【地主神社見どころポイント・簡単まとめ】

地主神社

地主神社見どころ

地主神社見どころ・簡単まとめ情報です。恋占いの石はアメリカの原子物理学者・ボースト博士が縄文時代(前1万4千年~前4世紀)の遺物であることを確認しました。2つの恋占いの石は10メートルほど離れ、目を瞑って恋占いの石の間を歩き、石から石に辿り着くと恋が叶うと言われています。

【地主神社見どころ 基礎知識】
地主神社(じしゅじんじゃ)は起源が明確ではありません。地主神社は社伝によると神代(かみよ)の昔、つまり日本の建国以前に造営されたと言われています。それを証明するようにアメリカの原子物理学者・ボースト博士は「恋占いの石」が縄文時代の遺物であることを確認しました。970年(天禄元年)第64代・円融天皇が臨時祭を行い、以後例大祭・地主祭になりました。なお地主神社は清水寺の鎮守社だったが、明治時代の神仏分離令により、清水寺から独立しました。
地主神社歴史
*参考・・・地主神社(アクセス・歴史・見どころ・・・)ホームページ地主神社(アクセス・歴史・見どころ・・・)wikipedia

スポンサーリンク


【地主神社 本殿・見どころ】★★★修学旅行
本殿は重要文化財です。本殿は内陣・外陣に分かれます。内陣・外陣ともに山形天井で、装飾金具には金箔や極彩色、円柱には金襴巻文様(きんらんまきもんよう)が施され、桃山文化の影響を受けているとも言われています。本殿は1633年(寛永10年)江戸幕府3代将軍・徳川家光が再建しました。なお本殿は檜皮葺の入母屋造と権現造を兼ね合わせています。
(地主神社 本殿・ポイント)
●本殿は主祭神である大国主命・素戔嗚命・奇稲田姫命・足摩乳命・手摩乳命を正殿、大田大神・乙羽竜神・思兼大神を相殿にに祀っています。
●本殿の円柱にはおめでたい熨斗(のし)模様や宝づくしの模様の図柄が使われています。

【地主神社 拝殿・見どころ】★修学旅行
拝殿(祈願殿)は重要文化財です。拝殿の鏡天井に絵師・狩野元信が描いた雲龍図・丸竜があります。拝殿は1633年(寛永10年)徳川家光が再建しました。なお拝殿は南が崖になっていることから舞台造です。
(地主神社 拝殿・ポイント)
●拝殿は祈願殿(きがんでん)とも言われています、

【地主神社 雲龍図・見どころ】
雲龍図・丸竜は拝殿の鏡天井にあります。雲龍図は絵師・狩野永徳(かのうえいとく)の次男である絵師・狩野元信(かのうもとのぶ)が描きました。丸竜はどの方角から見ても自分を睨んでいるように見えるところから「八方にらみの竜」とも言われています。
(地主神社 雲龍図・ポイント)
●雲龍図の丸竜は夜ごと抜け出し、音羽の滝の水を飲むことから目に釘を打たれたとも言われています。(清水寺七不思議)
地主神社・雲龍図

【地主神社 総門・見どころ】★修学旅行
総門は重要文化財です。総門は柱を正面から見ると鳥居形になっています。総門は1633年(寛永10年)徳川家光が再建しました。なお総門は瓦葺です。
(地主神社 総門・ポイント)
●総門の瓦には菊の文様が天皇との関わりが深かったことが伺えます。

【地主神社 地主桜・見どころ】
地主神社は桜の名所で、桜は地主桜と言われています。地主桜は811年(弘仁2年)に嵯峨天皇が行幸した際、地主桜の美しさに3度車を返したことから「御車返しの桜」とも言われています。地主神社の桜は平安時代から地主桜(地主の桜)と言われています。なお現在の桜は1962年(昭和37年)に佐野藤右衛門から献木されました。
地主神社・桜見ごろ
(地主神社 地主桜・ポイント)
●地主桜は例年4月上旬頃に見ごろを迎えます。なお4月第2日曜日にはえんむすび祈願さくら祭りも行われます。
地主神社・えんむすび祈願さくら祭り

【地主神社 恋占いの石・見どころ】★★★修学旅行
2つの恋占いの石は10メートルほど離れ、目を瞑って恋占いの石の間を歩き、石から石に辿り着くと恋が叶うと言われています。1度で成功すると早く成就し、助けを借りて辿り着くと成就にも助けが必要になるとも言われています。
(地主神社 恋占いの石・ポイント)
●恋占いの石はアメリカの原子物理学者・ボースト博士が縄文時代(前1万4千年~前4世紀)の遺物であることを確認しました。

【地主神社 撫で大国さん・見どころ】★修学旅行
撫で大国さんを撫でると願い事が成就すると言われています。良縁・商売繁盛・長寿・受験合格などにご利益があると言われています。
(地主神社 撫で大国さん・ポイント)
●撫で大国さんは撫で場所で、ご利益が変わります。

【地主神社 幸福祈願所・見どころ】★修学旅行
幸福祈願所のドラを三度叩いて、縁結び・幸福を祈願します。清らかな音色が願いを神様に届けるそうです。
(地主神社 幸福祈願所・ポイント)
●幸福祈願所のドラは音の余韻が長いほど願い事が叶いやすいと言われています。

【地主神社 おかげ明神・見どころ】★修学旅行
おかげ明神は女性の守り神とされ、どんな願い事もひとつだけ成就すると言われています。
(地主神社 おかげ明神・ポイント)
●おかげ明神の後ろのご神木の杉は「いのり杉」とも、「のろい杉」とも言われ、かつては丑の刻参りに使われ、五寸釘の跡が残っていると言われています。

【地主神社 末社・見どころ】★修学旅行
地主神社の末社には栗光稲荷社(くりみついなりしゃ)・祓戸社(はらえどしゃ)・水かけ地蔵・良縁大国(りょうえんだいこく)などがあります。
(地主神社 末社・ポイント)
●栗光稲荷社には商売繁盛、祓戸社には心についた不浄を祓い清めるご利益があると言われています。

【地主神社 契り糸・見どころ】
紅色の契り糸は女性、白色の契り糸に男性が名前を書き、両方を合せて大国様に結びつけると縁結びの祈願になると言われています。
(地主神社 契り糸・ポイント)
●契り糸は良縁を望む女性の場合、紅色の契り糸に名前、白色の契り糸に願い事を書くと良縁に恵まれるとも言われています。

【地主神社 節分祭・見どころ】
毎年節分(立春の前日)に節分祭が行われます。節分祭では福豆をまき、邪鬼を祓い、厄除け・開運招福・病気回復を祈願します。なお節分祭では厄除守りや縁起物のこづち守りが入り、厄除け・開運招福のご利益があるとも言われている福豆(有料)も授与されます。
地主神社・節分祭

【地主神社 えんむすび祈願さくら祭り・見どころ】
毎年4月の第2日曜日にえんむすび祈願さくら祭りが行われます。えんむすび祈願さくら祭りでは白川女による桜の献花や謡曲・田村と熊野(ゆや)の奉納、また松尾芭蕉の師・北村季吟(きたむらきぎん)の献句「地主からは木の間の花の都かな」を句碑前で献詠します。
地主神社・えんむすび祈願さくら祭り

【地主神社 地主祭り・見どころ】
毎年5月5日に地主祭りが行われます。地主祭では家内安全・土地守護・事業繁栄・良縁達成を祈願します。地主祭りでは神職・巫女・白川女などに稚児・武者・神輿などが合流して氏子地区を巡行します。
(地主神社 地主祭り・ポイント)
●地主祭り(神幸祭)は970年(天禄元年)に円融天皇の行幸の際、勅命によって行われた臨時祭が起源です。
地主神社・地主祭り

【地主神社 七夕祭・見どころ】
毎年7月7日に七夕祭が行われます。七夕祭では七夕こけしお祓い神事で、恋愛成就・良縁達成を祈願します。七夕祭では織姫・彦星に見たてた紙こけしに名前を書き、固く結びあわせて大笹に吊るして恋の願掛けを行います。
地主神社・七夕祭

【地主神社 えんむすび地主祭・見どころ】
毎月第1日曜日にえんむすび地主祭が行われます。えんむすび地主祭は縁結び・恋愛成就などの祝詞を奏上し、「恋占いの石」や「恋の願かけ絵馬」でお祓いを行います。えんむすび地主祭に参加さすると「開運こづち」が無料で授与されます。
(地主神社 えんむすび地主祭・ポイント)
●しまい大国祭は1年のえんむすび地主祭を締めくくる祭事です。
地主神社・しまい大国祭

【地主神社 清水寺・見どころ】
地主神社はかつて清水寺の鎮守社でした。しかし明治維新後の神仏分離令により、清水寺から独立しました。ただ清水寺とともに世界遺産に登録されています。
(地主神社 清水寺・ポイント)
●清水寺は778年(宝亀9年)に延鎮上人(えんちんしょうにん)が「木津川の北流に清泉を求めて行け」という霊夢により、音羽山に庵を結んだのが起源です。
清水寺

【地主神社見どころ 備考】
地主神社基本情報

関連記事

京都観光おすすめ

  1. 錦市場
  2. 竹林の道
ページ上部へ戻る