嵯峨野コスモス見ごろ2021(9月下旬~10月下旬頃)

嵯峨野コスモス

嵯峨野コスモス見ごろ(例年)・見どころ

嵯峨野コスモス見ごろ(時期・イベント・・・)を紹介しています。嵯峨野では東側の広沢池と西側の大沢池の間に広がる田んぼやあぜ道にコスモスやキバナコスモスが分布し、ピンク・白・黄色など色とりどりの花を咲かせます。コスモス・キバナコスモスと歴史的風土特別保存地区・特別修景地域に指定されている嵯峨野の光景が美しいと言われています。(詳細下記参照)

【嵯峨野 コスモス見ごろ(例年)】
嵯峨野のコスモス見ごろは例年9月下旬頃から10月下旬頃です。なおコスモスの見ごろはその年の気候などによって多少前後することがあります。
京都コスモス名所・見ごろ

【嵯峨野コスモス見ごろ アクセス・マップ地図】
場所・・・京都府京都市右京区嵯峨野
最寄り駅・バス停・・・嵯峨嵐山駅

アクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*JR嵯峨野線

*嵐電(京福電鉄)嵐山線の場合、最寄り駅は嵐山駅

スポンサーリンク

【嵯峨野 コスモス見ごろ(例年)・簡単解説】
嵯峨野はコスモス(秋桜)の名所です。嵯峨野のコスモス見ごろは例年9月下旬頃から10月下旬頃です。
嵯峨野では東側の広沢池と西側の大沢池の間に広がる田んぼやあぜ道にコスモスやキバナコスモスが分布し、ピンク・白・黄色など色とりどりの花を咲かせます。コスモス・キバナコスモスと歴史的風土特別保存地区・特別修景地域に指定されている嵯峨野の光景が美しいと言われています。嵯峨野ではヒガンバナとコスモスを一緒に楽しめる場合があります。私有地に立ち入らず、田んぼの周囲を散策したり、カメラで撮影したりするのがおすすめです。自転車で回ってもいいかもしれません。
大沢池は814年(弘仁5年)頃に嵯峨天皇が中国の洞庭湖を模して築造したとも言われています。大沢池は周囲約1キロで、日本最古の人工の庭池とされています。大沢池は奈良の猿沢池・滋賀の石山寺とともに三大名月鑑賞地とされています。
広沢池は渡来系氏族・秦氏が溜池として造ったとも言われています。また広沢池は989年(永祚元年)に宇多天皇の孫・寛朝僧正が花山天皇の勅願によって遍照寺を創建した際、庭池として開削されたとも言われ、遍照寺池とも言われています。
コスモスはキク科コスモス属の春まき一年草の植物です。コスモスは熱帯アメリカ(メキシコ)原産です。1789年にメキシコからスペインのマドリード王立植物園に送られ、1791年にアントニオ・ホセ・カヴァニレスがコスモス(Cosmos)と名付け、1887年(明治20年)頃に美術学校教師・ラグザーがイタリアから日本に伝えたと言われています。コスモスは高さ1~2メートルで、葉は二回羽状複葉(うじょうふくよう)で、裂片(れつへん)
が線形の葉を対生しています。花は茎の上部から出た枝の先端に径4~8センチの頭状花(とうじょうか)がつき、頭状花周辺に8個の舌状花(ぜつじょうか)が大きく開きます。頭状花は黄色、舌状花は白色・紅色・淡紅色・紅紫色などがあり、大輪咲き・八重咲き・コラレット咲きなどの園芸種があります。コスモスは元来短日植物で秋に開花するが、最近は品種改良が進み、日長に関係なく播種後70日ほどで開花する早咲き品種などもあります。コスモスは秋の季語になっています。
キバナコスモスはキク科コスモス属の多年草または一年草です。キバナコスモスはメキシコ原産です。標高1,600メートル以下の地域に自生し、18世紀末にスペイン・マドリードの植物園に送られ、大正時代に日本に輸入されたと言われています。キバナコスモスは夏から秋に直径3~5センチの黄色・オレンジ色の一重咲き・八重咲き花を咲かせます。

【嵯峨野 歴史・簡単概要】
嵯峨野(さがの)は京都市左京区と南丹市美山町の境に位置する標高約750メートルの佐々里峠(ささりとうげ)を源とする大堰川(おおいがわ)が保津川(ほづがわ)に名前を変え、嵐山で桂川(かつらが)となる左岸一帯を言います。桂川は上流から上桂川・桂川・大堰川・保津川・桂川と名前を変え、鴨川(かもがわ)・木津川(きづがわ)・宇治川(うじがわ)と合流して淀川(よどがわ)になります。嵯峨野は北側の愛宕山(あたごやま)、南側の桂川、東側の太秦(うずまさ)・宇多野(うだの)、西側の小倉山(おぐらやま)に囲まれた地域を言います。嵯峨野はかつて桂川の氾濫原(はんらんげん)だったが、飛鳥時代(7世紀)に秦(しん)の始皇帝(しこうてい)の子孫と称する渡来系氏族・秦氏(はたうじ)が開発し、平安時代以降に天皇や貴族が別荘を構えたり、遊猟や遊楽を楽しんだりしました。ちなみに平安時代初期に第52代・嵯峨天皇(さがてんのう)が後に大覚寺(だいかくじ)となる離宮・嵯峨院を造営して居住しました。嵯峨野には大覚寺以外にも世界遺産である天龍寺(てんりゅうじ)・嵯峨釈迦堂(しゃかどう)と言われる清凉寺(せいりょうじ)・常寂光寺(じょうじゃっこうじ)・二尊院(にそんいん)・野宮神社(ののみやじんじゃ)・車折神社(くるまざきじんじゃ)などの寺院・神社が建立されています。なお桂川右岸には標高382メートルの嵐山があり、嵯峨野の一部は嵐山とも言われて京都を代表する観光地になっています。
*参考・・・嵯峨野(アクセス・歴史・見どころ・・・)wikipedia

【嵯峨野コスモス見ごろ 備考】
*イベントの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者に確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。イベントの内容などが変更になっている場合もあります。
嵯峨野(アクセス・見どころ・・・)情報

関連記事

京都観光おすすめ

  1. 錦市場
  2. 竹林の道
  3. 嵐山
ページ上部へ戻る