みやこめっせ(アクセス・見どころ・概要・・・)

みやこめっせ

みやこめっせ

みやこめっせ(アクセス・見どころ・歴史・拝観料金など・・・)情報を紹介しています。みやこめっせは京都市勧業館(きょうとしかんぎょうかん)の愛称です。みやこめっせの愛称は平安京遷都1200年記念事業として公募され、2,685点の応募の中から選ばれました。

【みやこめっせ アクセス・マップ地図】
場所・・・京都府京都市左京区岡崎成勝寺町9番地の1
最寄り駅・バス停・・・岡崎公園 ロームシアター京都・みやこめっせ前(徒歩すぐ)、岡崎公園 美術館・平安神宮前(徒歩約3分)

市バスのアクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*京都駅からみやこめっせは5系統(A1乗り場)、100系統(D1乗り場)
*四条河原町からは5系統
*四条烏丸からは5系統
京都市バス・アクセスダイヤ京都バス・鉄道乗換案内システム「歩くまち京都」

*京阪電鉄鴨東線の場合、最寄り駅は神宮丸太町駅(徒歩約15分)
*地下鉄東西線の場合、最寄り駅は東山駅(徒歩約10分)

【みやこめっせ 拝観時間・時間(要確認)】
イベントにより異なります。

【みやこめっせ 拝観料金・料金(要確認)】2019年10月から改定の場合あり
イベントにより異なります。

スポンサーリンク


【みやこめっせ 歴史・簡単概要】
みやこめっせは正式には京都市勧業館(きょうとしかんぎょうかん)と言います。みやこめっせは(株)京都産業振興センターが管理するイベント会場です。みやこめっせは1996年(平成8年)に平安京遷都1200年記念事業として建設されました。みやこめっせには常設展示スペース・イベント会場・会議室などがあります。イベント会場は大・小合わせて4つあり、分割すると9つにもなるそうです。またみやこめっせには自動車100台以上を収容できる搬出入エリアと4トンまで対応できる搬出入用エレベーター4台もあります。
*参考・・・みやこめっせ(アクセス・歴史・見どころ・・・)ホームページみやこめっせ(アクセス・歴史・見どころ・・・)wikipedia

【みやこめっせ 見どころ・文化財(非公開の場合あり)】
みやこめっせの見どころは開催されるイベントです。また地下1階・京都伝統産業ふれあい館で行われる舞妓舞台も見どころです。ちなみに舞妓舞台は予約不要・観覧無料・座席自由で行われます。(舞妓舞台は2019年(平成31年)3月31日をもって一旦終了しました。)

【みやこめっせ 連絡先(現在確認中)】*電話は控えて下さい。迷惑になります。
電話番号・・・+81-75-762-2630

【みやこめっせ 備考(アクセス・・・)】

【みやこめっせ おすすめ散策ルート】
みやこめっせからのおすすめ散策ルートは岡崎疏水沿いに琵琶湖疏水記念館を経由し、南禅寺に向かうルートです。ルートの周辺には岡崎疏水と同じく、桜の名所であるインクラインもあり、春に散策すれば、京都観光・旅行を楽しむことができます。なおみやこめっせ近くには京都市美術館・京都国立近代美術館もあり、そちらの美術品も鑑賞するのもいいかもしれません。

関連記事

京都観光おすすめ

  1. 錦市場
  2. 竹林の道
  3. 嵐山
ページ上部へ戻る