千本釈迦堂節分会2019/2/3

千本釈迦堂

千本釈迦堂節分会は京都の初春の風物詩です。節分会は毎年節分(立春の前日)に行われています。節分会では法要前に奉納行事(番匠保存会による木遣音頭や花街・上七軒の舞妓による舞踊)が行われ、その後おかめ像前法要・節分厄除祈願法要・古式鬼追いの儀(狂言・茂山千五郎社中)・招福豆まきなどが行われます。(順番要確認)(詳細下記参照)

【千本釈迦堂節分会2019 日程時間(要確認)】
千本釈迦堂節分会2019は2019年(平成31年)2月3日(日曜日)15:00から行われます。
京都節分祭・節分会2019

【千本釈迦堂節分会 アクセス・マップ地図】
場所・・・京都府京都市上京区今出川通七本松上ル溝前町
最寄り駅・バス停・・・上七軒(徒歩約7分)

市バスのアクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*京都駅から千本釈迦堂は50系統(B2乗り場)
*四条河原町からは51系統、203系統
*四条烏丸からは51系統、203系統
*河原町丸太町からは10系統
京都市バス・アクセスダイヤ京都バス・鉄道乗換案内システム「歩くまち京都」

スポンサーリンク


【千本釈迦堂節分会 歴史・簡単概要】
千本釈迦堂節分会(せつぶんえ)・おかめ福節分会は大工の棟梁・長井高次の妻・おかめに由来するおかめ塚とともに800年近い歴史を持つ行事です。
節分会ではおかめの貞淑・福徳円満・縁結び・お多福招来を祈願し、一年の厄除けを行います。節分会では法要前に奉納行事(番匠保存会による木遣音頭や花街・上七軒の舞妓による舞踊)が行われ、その後おかめ像前法要・節分厄除祈願法要・古式鬼追いの儀(狂言・茂山千五郎社中)・招福豆まきなどが行われます。(順番要確認)
おかめには次のような謂れが残されています。大工の棟梁・長井高次が本堂の建立中に代りのない四天王の柱の1本の寸法を切り誤って困っていました。すると妻・おかめ(阿亀)が斗組(ますぐみ)を用いたらとアドバイスして無事に完成したが、おかめは女のアドバイスで大任を果たしたことが知れては夫の面目が潰れと思って、上棟式を待たずに自害しました。高次はおかめの冥福を祈っておかめ塚(宝篋印塔)を建て、おかめの名にちなんだ福面を付けた扇御幣を飾ったそうです。
古式鬼追いの儀ではおかめの福徳により、赤鬼・青鬼を改心させます。
節分(せつぶん・せちぶん)は元々は季節が変わる節目で、立春・立夏・立秋・立冬の前日を差していたが、江戸時代以降は立春の前日だけを指す場合が多くなりました。節分には邪気悪霊(鬼)が外から入ってくるのを防ぐ為、「鬼は外・福は内」と言いながら福豆を撒き、年の数だけ福豆を食べて厄除けをします。豆撒きは平安時代中期の第59代・宇多天皇(867年~931年)の時代に鞍馬山の鬼が都を荒らしたことから毘沙門天のお告げにより、鬼の穴を祈祷で封じ、鬼の目を炒り豆で打ちつぶしたということに由来しているそうです。なお豆などの穀物には魔除けの呪力や生命力を持つという穀霊が宿っているとも言われています。ちなみに豆は鬼の目を表す「魔目(まめ)」から鬼を滅する「魔滅」を意味するようになったそうです。
鬼は目に見えない邪気を表す陰(おん)に由来するとも、姿が見えずに怖いものを表す隠(おぬ)に由来するとも言われています。その為人智を超え、人に危害を与える災害・疾病・飢饉などは鬼の仕業と考えられました。

【千本釈迦堂 歴史・簡単概要】
千本釈迦堂(せんぼんしゃかどう)・大報恩寺(だいほうおんじ)は1221年(承久3年)に奥州藤原氏第3代当主・藤原秀衡(ふじわらひでひら)の孫で、比叡山で修行した求法上人(ぐほうしょうにん)・義空(ぎくう)が公卿・藤原光隆(ふじわらのみつたか)の従者・岸高(がんこう)の寄進によって創建したと言われています。千本釈迦堂は第87代・四条天皇から倶舎(くしゃ)・天台・真言の三宗兼学を許され、1227年(安貞元年)には現在の本堂(国宝)が建立されました。本堂の建立では大工の棟梁・高次と自害した妻・おかめの伝説が残されています。その後1391年(明徳2年)の明徳の乱や応仁の乱(1467年(応仁元年)~1477年(文明9年))の兵火、そして火災などに見舞われたが、本堂だけは焼失を免れ、京洛最古の建造物として国宝に指定されました。江戸時代初期に京都所司代・板倉勝重(いたくらかつしげ)によって真言宗に改められ、智積院(ちしゃくいん)・正玄寿の隠居所になったと言われています。
千本釈迦堂は真言宗智山派の寺院です。
*参考・・・千本釈迦堂(アクセス・歴史・・・)ホームページ千本釈迦堂(アクセス・歴史・・・)wikipedia

【千本釈迦堂節分会 備考】
*イベントの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者に確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。イベントの内容などが変更になっている場合もあります。
千本釈迦堂(アクセス・見どころ・・・)情報
千本釈迦堂見どころ

関連記事

京都観光 イベント・行事

  1. 流鏑馬神事

    ゴールデンウィークイベント2019

    京都ゴールデンウィークイベント2019では2019年4月27日~5月6日に京都市内などで行われている…
  2. 紅しだれコンサート

    2019年4月のイベント

    京都市内などで2019年4月に行われる主なイベント・行事です。イベント・行事を見たり、参加したりする…
  3. 葵祭

    葵祭2019日程

    葵祭2019日程(葵祭り)を紹介しています。葵祭日程では前儀が5月1日から始まります。葵祭2019で…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 松尾祭神幸祭
    松尾大社松尾祭2019は京都の春の風物詩です。松尾祭は神幸祭が毎年4月20日以降の日曜日、還幸祭が毎…
  2. 稲荷祭氏子祭
    伏見稲荷大社稲荷祭2019は京都の春の風物詩です。稲荷祭は神幸祭が毎年4月20日前後の日曜日、還幸祭…
  3. 壬生狂言
    壬生寺壬生狂言2019(壬生大念仏狂言)は京都の春の風物詩です。壬生狂言は毎年4月29日から5月5日…
  4. 曲水の宴
    城南宮曲水の宴(春)2019は京都の春の風物詩です。曲水の宴(春)は毎年4月29日に行われています。…
  5. 岡崎疏水十石舟めぐり
    岡崎疏水十石舟めぐり2018は京都の春の風物詩です。十石舟めぐりは毎年春に行われています。十石舟めぐ…

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 竹林の道
    竹林の道アクセスでは渡月橋から北に伸び、天龍寺前を通る府道29号線を天龍寺方面から北側の清凉寺(嵯峨…
  2. 嵐山
    嵐山アクセスでは京都駅からJR嵯峨野線(JR山陰本線)を利用して嵯峨嵐山駅で降りるのが一般的です。ち…
ページ上部へ戻る