平安神宮-修学旅行・観光見どころのマトメ

平安神宮見どころ

平安神宮-修学旅行・観光見どころ

平安神宮の見どころを簡単にまとめてポイント解説します。見どころには小川治兵衛が作庭した神苑(名勝)・大極殿(重文)・応天門(重文)・大鳥居(登録有形文化財)などがあり、その概要・歴史・様式・豆知識を解説しています。なお修学旅行や観光で見る価値がある国宝・重要文化財・名勝・史跡などの文化財を中心に解説しています。

【重要な大極殿(重要文化財)・外拝殿の見どころ】

★概要:大極殿は前庭に左近の桜が植えられ、桜シーズンに美しい光景が見られます。大極殿は朝堂院(ちょうどういん)の正殿である大極殿を模し、大きさ約8分の5で建立されています。大極殿は外拝殿(げはいでん)で、応天門の北側、本殿の南側に建立されています。大極殿は屋根が碧瓦(へきがわら・緑釉瓦)で葺かれ、棟の両端に金色の鴟尾(しび)が置かれています。大極殿は前庭に御所・紫宸殿(ししんでん)と同じように左近の桜・右近の橘(たちばな)が植えられています。ちなみに前庭には勾欄(こうらん)がある龍尾檀(りゅうびだん)も設けられています。
★歴史:大極殿は1895年(明治28年)に建立されました。大極殿は東京帝国大学名誉教授・伊東忠太(いとうちゅうた)、宮内省技師・木子清敬(きこきよよし)、佐々木岩次郎(ささきいわじろう)が設計しました。
★様式:大極殿は屋根が入母屋造(いりもやづくり)の本瓦葺(ほんがわらぶき)です。大極殿は面積約403.96平方メートルで、正面約30メートルです。
★豆知識:1976年(昭和51年)1月6日に放火事件が発生し、本殿など9棟が焼失したが、大極殿は焼失を免れました。

スポンサーリンク(Sponsor Link)

【東歩廊(重要文化財)・西歩廊(重要文化財)の見どころ】

★概要:東歩廊・西歩廊は東歩廊が大極殿・蒼龍楼、西歩廊が大極殿・白虎楼に繋がっています。
★歴史:東歩廊・西歩廊は1895年(明治28年)に建立されました。
★様式:東歩廊・西歩廊は建築面積約201.76平方メートルです。東歩廊・西歩廊は屋根が切妻造(きりづまづくり)の本瓦葺です。

【美しい蒼龍楼(重要文化財)・白虎楼(重要文化財)の見どころ】

★概要:蒼龍楼・白虎楼は蒼龍楼が拝殿の東側、白虎楼が拝殿の西側に建立されています。
★歴史:蒼龍楼・白虎楼は1895年(明治28年)に建立されました。蒼龍楼・白虎楼は大極殿と同じく、伊東忠太、木子清敬、佐々木岩次郎が設計しました。
★様式:蒼龍楼・白虎楼は高さ約10メートルの二層(二階建て)の楼閣(ろうかく)で、二層目の中央と四隅に二階建ての楼閣が5つあります。蒼龍楼・白虎楼は建築面積約96.98平方メートルです。蒼龍楼・白虎楼は屋根が本瓦葺です。

【貴重な応天門(重要文化財)・神門の見どころ】

★概要:応天門は神門で、平安神宮の出入口になっています。応天門は大鳥居の北側に建立されている神門です。応天門は碧瓦(緑釉瓦)で葺かれ、緑青(ろくしょう)の連子窓(れんじまど)があります。
★歴史:応天門は1895年(明治28年)に建立されました。応天門は伊東忠太、木子清敬、佐々木岩次郎が朝堂院の応天門を模し、大きさ約8分の5で設計しました。
★様式:応天門は建築面積約132.20平方メートルです。応天門は二階二重門(にかいにじゅうもん)の楼門(ろうもん)で、屋根が本瓦葺です。

【注目の神苑(名勝)・小川治兵衛の見どころ】

★概要:神苑には四つの庭があり、趣が異なった光景が見られます。神苑には桜・花菖蒲・カエデなどの植物が植えられ、四季折々に美しい情景を楽しむことができます。神苑は社殿を取り囲むように東神苑・中神苑・西神苑・南神苑から構成された池泉回遊式庭園です。神苑は面積約1万坪(総面積3万3千平方メートル)あります。
★歴史:神苑は1895年(明治28年)から20年以上掛けて造園家・7代目小川治兵衛(おがわじへい)が作庭しました。なお神苑は内国博覧会の東方美術館跡に作庭されています。
★様式:東神苑は栖鳳池(せいほういけ)に泰平閣(たいへいかく)が架けられています。中神苑は蒼龍池(そうりゅういけ)に臥龍橋(がりゅうきょう)が架けらています。西神苑は白虎池(びゃっこいけ)畔に約200種・約2,000株の花菖蒲(はなしょうぶ)が分布しています。南神苑は仙台市長から寄贈された八重紅枝垂桜(やえべにしだれざくら)が植えられています。
★行事:神苑は例年花菖蒲が見頃を迎える6月上旬と南神苑に「平安の苑」が作庭された9月19日に無料公開されます。(要確認)

【京都御所移築の美しい泰平閣・圧巻の栖鳳池の見どころ】

★概要:泰平閣は東神苑にある栖鳳池に掛けられた橋殿です。泰平閣には西向きに鳳凰が取り付けられています。泰平閣は京都博覧会に使われたそうです。
★歴史:泰平閣は大正時代に京都御所から賜って平安神宮に移築されました。
★様式:泰平閣は屋根が檜皮葺です。

【本殿(桓武天皇・孝明天皇)・内拝殿の見どころ】

★概要:本殿・内拝殿(ないはいでん)は大極殿(外拝殿)の北側に建立されました。本殿は平安神宮の祭神として、東本殿に第50代・桓武天皇、西本殿に第121代・孝明天皇(こうめいてんのう)を祀っています。
★歴史:本殿・内拝殿は1976年(昭和51年)に放火によって焼失し、1979年(昭和54年)に再建されました。
★様式:本殿は七間社(しちけんしゃ)流造(ながれづくり)で、屋根が銅板葺(どうはんぶき)です。本殿は白木造(しらきづくり)です。

【珍しい大鳥居(登録有形文化財)の見どころ】

★概要:大鳥居は平安神宮のシンボルで、平安神宮を訪れる際のランドマークにもなっています。大鳥居は修学旅行や観光で見る価値があるスポットです。大鳥居は応天門の南側約300メートルに建立されています。大鳥居は高さ約24メートル・幅約18メートルです。
★歴史:大鳥居は1928年(昭和3年)の第124代・昭和天皇(しょうわてんのう)御大礼(ごたいれい)の記念事業として建立されました。
★様式:大鳥居は鉄筋コンクリート造(一部鉄骨造(てっこつづくり))です。大鳥居は柱の内部に階梯(かいてい)があり、笠木(かさぎ)まで昇ることができるそうです。

【神楽殿(登録有形文化財)・額殿(登録有形文化財)の見どころ】

★概要:神楽殿・額殿は対称の位置に建立され、廻廊(かいろう)に繋がっています。神楽殿は神楽(かぐら)を奉納したり、箏曲(そうきょく)を奏でたりする儀式殿です。額殿は四半敷(しはんじき)の総土間(どま)です。額殿は奉納された額や絵馬(えま)を掛けることから額堂(がくどう)・絵馬堂(えまどう)とも言われます。
★歴史:神楽殿・額殿は1940年(昭和15年)に建立されました。
★様式:神楽殿・額殿は規模・構造が同じです。神楽殿・額殿は建築面積約272平方メートルです。神楽殿・額殿は屋根が入母屋造の瓦葺です。

【心身を清める斎館(登録有形文化財)の見どころ】

★概要:斎館は東外廻廊の外側にあります。斎館では神職などが神事の前に心身を清めます。斎館には唐破風造(からはふづくり)の玄関があります。
★歴史:斎館は1940年(昭和15年)に建立されました。
★様式:斎館は建築面積約448平方メートルです。斎館は屋根が瓦葺(一部銅板葺)です。

●上記以外は下記リンクから確認することができます。
平安神宮見どころ(神門翼廊・東神庫など)

【平安神宮 備考(参考リンク・・・)】
*参考・・・平安神宮(見どころ・アクセス・・・)ホームページ

関連記事

京都観光おすすめ

  1. 錦市場(Nishiki Market)
  2. 竹林の道(Bamboo Forest Path)
  3. 嵐山
ページ上部へ戻る