カテゴリー:五山送り火ハイライト

  • 左大文字

    五山送り火・左大文字

    五山送り火・左大文字(スポット・・・)情報を紹介しています。左大文字は8月16日20:15から点火されます。左大文字は1658年(万治元年)発刊の「洛陽名所集」と1665年(寛文5年)発刊の「扶桑京華志」から江戸時代中期頃に始まったと考えられています。なお左大文字がある左大文字山は大文字山・大北山とも言われています。
  • 鳥居形

    五山送り火・鳥居形

    五山送り火・鳥居形(スポット・・・)情報を紹介しています。鳥居形は8月16日20:20から点火されます。鳥居形には平安時代に弘法大師・空海が始めたという説、伏見稲荷大社のお灯明として焚かれたという説、鳥居本が愛宕神社の参道であり、愛宕神社と関係がある説があります。なお鳥居形がある曼陀羅山は仙翁寺山などと言われています。
  • 船形

    五山送り火・船形

    五山送り火・船形(スポット・・・)情報を紹介しています。船形は8月16日20:10から点火されます。船形は平安時代初期に慈覚大師・円仁が始めたとも言われています。ただ910年(延喜10年)に疫病が蔓延し、死者の初盆の供養に行われたという説などもあります。なお船形がある船山は万灯籠山・西賀茂山とも言われています。
  • 妙法

    五山送り火・妙法

    五山送り火・妙法(スポット・・・)情報を紹介しています。妙法は8月16日20:05から点火されます。妙法の「妙」は鎌倉時代末期に日像上人が始め、「法」は江戸時代初期に日良上人が始めたと言われています。なお妙がある西山(万灯籠山)は標高約135メートル・法がある東山(大黒天山)は標高約186メートルです。
  • 大文字

    五山送り火・大文字

    五山送り火・大文字(スポット・・・)情報を紹介しています。大文字は8月16日20:00から点火されます。大文字には平安時代初期に弘法大師・空海が始めたという説、室町時代中期に室町幕府8代将軍・足利義政が始めたとする説、江戸時代初期に近衛信尹が始めたという説があります。なお大文字がある大文字山は標高約465メートルです。

京都観光おすすめ

  1. 竹林の道
    竹林の道アクセスでは渡月橋から北に伸び、天龍寺前を通る府道29号線を天龍寺方面から北側の清凉寺(嵯峨…
  2. 嵐山
    嵐山アクセスでは京都駅からJR嵯峨野線(JR山陰本線)を利用して嵯峨嵐山駅で降りるのが一般的です。ち…
ページ上部へ戻る