八坂の塔

八坂の塔

八坂の塔(アクセス・見どころ・拝観料金・・・)情報を紹介しています。(2014年末から未更新の場合あり)八坂の塔(五重塔)は東寺(教王護国寺)・興福寺の五重塔に次ぐ高さで、中学生以上は一般拝観で塔の二層目まで登ることができます。なお八坂の塔は正式名称を「法観寺」と言いますが、「八坂の塔」と言われることが多い。

【八坂の塔 アクセス・マップ地図】
場所・・・京都府京都市東山区清水八坂上町388
最寄り駅・バス停・・・東山安井(徒歩約5分)、清水道(徒歩約5分)

市バスのアクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*京都駅から八坂の塔は100系統(D1乗り場)清、206系統(D2乗り場)東・清
*四条河原町からは207系統東・清
*四条烏丸からは207系統東・清
*河原町丸太町からは202系統東・清
京都市バス・アクセスダイヤ京都バス・鉄道乗換案内システム「歩くまち京都」

*京阪電鉄本線の場合、最寄り駅は清水五条駅(徒歩約10分)・祇園四条駅(徒歩約10分)

【八坂の塔 拝観時間・時間(要確認)】
6:00~16:00
不定休

【八坂の塔 拝観料金・料金(要確認)】
中学生以上500円

スポンサーリンク


【八坂の塔 歴史・簡単概要】
八坂の塔(やさかのとう)・法観寺(ほうかんじ)は起源が明確ではありません。八坂の塔は伝承によると592年(崇峻天皇5年)聖徳太子が如意輪観音の夢告により、五重塔を建立して仏舎利を三粒を収めたのが起源とも言われています。また八坂の塔は794年(延暦13年)桓武天皇による平安京遷都以前に渡来氏族・八坂氏の氏寺として創建されていたとも言われています。その後1179年(治承三年)に焼失したが、鎌倉幕府初代将軍・源頼朝が再建しました。しかしその後度々か焼失し、その都度再建されました。現在の五重塔は1440年(永享12年)室町幕府第6代将軍・足利義教(あしかがよしのり)が再建したものです。
八坂の塔は臨済宗建仁寺派の寺院です。
*参考・・・八坂の塔(アクセス・歴史・・・)ホームページ八坂の塔(アクセス・歴史・・・)wikipedia

【八坂の塔 見どころ・文化財(非公開の場合あり)】
八坂の塔の見どころは五重塔です。40メートル以上の五重塔は少し離れた場所からでも見ることができます。京都を舞台にしたテレビドラマで、見覚えのある人が多いはずです。
八坂の塔見どころ(見所)詳細

重要文化財・・・五重塔、紙本著色八坂塔絵図

【八坂の塔 連絡先(現在確認中)】*電話は控えて下さい。迷惑になります。
電話番号・・・+81-75-551-2417

【八坂の塔 (アクセス・御朱印・駐車場・・・)備考】
東山花灯路

【八坂の塔 おすすめ散策ルート】
八坂の塔からのおすすめ散策ルートは二寧坂(二年坂)・産寧坂(三年坂)を経由し、清水寺に向かうルートです。八坂の塔周辺には坂本龍馬の墓(京都霊山護国神社)などもあり、京都観光・旅行を楽しむことができます。なお清水寺とは逆方向の北側には八坂神社・高台寺・知恩院・祇園などの観光スポットもある為、ねねの道(ねねの小径)を経由し、それらを散策するのもいいかもしれません。

関連記事

京都観光 イベント・行事

  1. 青葉まつり

    2019年6月のイベント

  2. 祇園祭

    祇園祭2019日程

スポンサーリンク

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 貴船祭
  2. 信長忌
  3. 祇園放生会
  4. 蛍火の茶会
  5. 田植祭
  6. 青葉まつり
  7. 竹伐り会式

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 竹林の道
    竹林の道アクセスでは渡月橋から北に伸び、天龍寺前を通る府道29号線を天龍寺方面から北側の清凉寺(嵯峨…
  2. 嵐山
    嵐山アクセスでは京都駅からJR嵯峨野線(JR山陰本線)を利用して嵯峨嵐山駅で降りるのが一般的です。ち…
ページ上部へ戻る