大御堂観音寺紅葉見ごろ2022(時期:11月中旬~11月下旬頃)

大御堂観音寺紅葉見ごろ

大御堂観音寺紅葉見ごろ(時期・ライトアップ・・・)情報を紹介しています。大御堂観音寺の紅葉見ごろは例年11月中旬頃から下旬頃です。大御堂観音寺はイロハモミジ・ノムラモミジ・サクラなどが分布し、紅葉と本堂・庫裡・鐘楼・参道・池などの光景が美しいと言われています。紅葉見ごろにライトアップが行われています。(要確認)(詳細下記参照)

【大御堂観音寺紅葉見ごろ(例年時期)・2022年予測】
大御堂観音寺の紅葉見ごろは例年11月中旬頃から11月下旬頃です。ただ紅葉の時期や見ごろはその年の気候などによって多少前後することがあります。なお2022年9月15日、ウェザーニュースは紅葉見ごろが平野部で平年並みと発表しました。延暦寺は11月9日頃、嵐山は11月20日頃です。
京都紅葉見ごろ2022(清水寺・東福寺・永観堂・・・)

【大御堂観音寺紅葉見ごろ アクセス・マップ】
場所・・・京都府京田辺市普賢寺下大門13
最寄り駅・バス停・・・普賢寺(徒歩約3分)

アクセスは次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*JR学研都市線・JR三山木駅または近鉄京都線・三山木駅から奈良交通バス

スポンサーリンク

【大御堂観音寺紅葉見ごろ(例年時期)・見どころ解説】
大御堂観音寺は紅葉の名所です。大御堂観音寺の紅葉見ごろは例年11月中旬頃から11月下旬頃です。ちなみに標高は約60メートルです。
大御堂観音寺では境内にイロハモミジ・ノムラモミジ・サクラなどが分布し、紅葉と本堂・庫裡・鐘楼・鎮守(ちんじゅ)の地祇神社(ちぎじんじゃ)・参道・池などの光景が美しいと言われています。大御堂観音寺では本堂や庭園などが周囲の里山と調和し、美しい光景が見られると言われています。
大御堂観音寺では紅葉見ごろにライトアップが行われています。(要確認)ライトアップ期間中にイベントが行われることもあります。
大御堂観音寺紅葉ライトアップ

●本堂は1953年(昭和28年)に再建されました。本堂は単層で、本瓦葺の入母屋造です。本堂は本尊・木心乾漆十一面観音立像(国宝)を安置しています。木心乾漆十一面観音立像は奈良時代中期に一木造の心木の上に木屎漆(こくそうるし)を盛り上げて造形する木心乾漆造の技法で造仏されたそうです。十一面観音立像は像高約172.7センチメートル・重さ約66.0キロです。

●京都で人気の紅葉名所・見ごろを紹介しています。由緒なども確認できます。(下記リンク参照)
京都紅葉名所・見ごろ(嵐山・三千院・天龍寺・・・)

【大御堂観音寺 歴史・簡単概要】
大御堂観音寺(普賢寺)は寺伝によると白鳳年間(7世紀後半)に法相宗の祖・義淵僧正が第40代・天武天皇の勅願によって創建したとも言われています。744年(天平16年)に東大寺初代別当・良弁僧正が第45代・聖武天皇の御願により、伽藍を増築して十一面観音立像を安置し、息長山普賢教法寺と号したと言われています。778年(宝亀9年)に五重塔が建立されて七堂伽藍を整え、法相宗・三論宗・華厳宗の三宗兼学の「筒城の大寺」とも言われていたが、794年(延暦13年)の火災以後に度々火災によって焼失し、1437年(永享9年)の火事によって諸堂13・僧坊20余りを焼失し、1565年(永禄8年)の焼失後に大御堂だけが再建されたと言われています。大御堂観音寺周辺には奈良時代末期から平安時代初期頃に造られた布目瓦が散在し、伽藍の礎石の一部も残されているそうです。1953年(昭和28年)に現在の本堂が再建されました。
*参考・・・大御堂観音寺(アクセス・歴史・・・)

【大御堂観音寺紅葉見ごろ 備考】
京都紅葉名所・大御堂観音寺(アクセス・見どころ・歴史概要・・・)情報
*京都の紅葉名所では紅葉の見ごろに合わせ、ライトアップを行なっているところがあります。(下記リンク参照)
京都紅葉ライトアップ2022(清水寺・永観堂・東寺・・・)

関連記事

京都観光おすすめ

  1. 錦市場
  2. 竹林の道
  3. 嵐山
ページ上部へ戻る