金蔵寺

金蔵寺

金蔵寺(アクセス・見どころ・拝観料金・・・)情報を紹介しています。(2014年末から未更新の場合あり)金蔵寺は高さ642メートルの小塩山(おしおやま)中腹に位置し、平安時代には「京三岩倉」のひとつ「西の岩倉」と言われ、「今昔物語」巻17の第39には「京ノ西山ニ西石蔵(にしいわくら)ト云フ山寺有リ」と記されています。

【金蔵寺 アクセス・マップ地図】
場所・・・京都府京都市西京区大原野石作町1639-11
最寄り駅・バス停・・・南春日町(徒歩約20分)

阪急バスのアクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*阪急電鉄京都本線・東向日駅からは南春日町行き
*JR・向日町駅からは南春日町行き
阪急バス・アクセスダイヤ

【金蔵寺 拝観時間・時間(要確認)】
8:00~17:00

【金蔵寺 拝観料金・料金(要確認)】
志納

スポンサーリンク


【金蔵寺 歴史・簡単概要】
金蔵寺(こんぞうじ)は718年(養老2年)に隆豊禅師(りょうほうぜんじ)が第44代・元正天皇の勅願によって創建したと言われています。隆豊禅師は小塩山(おしおやま)の山中で光り輝くクスノキを見つけ、「山の神」と「天狗の力」を借りて本尊・観音像を自ら刻んだとも言われています。その後728年(神亀5年)に第45代・聖武天皇から勅額を賜り、794年(延暦13年)の第50代・桓武天皇による平安京遷都の際、新都の平安を願って都の四方に経典を埋めたとして、桓武天皇から西岩倉山の山号を賜ったとも言われています。しかし応仁の乱(1467年(応仁元年)~1477年(文明9年))の兵火で焼失し、江戸時代に江戸幕府5代将軍・徳川綱吉の母・桂昌院(けいしょういん)の帰依によって再建されました。桂昌院は6歳から13歳まで金蔵寺に住したとも言われています。しかしその後も本堂などが焼失し、1808年(文化5年)に再建されました。なお金蔵寺は本尊・十一面千手観音像を安置しています。
金蔵寺は天台宗の寺院です。
*参考・・・金蔵寺(アクセス・歴史・・・)

【金蔵寺 見どころ・文化財(非公開の場合あり)】
金蔵寺の見どころは落差約12メートルの産の滝(さんのたき)です。鳥帽子岩や影向松も見どころです。なお金蔵寺は紅葉の名所で見どころです。
金蔵寺紅葉見ごろ
京都紅葉名所・見ごろ2019

【金蔵寺 連絡先(現在確認中)】*電話は控えて下さい。迷惑になります。
電話番号・・・+81-75-331-0023

【金蔵寺 (アクセス・御朱印・駐車場・・・)備考】

【金蔵寺 おすすめ散策ルート】
金蔵寺からのおすすめ散策ルートは最寄りのバス停・南春日町まで散策するルートです。金蔵寺は市街地からかなり離れ、周辺にも観光スポットが多くない為、次の観光スポットに向かい、その周辺を散策した方がいいかもしれません。京都観光・旅行では時間を有効的に使うことが重要です。

関連記事

京都観光 イベント・行事

  1. 青葉まつり

    2019年6月のイベント

  2. 祇園祭

    祇園祭2019日程

スポンサーリンク

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 貴船祭
  2. 信長忌
  3. 祇園放生会
  4. 蛍火の茶会
  5. 田植祭
  6. 青葉まつり
  7. 竹伐り会式

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 竹林の道
    竹林の道アクセスでは渡月橋から北に伸び、天龍寺前を通る府道29号線を天龍寺方面から北側の清凉寺(嵯峨…
  2. 嵐山
    嵐山アクセスでは京都駅からJR嵯峨野線(JR山陰本線)を利用して嵯峨嵐山駅で降りるのが一般的です。ち…
ページ上部へ戻る