大御堂観音寺桜見ごろ(4月上旬頃)・桜名所

大御堂観音寺桜見ごろ

大御堂観音寺桜見ごろ(時期・ライトアップ・・・)情報を紹介しています。大御堂観音寺には参道や境内に染井吉野(ソメイヨシノ)などの桜の木が植えられ、桜と本堂・鐘楼などの光景が美しいと言われています。なお大御堂観音寺に向かう参道脇には菜の花も植わられ、ピンクの桜と黄色い菜の花の共演を楽しむことができます。(詳細下記参照)

【大御堂観音寺桜見ごろ時期 2020年(要確認)】
大御堂観音寺の桜見ごろは例年4月上旬頃です。ただ桜の見ごろはその年の気候などによって多少前後することがあります。●2020年の桜見ごろ予想は2020年1月頃から情報発信します。
京都桜見ごろ2020京都桜ライトアップ2020京都桜見ごろ・イベント京都桜名所

【大御堂観音寺桜・大御堂観音寺 アクセス・地図】
場所・・・京都府京田辺市普賢寺下大門13
最寄り駅・バス停・・・普賢寺(徒歩約3分)

アクセスは次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*JR学研都市線・JR三山木駅または近鉄京都線・三山木駅から奈良交通バス

スポンサーリンク


【大御堂観音寺桜見ごろ時期・見どころ】
大御堂観音寺は桜の名所です。大御堂観音寺の桜見ごろは例年4月上旬頃です。大御堂観音寺には参道や境内に染井吉野(ソメイヨシノ)などの桜の木が植えられ、桜と本堂・鐘楼などの光景が美しいと言われています。なお大御堂観音寺に向かう参道脇には菜の花も植わられ、ピンクの桜と黄色い菜の花の共演を楽しむことができます。
本堂は1953年(昭和28年)に再建されました。本堂は単層で、本瓦葺の入母屋造です。なお本堂は木心乾漆十一面観音立像(国宝)を安置しています。
染井吉野は江戸時代末期に東京染井村の植木職人が江戸彼岸と大島桜を交配させて生み出したと言われています。その後明治時代初期から日本各地に広まりました。なお染井吉野は当初桜の名所である奈良吉野山に因んで、吉野・吉野桜と言われていたが、その後染井村から染井吉野と言われるようになりました。
菜の花(なのはな)はアブラナ(油菜)などアブラナ科アブラナ属の花の総称です。アブラナ(油菜)はアブラナ属の二年生植物で、春に黄色い花を咲かせます。
桜(染井吉野)は2月1日以降の最高気温(毎日)の合計が600度を超えると開花し、800度を超えると満開になるとも言われています。また地域によって若干差があるが、開花から1週間から5日ほどで満開になるとも言われています。

【大御堂観音寺 歴史・簡単概要】
大御堂観音寺(おおみどうかんのんじ)・普賢寺(ふげんじ)は寺伝によると飛鳥時代の白鳳年間(7世紀後半)に法相宗の祖・義淵僧正(ぎえんそうじょう)が第40代・天武天皇の勅願により、観心山親山寺(かんしんざんしんざんじ)として創建したのが起源とも言われています。その後奈良時代の744年(天平16年)に東大寺初代別当・良弁僧正(ろうべんそうじょう)が第45代・聖武天皇の御願により、伽藍を増築して十一面観音立像を安置し、息長山普賢教法寺(そくちょうざんふけんきょうほうじ)と号したとも言われています。778年(宝亀9年)に良弁僧正の弟子・実忠(じっちゅう)が五重塔を建立して七堂伽藍を整え、法相宗(ほっそうしゅう)・三論宗(さんろんしゅう)・華厳宗(けごんしゅう)の三宗兼学の「筒城の大寺(つつぎのおおでら)」とも言われていたが、794年(延暦13年)の火災によって焼失し、その後も度々火災によって焼失したとも言われています。室町時代の1437年(永享9年)の火災によって諸堂13・僧坊20余りを焼失し、1565年(永禄8年)の焼失後に大御堂だけが再建されたとも言われています。大御堂観音寺周辺には奈良時代末期頃から平安時代初期頃に造られ、裏側に布の目がついている布目瓦(ぬのめがわら)が散在し、伽藍の礎石の一部も残されているそうです。ちなみに現在の本堂は1953年(昭和28年)に再建されました。大御堂観音寺は本尊・木心乾漆十一面観音立像(国宝)を安置しています。
観音寺は真言宗智山派の寺院です。
*参考・・・大御堂観音寺(アクセス・歴史・・・)大御堂観音寺(アクセス・歴史・見どころ・・・)wikipedia

【大御堂観音寺桜見ごろ時期 備考】
*イベントの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者に確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。イベントの内容などが変更になっている場合もあります。
大御堂観音寺(アクセス・見どころ・・・)情報

関連記事

京都観光おすすめ

  1. 錦市場
  2. 竹林の道
  3. 嵐山
ページ上部へ戻る