平野神社桜見ごろ2023(4月上旬頃)ライトアップ

平野神社見どころ

平野神社桜見ごろ(見頃)

平野神社桜見ごろ(時期・ライトアップ・桜まつり・・・)情報を紹介しています。桜見ごろは例年4月上旬頃です。早咲きから遅咲きまでが植えられ、長期間楽しむことができます。平野神社では魁・染井吉野など約50種・約400本の桜の木が植えられ、桜が競い合って咲き誇る姿が素晴らしと言われています。例年桜見ごろに桜苑・境内がライトアップされます。(要確認)(詳細下記参照)

【平野神社桜見ごろ(例年)・2023年開花満開予測】
平野神社の桜見ごろは例年4月上旬頃です。ただ桜の開花状況や見ごろ(満開)はその年の気候などによって多少前後することがあります。なお京都の桜開花・満開・見ごろ情報は2023年1月下旬頃から情報発信します。
京都桜見ごろ2023
●平野神社twitterで桜の開花・満開をリアルタイムチェック。
平野神社twitter(ツイッター)

【平野神社桜見ごろ アクセス・マップ】
場所・・・京都府京都市北区平野宮本町1
最寄りバス停・・・衣笠校前(徒歩すぐ)

アクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*京都駅から平野神社は50系統(B2乗り場)、205系統(B3乗り場)
*四条河原町15系統、51系統、205系統
*四条烏丸からは55系統
*河原町丸太町からは204系統、205系統
路線・時刻表・運賃チェック

*嵐電(京福電鉄)北野線の場合、最寄り駅は北野白梅町駅(徒歩約7分)
*JR山陰本線の場合、最寄り駅は円町駅(徒歩約20分)

スポンサーリンク

【平野神社桜見ごろ(例年)・見どころ解説】
平野神社は古くから京都を代表する桜の名所です。平野神社は江戸時代に趣のあるぼんぼりの灯りが人々を惹きつけ、「平野の夜桜」とも謳われました。平野神社の桜見ごろは例年4月上旬頃です。ただ平野神社は桜の種類が多く、早咲きの桜から遅咲きの桜までが植えられ、約1か月半に渡って桜を楽しむことができます。
平野神社では魁(サキガケ)・平野寝覚(ヒラノネザメ)・胡蝶(コチョウ)・嵐山(アラシヤマ)・虎の尾(トラノオ)・平野妹背(ヒラノイモセ)・御衣黄(ギョイコウ)・松月(ショウゲツ)・手弱女(タオヤメ)・平野突羽根(ヒラノツクバネ)・平野撫子(ヒラノナデシコ)・円山公園枝垂れ桜(マルヤマコウエンシダレザクラ)原木・御車遷(ミクルマガエシ)・八重紅枝垂(ヤエベニシダレ)・枝垂桜(シダレサクラ)・十月桜(ジュウガツサクラ)・鬱金(ウコン)・白雪(シラユキ)・有明(アリアケ)・上匂(ジョウニオイ)・太白(タイハク)・一葉(イチヨウ)・白妙(シロタエ)・高砂(タカサゴ)・普賢象(フゲンゾウ)・関山(カンザン)・八重彼岸(ヤエヒガン)・松前(マツマエ)・染井吉野(ソメイヨシノ)・河津桜(カワヅザクラ)・陽光(ヨウコウ)・小彼岸桜(コヒガンザクラ)・彼岸枝垂(ヒガンシダレ)・白雲(シラクモ)・御所桜(ゴショザクラ)・朱雀(スザク)・桃桜(モモザクラ)・瓢箪桜(ヒョウタンザクラ)・アーモンド・みどり桜(ミドリザクラ)・柴山(シバヤマ)・白雪(シラユキ)・大内山(オオウチヤマ)・衣笠(キヌガサ)・平野夕日(ヒラノユウヒ)・雅(ミヤビ)・山桜(ヤマザクラ)・麒麟(キリン)・楊貴妃(ヨウキヒ)・庭桜(ニワザクラ)・佐藤錦(サトウニシキ)・手毬(テマリ)・旭日(キョクジツ)・おけさ・早晩山(イツカヤマ)・千里香(センリコウ)・大手毬(オオテマリ)・大島桜(オオシマザクラ)・旗桜(ハタザクラ)・松前(マツマエ)・須磨浦普賢(スマウラフゲンゾウ)・突葉根(ツクバネ)など約50種・約400本が植えられ、多品種の桜が競い合って咲き誇る姿が素晴らしと言われています。平野神社では例年4月10日に桜花祭(おうかさい)が催され、神幸祭(しんこうさい)では鳳輦(ほうれん)・天平の織り姫などの時代行列が氏子地域を巡行します。(要確認)また桜見ごろにぼんぼりや灯篭などの明かりが灯されて桜苑・境内がライトアップされたり、更に桜コンサートも行われます。(要確認)なお平野神社では少し前から桜苑が拝観料有料になり、2022年(令和4年)から桜茶屋(屋台)が廃止になりました。
平野神社桜ライトアップ
●平野神社の桜苑の桜は985年(寛和元年)に第65代・花山天皇が桜を手植えしたことが起源と言われています。魁・平野寝覚・平野撫子・平野妹背・手弱女・突葉根などは平野神社固有の種とも言われています。なお平野神社は臣籍降下した氏族の氏神であったことから蘇り・繁栄を願って各家伝来の桜を奉納したと伝えられています。
平野神社見どころ
●桜花祭は平安時代中期の985年(寛和元年)4月10日に第65代・花山天皇が行幸した際、皇胤繁栄を祈願した平野臨時祭(勅祭)に由来する行事です。臨時祭では神事舞・東遊や競馬などが行われたとも言われています。
平野神社桜花祭
●桜コンサートは2000年(平成12年)頃から平野神社が主催、平野神社桜保存会が共催して行われています。桜コンサートでは伝統的な音楽やクラシック音楽などが披露されます。
平野神社桜コンサート

●京都で人気の桜名所・見ごろを紹介しています。由緒なども確認できます。(下記リンク参照)
京都桜名所・見ごろ

【平野神社 歴史・簡単概要】
平野神社(ひらのじんじゃ)は勅撰史書「続日本紀(しょくにほんぎ)・平安時代初期編纂」に「田村後宮の今木大神に従四位(じゅしい)を授ける」と記され、奈良時代後期の782年(延暦元年)には平城宮の宮中(第49代・光仁天皇(こうにんてんのう)の御所)に祀られていました。その後794年(延暦13年)の第50代・桓武天皇(かんむてんのう)による平安京遷都とともに平城京の田村後宮(たむらこうきゅう)に祀られていた三神(今木神(いまきのかみ)・久度神(くどのかみ)・古開神(ふるあきのかみ))が移されたのが起源と言われています。981年(天元4年)に第64代・円融天皇(えんゆうてんのう)が行幸し、その後皇太子守護の神社として、祭礼・平野祭では皇太子が自ら奉幣を行いました。その後応仁の乱(おうにんのらん)や1536年(天文5年)の天文法華(てんぶんほっけのらん)の乱によって焼失し、江戸時代前期の慶安年間(1648年~1652年)に公家・西洞院時慶(にしのとういんときよし)が第107代・後陽成天皇(ごようぜいてんのう)の勅許によって修造し、1650年(慶安3年)に第108代・後水尾天皇(ごみずのおてんのう)の中宮・東福門院(とうふくもんいん・徳川和子(とくがわまさこ))が拝殿などを再建しました。
*参考・・・京都・平野神社(アクセス・マップ・歴史・見どころ・・・)ホームページ

【平野神社桜見ごろ 備考】
*イベントの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者に確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。イベントの内容などが変更になっている場合もあります。
桜名所・平野神社(アクセス・見どころ・歴史概要・・・)情報
*京都の桜名所では桜の見ごろに合わせ、ライトアップを行なっているところがあります。(下記リンク参照)
京都桜ライトアップ2023

関連記事

京都観光おすすめ

  1. 錦市場
  2. 竹林の道
  3. 嵐山
ページ上部へ戻る