万寿寺

万寿寺

万寿寺(アクセス・見どころ・拝観料金・・・)情報を紹介しています。万寿寺は当初は十刹だったが、五山に昇格し、京都五山(天龍寺・相国寺・建仁寺・東福寺・万寿寺)の第5位に列せられました。なお五山制度はインドに由来し、日本では鎌倉時代に鎌倉五山として最初に採用されました。

【万寿寺 アクセス・地図】
場所・・・京都府京都市東山区本町15-786
最寄り駅・バス停・・・東福寺(徒歩約3分)

市バスのアクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*京都駅から万寿寺は208系統(D2乗り場)
*四条河原町からは207系統
*四条烏丸町からは207系統
*河原町丸太町からは202系統
京都市バス・アクセスダイヤ京都バス・鉄道乗換案内システム「歩くまち京都」

*JR奈良線の場合、最寄り駅は東福寺駅(徒歩約3分)
*京阪電鉄本線の場合、最寄り駅は東福寺駅(徒歩約3分)

【万寿寺 拝観時間・時間(要確認)】 
通常非公開

【万寿寺 拝観料金・料金(要確認)】
通常非公開

スポンサーリンク


【万寿寺 歴史・簡単概要】
万寿寺(まんじゅじ)・萬寿寺は1096年(永長元年)白河上皇が六条内裏内に建立した六条御堂が起源と言われています。白河上皇は長女・郁芳門院の追善の為に仏堂の六条御堂に改めました。その後度々焼失し、鎌倉時代に十地覚空と弟子・慈一宝覚が東福寺・円爾に帰依し、六条御堂を万寿禅寺に改めました。1273年(文永10年)に焼失し、1330年(元徳2年)後宇多院の皇女・崇明門院から土地を賜って移りました。ただその後も焼失したり、衰退したりして天正年間に東福寺山内の三聖寺に移ったが、豊臣秀吉の命によって再び移りました。1873年(明治6年)三聖寺が廃寺にされ、名称を万寿寺に改めました。なお1935年(昭和10年)に九条通の拡張によって寺地が南北が分断され、1937年(昭和12年)に愛染堂が現在の場所に移りました。
万寿寺は臨済宗東福寺派大本山・東福寺の塔頭です。
*参考・・・万寿寺(アクセス・歴史・・・)wikipedia

【万寿寺 見どころ・文化財】
万寿寺の見どころは鐘楼です。鐘楼は室町時代の建築で、かつては三聖寺の建物だったが、現在は東福寺の所有になっています。

重要文化財・・・鐘楼、絹本著色聖一国師像、絹本著色八相涅槃図、絹本墨画淡彩釈迦三尊図、木造阿弥陀如来坐像、木造金剛二力士立像 2体

【万寿寺 連絡先(要確認)】
電話番号・・・075-561-1341

【万寿寺 (アクセス・御朱印・駐車場・・・)備考】
京都紅葉名所・東福寺(アクセス・見どころ・・・)情報
東福寺見どころ

【万寿寺 おすすめ散策ルート】
万寿寺からのおすすめ散策ルートは東福寺を経由し、東にある泉涌寺に向かうルートです。15分ほど散策すれば、東山の自然を感じながら泉涌寺に行くことができ、京都観光・旅行を楽しむことができます。なお東光寺周辺には正覚院・芬陀院(雪舟寺)・龍吟庵、泉涌寺周辺には即成院・戒光寺・今熊野観音寺・雲龍院もあり、それらも一緒に散策するのもいいかもしれません。

関連記事

スポンサーリンク

イベント・行事

  1. 護王神社夏越大祓

    2017年6月のイベント

    京都市内などで2017年6月に行われる寺院・神社などの主な行事・イベントです。行事・イベントを見たり…
  2. 祇園祭

    祇園祭2017日程

    祇園祭日程を紹介しています。祇園祭は毎年7月1日から31日までの1か月間に渡り、神事・行事・イベント…

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る