鳥居形・五山送り火

鳥居形

鳥居形

鳥居形・五山送り火(スポット・・・)情報を紹介しています。鳥居形は8月16日20:20から点火されます。鳥居形には平安時代に弘法大師・空海が始めたという説、伏見稲荷大社のお灯明として焚かれたという説、鳥居本が愛宕神社の参道であり、愛宕神社と関係がある説があります。なお鳥居形がある曼陀羅山は仙翁寺山などと言われています。

【京都五山送り火2020 日程時間(要確認)】
五山送り火2020は2020年(令和2年)8月16日(日曜日)20:00から順次点火され、それぞれ30分程見ることができます。なお五山送り火は原則雨天決行だが、気象条件によって点火時間が変更になる場合もあります。
五山送り火2020(スポット・穴場・日程・・・)五山送り火(スポット・穴場・・・)

【鳥居形・五山送り火 日程時間(要確認)】
鳥居形は毎年8月16日20:20から点火されます。鳥居形が見られる時間は20:20頃~20:50頃です。なお五山送り火は原則雨天決行だが、気象条件によって点火時間が変更になる場合もあります。

【鳥居形・五山送り火 マップ・地図】
場所・・・京都府京都市右京区嵯峨鳥居本・曼陀羅山

スポンサーリンク


【鳥居形・五山送り火 鑑賞スポット】
鳥居形がよく見える鑑賞スポットは次の通りです。
●渡月橋
渡月橋(アクセス・・・)
●嵐山公園中之島地区
嵐山公園(アクセス・・・)
●嵐山東公園
●広沢池
広沢池(アクセス・・・)
●清凉寺(嵯峨釈迦堂)
清凉寺(アクセス・・・)
●松尾橋(松尾大社)
松尾大社(アクセス・・・)
●虚空蔵法輪寺
虚空蔵法輪寺(アクセス・・・)
●嵐山モンキーパークいわたやま
嵐山モンキーパークいわたやま(アクセス・・・)

【鳥居形・五山送り火 大きさ】
鳥居形は縦約76メートル・横約72メートル
鳥居形の火床は合計108基です。
火床には薪108束が使われるそうです。
鳥居形はかつて親火で灯した松明を青竹に刺していました。現在は鉄製の受皿を設置し、その尖った芯に松明を突き刺しています。

【鳥居形・五山送り火 歴史・簡単概要】
鳥居形(とりいがた)・鳥居形松明は平安時代初期に真言宗の開祖である弘法大師・空海が始めたという説、伏見稲荷大社のお灯明として焚かれたという説、鳥居本が愛宕神社の参道であり、愛宕神社と関係がある説があります。
●鳥居形・空海説は弘法大師(こうぼうだいし)・空海が石仏千体を刻み、その開眼供養を行った際に始まったというものです。なお空海は遣唐使として唐に渡り、長安・青龍寺(せいりゅうじ)の恵果阿闍梨(けいか あじゃり)から密教を学び、真言宗の開祖になりました。
●鳥居形・伏見稲荷大社のお灯明説は伏見稲荷大社から鳥居形が見えることからお灯明として焚かれたというものです。なお伏見稲荷大社は社伝によると711年(和銅4年)伊侶巨秦公(いろこのはたのきみ)が勅命を受け、稲荷山の三つの峯の平らな場所に稲荷大神を祀ったのが起源です。
●鳥居形・愛宕神社(あたごじんじゃ)と関係がある説は鳥居形がある鳥居本が愛宕神社の参道であり、鳥居本に愛宕神社の一の鳥居が建っていることから関係があるのではないかというものです。なお愛宕神社は大宝年間(701年~703年)に修験道の祖である役行者(えんのぎょうじゃ)・役小角(えんのおづの)と白山の開祖・泰澄(たいちょう)が朝廷の許しを得て、愛宕山(朝日峰)に神廟を造営したのが起源です。
*参考・・・鳥居形・五山送り火鳥居形・五山送り火wikipedia

【鳥居形・五山送り火 保存会】
鳥居形松明保存会は他の送り火の保存会と異なり、檀家の世襲ではなく、有志で結成されています。

鳥居形松明保存会・・・京都府京都市右京区嵯峨鳥居本一華表町

【鳥居形・五山送り火 備考】
*イベントの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者に確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。イベントの内容などが変更になっている場合もあります。
*上記で紹介している場所では地理的条件の変化により、見られなくなっている場合もあります。

関連記事

京都観光おすすめ

  1. 錦市場
  2. 竹林の道
  3. 嵐山
ページ上部へ戻る