年)に後水尾天皇が皇女・多利宮を開基として創建されました。
安楽寺は浄土宗の開祖・法然上人が建永の法難により、死罪になった弟子である安楽・住蓮の菩堤を弔う為に草庵を復興するように命じ、「住蓮山安楽寺」と名付けたのが起源です。
法然院は浄土宗の開祖・法然上人が弟子の安楽・住蓮とともに念仏三昧の別行を修し、六時礼讃を唱えた鹿ヶ谷草庵が起源です。
銀閣寺は1473年(文明5年)室町幕府8代将軍・足利義政が長子・義尚に将軍職を譲り、浄土寺跡に東山山荘・東山殿の造営したのが起源です。
紅葉狩りは平安時代に貴族から盛んになり、邸宅にモミジを植えたり、紅葉の名所に出掛けたりしたそうです。紅葉狩りでは紅葉した枝を折って、手のひらにのせて愛でることもあったそうです。その後室町時代に徐々に庶民にも広がり、江戸時代中期には庶民の行楽として人気になったと言われています。ちなみに奈良時代末期に成立したと言われている日本最古の和歌集「万葉集」にはモミジを詠んだ和歌が残されています。

【哲学の道 歴史・簡単概要】
哲学の道(てつがくのみち)は琵琶湖疏水分線(びわこそすいぶんせん)沿いの北側・銀閣寺道交差点付近の浄土寺橋(じょうどばし)から南側・若王子神社付近の若王子橋(にゃくおうじばし)までの約1.8キロの小道です。琵琶湖疏水は京都府知事・北垣国道(きたがきくにみち)が京都近代化政策の一環として計画し、1890年(明治23年)に琵琶湖疏水分線が完成し、その管理用道路が哲学の道の起源です。明治時代に哲学の道周辺には文人が多く住んでいたことから「文人の道」とも言われるようになり、その後哲学者・西田幾多郎(にしだきたろう)や田辺元(たなべはじめ)らが散策するようになってからは「哲学の小径」・「散策の道」・「思索の道」・「疏水の小径」などとも言われるようになりました。1921年(大正10年)に日本画家・橋本関雪(はしもとかんせつ)と妻・よねが300本の染井吉野の苗木を寄贈し、浄土寺橋付近から洗心橋(せんしんばし)付近に植樹されたそうです。1972年(昭和47年)から琵琶湖疏水分線の保存運動が始まり、「哲学の道」と言われるようになり、1972年(昭和47年)には砂利道の散策路として整備されました。なお哲学の道は京都市内で唯一「日本の道100選」に選ばれています。
*参考・・・哲学の道(アクセス・歴史・見どころ・・・)ホームページ哲学の道(アクセス・歴史・見どころ・・・)wikipedia

【哲学の道紅葉見ごろ時期 備考】
*イベントの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者に確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。イベントの内容などが変更になっている場合もあります。
哲学の道(アクセス・見どころ・・・)情報

関連記事

京都観光おすすめ

  1. 錦市場
  2. 竹林の道
  3. 嵐山
ページ上部へ戻る