宮津中学校(アクセス・マップ・見どころ・概要・・・)

宮津中学校

宮津中学校(アクセス・見どころ・歴史概要・料金・・・)情報を紹介しています。宮津中学校がある宮津市は天正年間に細川ガラシャの夫・細川忠興が宮津城を築城してから城下町として整備され、江戸時代に西廻航路の港町として栄えました。宮津市は風待ち港として丹後随一の港町になり、宮津節に「縞の財布が空になる」とも謳われました。

【宮津中学校 アクセス・マップ】
場所・・・京都府宮津市字万年220番地
最寄り駅・バス停・・・宮津駅(徒歩約17分)

アクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*WILLER TRAINS(京都丹後鉄道)宮津線
路線・時刻表・運賃チェック

【宮津中学校 拝観時間・時間(要確認)】
通常非公開

【宮津中学校 拝観料金・料金(要確認)】
通常非公開

スポンサーリンク

【宮津中学校 歴史・簡単概要】
宮津中学校(みやづちゅうがっこう)・宮津市立宮津中学校に京都府宮津市字万年あります。宮津中学校は京都府宮津市の宮津駅(みやづえき)と兵庫県豊岡市の豊岡駅(とよおかえき)を結ぶWILLER TRAINS(京都丹後鉄道)の宮豊線(みやとよせん)西側に位置しています。宮津中学校は1947年(昭和22年)4月20日に与謝野郡組合立宮津中学校として設立認可され、同年5月8日に宮津小学校の一部と前京都府立宮津工業学校の校舎を使って開校されました。1948年(昭和23年)5月25日に前京都府立宮津高等女学校であった現在の場所に移り、1949年(昭和24年)4月1日に増築された2校舎が完成しました1949年(昭和24年)に中学校が統合され、栗田分校・日置分校・笹谷分教場が設置され、1950年(昭和25年)に栗田分校が独立し、1954年(昭和29年)に市制が施行されると宮津市立宮津中学校になりました。1973年(昭和48年)に日置分校が独立し、笹谷分教所が笹谷分校になりました。1978年(昭和53年)2月20日に体育館が完成し、1981年(昭和56年)3月23日に新校舎(3階建・12教室)が完成し、1989年(平成元年)3月31日に新校舎に普通教室が完成し、1990年(平成2年)4月19日に管理棟が完成し、1992年(平成4年)4月25日にテニスコート・語らいの広場が完成しました。
*参考・・・宮津中学校(アクセス・マップ・歴史・見どころ・・・)

【宮津中学校 見どころ・文化財(非公開の場合あり)】
宮津中学校の見どころは桜です。宮津中学校への登り道に桜の木が植えられ、そばを走るWILLER TRAINS(京都丹後鉄道)宮豊線の列車の中から楽しむことができます。

*京都には多くの桜名所があり、その桜見ごろを下記リンクから確認できます。
京都桜見ごろ2023(清水寺・哲学の道・原谷苑・・・)

【宮津中学校 連絡先(現在確認中)】*電話は控えて下さい。迷惑になります。
電話番号・・・0772-22-8030(天橋立観光協会)

【宮津中学校 備考(アクセス・御朱印・駐車場・・・)】

【宮津中学校 おすすめ散策ルート】
宮津中学校からのおすすめ散策ルートは北側にある山王宮日吉神社に向かうルートです。15分ほど散策すれば、山王宮日吉神社に行くことができ、京都観光・旅行を楽しむことができます。なお宮津中学校周辺にはあまり観光スポットが多くない為、次の観光スポットに向かい、その周辺を散策するのもいいかもしれません。

関連記事

京都観光おすすめ

  1. 錦市場
  2. 竹林の道
  3. 嵐山
ページ上部へ戻る