天橋立ビューランド

天橋立

天橋立ビューランド(アクセス・見どころ・拝観料金・・・)情報を紹介しています。(2014年末から未更新の場合あり)天橋立ビューランドから眺めることができる天橋立は若狭湾西端に位置する宮津湾と内海(海跡湖)である阿蘇海(あそかい)を南北に隔てる砂州です。天橋立は砂嘴(さし)が全長約3.6キロメートル・幅約20~170メートルで、約8,000本の松が茂っています。

【天橋立ビューランド アクセス・マップ地図】
場所・・・京都府宮津市文珠437
最寄り駅・バス停・・・天橋立駅(徒歩約7分)

アクセス路線は次の通りです。
*京都丹後鉄道宮津線

【天橋立ビューランド 拝観時間・時間(要確認)】
9:00~17:00(2/21~7/20)
8:30~18:00(7/21~8/20)
9:00~17:00(8/21~10/20)
9:00~16:30(10/21~2/20)

【天橋立ビューランド 拝観料金・料金(要確認)】
入園料及びリフト・モノレール
個人
大人(中学生以上)850円、小人(小学生)450円

団体割引あり

スポンサーリンク


【天橋立ビューランド 歴史・簡単概要】
天橋立ビューランド(あまのはしだてびゅーらんど)は京都府宮津市にあり、天橋立(あまのはしだて)の南側・文珠山(もんじゅやま)に位置しています。天橋立ビューランドは天橋立を眺めることができる展望台のある遊園地です。天橋立ビューランドから天橋立は龍が天に登る姿に見えることから飛龍観と言われています。ちなみに天橋立は古くから奇勝・名勝として知られ、平安時代に和泉式部の娘で、女房三十六歌仙に数えられた小式部内侍(こしきぶのないし)が「大江山 いく野の道の 遠ければ まだふみもみず 天橋立」と百人一首に詠みました。天橋立は国の特別名勝で、宮城の松島・広島の宮島(厳島)とともに日本三景と言われています。なお天橋立ビューランドには展望台以外にも観覧車・ゴーカート・パターゴルフ・マッドハウス・サイクルカー・SL弁慶号・スカイヘリコプター・コインカー・遊々館・アーチェリー・ジェットコースターなどの施設もあります。
*参考・・・天橋立ビューランド(アクセス・歴史・・・)天橋立ビューランド(アクセス・歴史・・・)wikipedia

【天橋立ビューランド 見どころ・文化財(非公開の場合あり)】
天橋立ビューランドの見どころは飛龍観とも言われる天橋立の眺望です。天橋立ビューランドは天橋立やその周辺を眺めることができる観覧車・股のぞき台・飛龍観回廊・展望レストランなどもあり、それらから景色を楽しむのもいいかもしれません。

【天橋立ビューランド 連絡先】
電話番号・・・0772-22-5304

【天橋立ビューランド (アクセス・御朱印・駐車場・・・)備考】
天橋立(アクセス・見どころ・・・)

【天橋立ビューランド おすすめ散策ルート】
天橋立ビューランドからのおすすめ散策ルートは天橋立を南北に散策するルートです。天橋立は歩くと片道約50分で渡ることができ、京都観光・旅行を楽しむことができます。なお天橋立には天橋立ビューランド以外にも傘松公園・大内峠一字観公園・天橋立雪舟観展望休憩所などのビュースポットがあり、それらを散策するのもいいかもしれません。

関連記事

京都観光おすすめ

  1. 竹林の道
    竹林の道アクセスでは渡月橋から北に伸び、天龍寺前を通る府道29号線を天龍寺方面から北側の清凉寺(嵯峨…
  2. 嵐山
    嵐山アクセスでは京都駅からJR嵯峨野線(JR山陰本線)を利用して嵯峨嵐山駅で降りるのが一般的です。ち…
ページ上部へ戻る