野田川親水公園(アクセス・マップ・見どころ・概要・・・)

野田川親水公園

野田川親水公園(アクセス・見どころ・拝観料金・・・)情報を紹介しています。野田川親水公園(加悦町SL広場)は与謝野町加悦と与謝野町岩滝を結ぶ長さ約12.2キロメートルの自転車道である加悦岩滝自転車道線の起点になっています。加悦岩滝自転車道線では野田川と併走し、自然景観を見ながらサイクリングを楽しむことができます。

【野田川親水公園 アクセス・マップ】
場所・・・京都府与謝郡与謝野町滝941-2
最寄り駅・バス停・・・丹鉄与謝野駅(車約20分)

アクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*WILLER TRAINS(京都丹後鉄道)宮豊線
路線・時刻表・運賃チェック

【野田川親水公園 拝観時間・時間(要確認)】
自由

【野田川親水公園 拝観料金・料金(要確認)】
無料

スポンサーリンク

【野田川親水公園 歴史・簡単概要】
野田川親水公園(のだがわしんすいこうえん)は京都府与謝郡与謝野町滝にあります。野田川親水公園は標高約832メートルの大江山(おおえやま)を主峰とする大江山山系に属する標高約380メートルの与謝峠(よざとうげ)を源とする二級河川・野田川(のだがわ)沿いに整備された親水公園です。ちなみに野田川は与謝峠を源とし、与謝野町の田園地帯で滝川(たきがわ)・桜内川(さくらうちがわ)・温江川(あつえがわ)・加悦奥川(かえつおくがわ)と合流しながら北流し、岩屋川(いわやがわ)と合流すると北東に方向を変え、水戸川(みとがわ)・香河川(かごがわ)と合流して宮津市に入り、日本三景の天橋立(あまのはしだて)の内海である阿蘇海(あそかい)に注ぐ延長約15.5キロの二級河川です。 野田川親水公園は桜並木や川面を眺めながら憩える空間として整備され、小さいお子さん連れでも遊べる水辺空間になっています。野田川親水公園には階段護岸工・飛び石・四阿(あずまや)・散策路・ベンチ・駐車場などがあります。ちなみに飛び石を歩くと対岸に渡ることもできます。野田川親水公園では高水敷に池が整備され、水性動植物も分布しています。なお野田川親水公園は京都府宮津市から兵庫県丹波地方を経由し、大阪府大阪市北区に至る国道176号に隣接し、近くによさの野菜の駅や加悦SL広場などがあります。
*参考・・・野田川親水公園(アクセス・マップ・歴史・見どころ・・・)

【野田川親水公園 見どころ・文化財】
野田川親水公園の見どころは桜です。野田川親水公園には桜の古木20本が植えられています。桜並木の野田川親水公園はツツジの雲岩公園・ひまわりの桜内の棚田と花畑・雲海の赤石林道・天橋立眺望の一字観公園・天橋立眺望の板列展望台・岩滝祭りの板列八幡神社・パワースポットの木積神社とともに与謝野自然風景10選に選ばれています。

*京都には多くの桜名所があり、その桜見ごろを下記リンクから確認できます。
京都桜見ごろ2023(清水寺・哲学の道・原谷苑・・・)

【野田川親水公園 連絡先(要確認)】
電話番号・・・0772-43-0155(与謝野町観光協会)

【野田川親水公園 備考(アクセス・御朱印・駐車場・・・)】

【野田川親水公園 おすすめ散策ルート】
野田川親水公園からのおすすめ散策ルートは西側にある七面天女堂を散策することです。15分ほど散策すると七面天女堂に行くことができ、京都観光・旅行を楽しむことができます。なお野田川親水公園周辺にはあまり観光スポットが多くない為、次の観光スポットに向かい、その周辺を散策するのもいいかもしれません。

関連記事

京都観光おすすめ

  1. 錦市場
  2. 竹林の道
  3. 嵐山
ページ上部へ戻る