宮道神社(アクセス・見どころ・歴史・・・)

宮道神社

宮道神社(アクセス・見どころ・歴史概要・・・)情報を紹介しています。(2014年末から未更新の場合あり)宮道神社ゆかりの宮道(みやじ)氏は饒速日命(にぎはやひのみこと)を祖とする物部守屋の後裔とも言われ、山城宇治郡を本拠とする古代豪族でした。宮道弥益(みやじのいやます)の孫・藤原胤子は宇多天皇の女御になり、醍醐天皇を生みました。

【宮道神社 アクセス・マップ地図】
場所・・・京都府京都市山科区勧修寺仁王堂町
最寄り駅・バス停・・・小野駅(徒歩約5分)

京阪バスのアクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*四条大宮・四条烏丸・四条河原町・三条京阪からは83系統、83A系統、84系統、86系統、86B系統、87A系統、87B系統、88B
京阪バス・アクセスダイヤ

*地下鉄東西線の場合、最寄り駅は小野駅(徒歩約6分)

【宮道神社 拝観時間・時間(要確認)】
自由

【宮道神社 拝観料金・料金(要確認)】2019年10月から改定の場合あり
無料

スポンサーリンク


【宮道神社 歴史・簡単概要】
宮道神社(みやじじんじゃ)は898年(昌泰元年)古代豪族・宮道氏が建立しました。その後隣接する勧修寺(かじゅうじ)ゆかりの宮道弥益(みやじいやます)・藤原胤子(ふじわらのいんし・ふじわらのたねこ)・藤原定方(ふじわらのさだかた)・藤原高藤(ふじわらのたかふじ)を合祀しました。1890年(明治23年)に現在の本殿が再建されました。なお勧修寺は900年(昌泰3年)醍醐天皇が生母・藤原胤子の為、胤子の同母兄弟である右大臣・藤原定方に命じ、胤子の祖父である宮道弥益の邸跡を寺に改めたのが起源です。

【宮道神社 見どころ・文化財(非公開の場合あり)】

【宮道神社 連絡先(現在確認中)】*電話は控えて下さい。迷惑になります。
電話番号・・・不明

【宮道神社 (アクセス・御朱印・駐車場・・・)備考】

【宮道神社 おすすめ散策ルート】
宮道神社からのおすすめ散策ルートは北にある勧修寺を経由し、西念寺に向かうルートです。15分ほど散策すれば、西念寺に行くことができ、京都観光・旅行を楽しむことができます。宮道神社の南には西向寺・八幡宮があり、それらを散策してから西念寺に向かうのもいいかもしれません。なお宮道神社周辺にはあまり観光スポットが多くない為、次の観光スポットに向かい、その周辺を散策した方がいいかもしれません。

関連記事

京都観光 イベント・行事

  1. 永観堂紅葉ライトアップ

    2019年11月のイベント(紅葉ライトアップ・火焚祭・・・・)

  2. 嵐山紅葉

    京都紅葉見ごろ2019(嵐山・東福寺・・・)

  3. 清水寺紅葉ライトアップ

    京都紅葉ライトアップ2019(清水寺・永観堂・・・)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. うるし祭
  2. 京都霊山護国神社
  3. 伴緒社祭
  4. 恵美須神社火焚祭
  5. 城南宮火焚祭

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 錦市場
  2. 竹林の道
  3. 嵐山
ページ上部へ戻る