伏見稲荷大社七不思議解説-謎を知れば修学旅行・観光充実

伏見稲荷大社見どころ(千本鳥居)

知恩院七不思議

知恩院七不思議を解説します。分かりやすく簡単にまとめています。七不思議には鴬張りの廊下・白木の棺・忘れ傘・抜け雀・三方正面真向の猫・大杓子・瓜生石などがあります。鴬張りの廊下は歩くと鶯の鳴き声のような音が出ます。(詳細下記参照)

【知恩院七不思議以外の情報】
知恩院見どころ(御影堂・三門など)

【知恩院の歴史・簡単概要】

知恩院(ちおんいん)は浄土宗の開祖・法然上人(ほうねんしょうにん)が東山・吉水(よしみず)に草庵を結んだのが起源です。当初吉水御坊・大谷禅坊などと称されていました。その後1227年(嘉禄3年)延暦寺の衆徒によって破壊されたが、1234年(文暦元年)法然の弟子・勢観房源智が再興し、四条天皇から寺号「華頂山知恩教院大谷寺」を賜りました。しかし火災や応仁の乱の兵火などによって焼失しました。1608年(慶長13年)徳川家康が諸堂を建立し、江戸幕府2代将軍・徳川秀忠、3代将軍・徳川家光が引き継ぎました。
知恩院歴史(法然上人・徳川家康)

【鴬張りの廊下の解説:知恩院】

  • 概要・・・鴬張りの廊下(うぐいすばりのろうか)は御影堂(国宝)・集会堂(重要文化財)・大方丈(重要文化財)・小方丈(重要文化財)に至る約550メートルの廊下です。廊下は歩くと鶯の鳴き声のような音が出ます。鶯の鳴き声である「ホーケキョ」が「(仏様の)法聞けよ」とも聞こえると言われています。
  • 豆知識・・・鴬張りの廊下は静かに歩こうとすれば、するほど音が出ることから曲者の侵入を知る「忍び返しの廊下」とも言われています。
  • 歴史・・・鴬張りの廊下で結ばれた御影堂は江戸時代前期の1639年(寛永16年)に江戸幕府3代将軍・徳川家光(とくがわいえみつ)の寄進によって再建されました。集会堂は1635年(寛永12年)に再建されました。大方丈は1641年(寛永18年)に建立されました。小方丈は1641年(寛永18年)に建立されました。
スポンサーリンク

【白木の棺の解説:知恩院】

  • 概要・・・白木の棺二つは三門(国宝)の楼上に安置され、棺の中には三門の建立の命を受けた普請奉行・五味金右衛門(ごみきんえもん)夫婦の自作の木像が納められています。五味金右衛門は三門の造営に成功したが、工事の予算が超過した為、その責任をとって夫妻で自刃したと言われています。なお三門は江戸時代前期の1621年(元和7年)に江戸幕府2代将軍・徳川秀忠(とくがわひでただ)の寄進によって建立されました。
  • 豆知識・・・白木の棺が安置されている三門は三門(山門)の中で日本最大で、南禅寺(なんぜんじ)の山門・東本願寺(ひがしほんがんじ)の御影堂門とともに京都三大門とも言われています。また日本三大門のひとつにとも言われています。

【忘れ傘の解説:知恩院】

  • 概要・・・忘れ傘は御影堂正面の軒裏にあり、骨だけになっています。忘れ傘は左甚五郎(ひだりじんごろう)が魔除けの為に置いたとも、白狐が御影堂を建立される際に棲居がなくことから知恩院32世・雄誉霊巌上人に新しい棲居を造って欲しいと依頼し、新しい棲居が出来たお礼に傘を置いて知恩院を守ることを約束したとも言われています。
  • 豆知識・・・忘れ傘の由来のひとつである白狐は祭神として、濡髪大明神(ぬれがみだいみょうじん)に祀られています。なお濡髪大明神は1633年(寛永10年)に江戸幕府3代将軍・德川家光(とくがわいえみつ)が焼失した知恩院を再興した際に造営されたと言われています

【抜け雀の解説:知恩院】

  • 概要・・・抜け雀は大方丈の菊の間の襖絵のことです。襖にはかつて紅白の菊の上に数羽の雀が描かれていたが、雀があまり上手に描かれていた為、生命を持って飛び去ったとも言われています。
  • 豆知識・・・抜け雀などの菊の間の襖絵は絵師・狩野信政(かのうのぶまさ)が描きました。

【三方正面真向の猫の解説:知恩院】

  • 概要・・・三方正面真向の猫は大方丈の廊下にある杉戸に描かれ、子猫を守っている親猫はどこから見ても正面から睨んでいるように見えます。親猫が子猫を愛む姿はいつどこでも見守っている仏様の慈悲を表しているとも言われています。
  • 豆知識・・・三方正面真向の猫は絵師・狩野信政が描きました。

【大杓子の解説:知恩院】

  • 概要・・・大杓子(しゃくし)は大方丈の入口の廊下の梁に置かれ、長さが約2.5メートル・重さが約30キロもある珍しいものです。大坂夏の陣の際、三好清海入道が大杓子を持って暴れ回ったとも、兵士の御飯をすくい振る舞ったとも言われています。
  • 豆知識・・・大杓子は「すくい」が「救い」に通じ、阿弥陀(あみだ)様の慈悲の深さを表しているとも言われています。

【瓜生石の解説:知恩院】

  • 概要・・・瓜生石(うりゅうせき)は黒門の登り口に向かう路上にあり、周囲には石柵を巡らされています。瓜生石は誰も植えた覚えがないのに瓜が花を咲かせて青々と実ったとも、八坂神社の牛頭天王(ごずてんのう)が瓜生山に降臨し、その後瓜生石に来現して一夜の内に瓜が実ったとも言われています。また瓜生石を掘ると二条城までつづく抜け道があるとも、隕石が落ちた場所とも言われています。
  • 豆知識・・・瓜生石は知恩院が建立される前からあったとも言われています。

【知恩院七不思議 備考】
*参考・・・京都・知恩院(アクセス・見どころ・・・)ホームページ

関連記事

京都観光おすすめ

  1. 錦市場
  2. 竹林の道
  3. 嵐山
ページ上部へ戻る