正法寺

正法寺

正法寺(アクセス・見どころ・拝観料金・・・)情報を紹介しています。(2014年末から未更新の場合あり)正法寺の境内には200トンもの巨岩が全国各地から集められ、「石の寺」と言われています。なお庭園・宝生苑は宝生殿の畳に座って眺めると庭石が鳥や兎などの15種類の動物に似ている為、「鳥獣の石庭」と言われています。

【正法寺 アクセス・マップ地図】
場所・・・京都府京都市西京区大原野南春日町1102
最寄り駅・バス停・・・南春日町(徒歩約10分)

阪急バスのアクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*阪急電鉄京都本線・東向日駅からは南春日町行き
*JR・向日町駅からは南春日町行き
阪急バス・アクセスダイヤ

【正法寺 拝観時間・時間(要確認)】
9:00~17:00
年中無休

【正法寺 拝観料金・料金(要確認)】
大人300円、小人100円

スポンサーリンク


【正法寺 歴史・簡単概要】
正法寺(しょうぼうじ)・石の寺は754年(天平勝宝6年)に唐(中国)から日本に渡来した律宗の開祖である奈良・唐招提寺(とうしょうだいじ)の鑑真和上(かんじんわじょう)の高弟・智威大徳(ちいだいとく)が隠世(かくりよ)し、春日禅房と称したのが起源と言われています。その後延暦年間(782年~806年)に天台宗の宗祖である伝教大師(でんぎょうだいし)・最澄が寺院を建立して大原寺と称し、弘仁年間(810年~824年)には真言宗の宗祖である弘法大師・空海が入寺し、厄除けの為に自ら本尊・三面千手観世音菩薩立像を刻んだとも言われています。応仁の乱(1467年(応仁元年)~1477年(文明9年))の兵火によって焼失し、1615年(元和元年)に恵雲律師・徴円律師によって再興されました。元禄年間(1688年~1704年)に江戸幕府5代将軍・徳川綱吉の母・桂昌院(けいしょういん)の帰依を受けて、徳川家の祈願所になりました。なお正法寺は古くから西山のお大師さまとして信仰されています。
正法寺は真言宗東寺派の寺院です。
*参考・・・正法寺(アクセス・歴史・・・)ホームページ正法寺(アクセス・歴史・・・)wikipedia

【正法寺 見どころ・文化財(非公開の場合あり)】
正法寺の見どころは「鳥獣の石庭」です。15種類の動物を見つけるのもいいかもしれません。

重要文化財・・・木造千手観音立像

【正法寺 連絡先(現在確認中)】*電話は控えて下さい。迷惑になります。
電話番号・・・+81-75-331-0105

【正法寺 (アクセス・御朱印・駐車場・・・)備考】

【正法寺 おすすめ散策ルート】
正法寺からのおすすめ散策ルートは大原野神社を経由し、櫟本神社に勝持寺に向かうルートです。20分ほど散策すれば、大原野の自然を感じながら勝持寺に行くことができ、京都観光・旅行を楽しむことができます。なお正法寺周辺には勝持寺(花の寺)・願徳寺などがあるが、結構距離があります。その為次の観光スポットに向かい、その周辺を散策するのがいいかもしれません。

関連記事

京都観光 イベント・行事

  1. 鈴虫寺大根焚き

    2018年12月のイベント

    京都市内などで2018年12月に行われる寺社などのイベント・行事です。イベント・行事を見たり、参加し…
  2. 伏見稲荷大社初詣

    京都初詣ランキング

    京都初詣ランキングは初詣の人出・イベントなどからランキングしたものです。初詣ランキングの中には日本人…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 了徳寺大根焚・報恩講
    大根焚き(大根だき)は京都の冬の風物詩です。大根焚きは毎年12月から行われています。ただ実施する寺院…
  2. 知恩院試し撞き
    試し撞き2018は京都の冬の風物詩です。試し撞きは毎年12月下旬に行われています。試し撞きは大晦日の…
  3. かぼちゃ供養
    かぼちゃ供養2018は京都の冬の風物詩です。かぼちゃ供養は毎年12月23日に行われています。かぼちゃ…
  4. 南瓜大師供養
    南瓜大師供養は京都の冬の風物詩です。南瓜大師供養は毎年12月の冬至の日に行われています。南瓜大師供養…
  5. 弘法市
    終い弘法は京都の師走の風物詩です。終い弘法は毎年12月21日に行われています。終い弘法では新巻鮭・数…

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 錦市場
    錦市場アクセスでは四条通が目印です。錦市場がある錦小路通は四条通の北側約100メートルを四条通と並行…
  2. 竹林の道
    竹林の道アクセスでは渡月橋から北に伸び、天龍寺前を通る府道29号線を天龍寺方面から北側の清凉寺(嵯峨…
  3. 嵐山
    嵐山アクセスでは京都駅からJR嵯峨野線(JR山陰本線)を利用して嵯峨嵐山駅で降りるのが一般的です。ち…
ページ上部へ戻る