酒屋神社(アクセス・見どころ・歴史概要・・・)

酒屋神社

酒屋神社(アクセス・見どころ・歴史概要・料金・・・)情報を紹介しています。酒屋神社は京田辺市駅ナカ案内所・馬坂川・防賀川・天井川址・近鉄興戸駅・酒屋神社・大御堂観音寺の順に巡る花見ウォーク(約2時間)のコースになっています。花見ウォークではウォーキングしながら桜と菜の花を楽しむことができます。

【酒屋神社 アクセス・マップ】
場所・・・京都府京田辺市興戸宮ノ前100
最寄り駅・バス停・・・興戸駅(徒歩約30分)

アクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*近鉄京都線

*JR学研都市線の場合、同志社前駅(徒歩約30分)
路線・時刻表・運賃チェック

【酒屋神社 拝観時間・時間(要確認)】
自由

【酒屋神社 拝観料金・料金(要確認)】
無料

スポンサーリンク

【酒屋神社 歴史・簡単概要】
酒屋神社(さかやじんじゃ)は京都府京田辺市興戸宮ノ前にあります。酒屋神社は起源が明確ではありません。酒屋神社は社伝によると神功皇后(じんぐうこうごう)が三韓征伐(さんかんせいばつ)の際、神社背後の山に酒壺を3個安置して出立し、帰国後にその霊験に感謝して創建したとも言われています。神功皇后は第14代・仲哀天皇(ちゅうあいてんのう)の皇后で、第15代・応神天皇(おうじんてんのう)の生母です。神功皇后は三韓征伐の際、お腹に月延石(つきのべいし)を当てて晒(さらし)を巻き、冷やすことによって出産を遅らせ、応神天皇を生んだとされています。神功皇后は仲哀天皇の死後の201年(神功元年)から269年(神功69年)まで摂政(せっしょう)になり、仲哀天皇の長男・次男であるかご坂皇子(かごさかのおうじ)・忍熊皇子(おしくまのおうじ)が叛乱を起こしたが、鎮圧して排除しました。また酒屋神社は河内国(大阪)で酒造りの職掌を担っていた中臣酒屋連が当地に酒造りの技術を伝え、祖神を祀ったのが起源とも言われています。酒屋神社は津速魂神・応神天皇を祀っています。また事比羅神社・市杵島神社(厳島宮)・火産霊神社・三神社・壷神社・豊受姫神社と伊邪那美神社の相殿・錦津姫神社と佐多彦名神社の相殿も祀っています。
*参考・・・酒屋神社(アクセス・マップ・歴史・見どころ・・・)

【酒屋神社 見どころ・文化財(非公開の場合あり)】
酒屋神社の見どころは本殿です。本殿は1876年(明治9年)に再建されました。本殿は一間社流造で、千鳥破風や軒唐破風が配されています。また神功皇后が朝鮮から持ち帰ったとも言われる九山八海の石も見どころです。

【酒屋神社 連絡先(現在確認中)】*電話は控えて下さい。迷惑になります。
電話番号・・・0774-68-2810(京田辺市観光協会)

【酒屋神社 備考(アクセス・御朱印・駐車場・・・)】
京都桜見ごろ2023(清水寺・哲学の道・原谷苑・・・)

【酒屋神社 おすすめ散策ルート】
酒屋神社からのおすすめ散策ルートは南側の防賀側沿いに向かうルートです。5分ほど散策すると防賀側沿いに行くことができ、京都観光・旅行を楽しむことができます。なお酒屋神社周辺には観光スポットがあまり多くない為、次の観光スポットに向かい、その周辺を散策した方がいいかもしれません。

関連記事

京都観光おすすめ

  1. 錦市場
  2. 竹林の道
  3. 嵐山
ページ上部へ戻る