向日神社節分祭2021/2/(日程・・・)

向日神社節分祭

向日神社節分祭(日程・時間・・・)を紹介しています。節分祭は毎年節分(立春の前日)に行われています。節分祭では普段閉じられている三間社流造(さんげんしゃながれづくり)の本殿(重要文化財)の扉が開けられて神事が行われ、1年の幸福を祈り、災いを除きます。なお節分祭では福豆が授与されます。(要確認)(詳細下記参照)

【向日神社節分祭2021 日程時間(要確認)】
●2021年(令和3年)は立春が2月3日、節分が2月2日になる予定です。行事日程は2020年秋頃から確定します。(現在確認中・要注意)
向日神社節分祭2020は2020年(令和2年)2月3日(月曜日)に行われます。
京都節分・豆まき2021

【向日神社節分祭 アクセス・マップ地図】
場所・・・京都府向日市向日町北山65
最寄り駅・バス停・・・西向日駅(徒歩約4分)、東向日駅(徒歩約8分)

アクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*阪急電鉄京都本線

*JR東海道本線の場合、向日町駅(徒歩約10分)

スポンサーリンク

【向日神社節分祭 歴史・簡単概要】
向日神社節分祭(せつぶんさい)は毎年節分(立春の前日)に行われています。節分祭では普段閉じられている本殿(重要文化財)の扉が開けられて神事が行われ、1年の幸福を祈り、災いを除きます。ちなみに本殿は室町時代前期の1418年(応永25年)に事始めが行われ、1422年(応永29年)に建立された三間社流造(さんげんしゃながれづくり)の檜皮葺(ひわだぶき)です。なお節分祭では福豆が授与されます。(要確認)
節分(せつぶん・せちぶん)は元々は季節が変わる節目で、立春・立夏・立秋・立冬の前日を差していたが、江戸時代以降は立春の前日だけを指す場合が多くなりました。節分には邪気悪霊(鬼)が外から入ってくるのを防ぐ為、「鬼は外・福は内」と言いながら福豆を撒き、年の数だけ福豆を食べて厄除けをします。豆撒きは平安時代中期の第59代・宇多天皇(867年~931年)の時代に鞍馬山の鬼が都を荒らしたことから毘沙門天のお告げにより、鬼の穴を祈祷で封じ、鬼の目を炒り豆で打ちつぶしたということに由来しているそうです。なお豆などの穀物には魔除けの呪力や生命力を持つという穀霊が宿っているとも言われています。ちなみに豆は鬼の目を表す「魔目(まめ)」から鬼を滅する「魔滅」を意味するようになったそうです。
福豆は一般の家庭では豆まきをする夜まで枡や三方に入れ、神棚に供えます。豆まきは一家の主人の役目とされているが、年男・年女・厄年の者が行う場合もあります。なお豆まきは鬼が真夜中にやって来るとされていることから夜に行うのがよいとされています。
本殿は1422年(応永29年)に建立され、江戸時代後期の天保年間(1831年~1845年)に大改修されました。本殿は正面三間の中央間を戸口とし、両開きの板唐戸が設けられ、両脇間に連子窓があります。なお本殿は1902年(明治35年)に旧国宝に指定され、1950年(昭和25年)に重要文化財に指定されました。

【向日神社 歴史・簡単概要】
向日神社(むこうじんじゃ)・明神(みょうじん)さんは起源が明確ではありません。向日神社の上ノ社・向神社は大歳神(おおとしのかみ)の子・御歳神(みとしのかみ)が山に登られた際、向日山と称して鎮座し、田作りを奨励したのが始まりとも言われています。向日神社の下ノ社・火雷神社は初代・神武天皇が奈良橿原(かしはら)から京都山城(やましろ)に移った際、神々の土地の故事により、向日山の麓に社を建て、火雷大神(ほのいかづちのおおかみ)を祀ったのが始まりとも言われています。その後奈良時代の718年(養老2年)に社殿を改築し、火雷大神の妃神・玉依姫命(たまよりひめのみこと)と神武天皇も祀り、「延喜式神名帳(927年(延長5年))」にも記されました。鎌倉時代の1275年(建治元年)に下ノ社・火雷神社が荒廃したことから上ノ社・向神社に統合しました。室町時代前期の1422年(応永29年)に現在の三間社流造(さんげんしゃながれづくり)の本殿(重要文化財)が造営されました。なお向日神社向日神(むかひのかみ・御歳神)・火雷神(ほのいかづちのかみ・火雷大神)・玉依姫命・神武天皇を祀っています。また向日神社には勝山稲荷社・天満宮社・増井神社・五社・春日社・御霊社などの摂末社もあります。
*参考・・・向日神社(アクセス・歴史・見どころ・・・)向日神社(アクセス・歴史・見どころ・・・)wikipedia

【向日神社節分祭 備考】
*イベントの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者に確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。イベントの内容などが変更になっている場合もあります。
向日神社(アクセス・見どころ・・・)情報

関連記事

ページ上部へ戻る