つけ麺きらりラーメン(アクセス・マップ・・・)

つけ麺きらり

つけ麺きらり(アクセス・マップ・メニュー・・・)情報を紹介しています。つけ麺きらりは京阪電気鉄道京阪本線・宇治線の中書島駅(ちゅうしょじまえき)近くにあり、公共交通機関利用者に便利なラーメン店です。つけ麺きらりは伏見区竹田街道外環交差点から京都市下京区京都停車場に至る京都府道115号伏見港京都停車場線沿いにもあります。

【つけ麺きらり アクセス・マップ】
場所・・・京都府京都市伏見区東浜南町660-3
最寄り駅・バス停・・・中書島駅(徒歩約2分)

アクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*京阪電気鉄道京阪本線・宇治線
路線・時刻表・運賃チェック

【つけ麺きらり 営業時間・定休日(要確認)】
11:00~14:30
水曜日・木曜日は定休日です。

【つけ麺きらり メニュー・価格(要確認)】
魚介豚骨特つけ麺(並・大)1,180円、魚介豚骨つけ麺(並・大)870円、つけ麺のりノリ (並・大)970円、自家製ラー油特辛つけ(並・大)1,230円、自家製ラー油辛のり(並・大)1,020円、自家製ラー油辛つけ(並・大)920円、限定特海老つけ(並・大)1,260年、限定海老のり(並・大)1,050円、限定海老つけ(並・大)950円、特カレーつけ(並・大)1,230円、カレーのり(並・大)1,020円、カレーつけ(並・大)920円、塩とんらぁめん(並・大)750円、塩とんチャーシューメン(並・大)1,050円
十六穀米きらりめし200円、十六穀米しめきらりめし50円、TKK(卵かけきらりめし)250円、味玉チャーシュー丼300円
チャーシュー300円、半チャーシュー150円、メンマ150円、のり100円、味玉100円

スポンサーリンク

【つけ麺きらり 歴史・簡単概要】
つけ麺きらり(つけめんきらり)は2010年(平成22年)5月15日に営業を開始しました。店主・濱口さんは大阪生まれの京都育ちで、両親は飲食店を経営していたそうです。学生時代にバイクでラーメン店を食べ歩き、大学卒業後にお酒のディスカウント店でサラリーマンとして働いていたが、学生時代のアメフトでケガした腰が悪化して手術をしたが、その後仕事を退職し、約1年間治療に専念したそうです。その後弁当店に就職したり、ブラジルに渡って日本料理店で働いたり、バックパッカーで旅をしたりしていたそうです。帰国後にトラックの運転手になったが、次に四川ラーメン・都飯店で1年半ほど働き、その間にラーメンを食べ歩き、ラーメン専門店を開業したいと考えるようになりました。その後博多一風堂で修行を目指したが、受け入れてもらえず、中華料理屋で働いていました。都飯店が店舗展開することになり、都飯店の暖簾分けで四川ラーメン津田店(麺家津田四川)のオーナーになりました。その後吟醸ラーメン久保田などを食べ歩き、つけ麺の美味しさを知り、2010年(平成22年)に開業しました。
*参考・・・つけ麺きらり(アクセス・マップ・メニュー・・・)

【つけ麺きらり 連絡先(要確認)】
電話番号・・・075-611-0565

【つけ麺きらり 備考(駐車場・座席・・・)】
*駐車場あり4台
*全席禁煙
*11席(カウンターのみ)
*カード不可・電子マネー不可

【つけ麺きらり おすすめ散策ルート】
つけ麺きらりからのおすすめ散策ルートは北側にあり、龍馬とお龍愛の旅路像が立てられている伏見みなと公園を散策することです。10分ほど散策すると伏見みなと公園に行くことができ、京都観光・旅行を楽しむことができます。つけ麺きらりがある中書島駅一帯は宇治川や壕川に囲まれ、川沿いを散策するのもおすすめです。

関連記事

京都観光おすすめ

  1. 錦市場
  2. 竹林の道
  3. 嵐山
ページ上部へ戻る