清凉寺見どころ-修学旅行・観光のポイント

清凉寺見どころ

清凉寺見どころ簡単解説

清凉寺見どころを解説しています。修学旅行・観光に役立つ簡単まとめを提供。清凉寺で見逃せない本堂と釈迦如来像・仁王門・多宝塔・狂言堂などを解説しています。清凉寺有数の見どころである本堂は1701年(元禄14年)に再建され、三国伝来の本尊・釈迦如来像(国宝)を安置しています。(清凉寺見どころ下記参照)

【清凉寺 歴史・簡単解説】
清凉寺(せいりょうじ)とは嵯峨天皇の皇子である左大臣・源融(みなもとのとおる)の山荘・棲霞観(せいかかん)があった場所です。源融の没後に弥陀三尊像を造立して安置し、棲霞寺(せいかじ)と号したのが起源とも、945年(天慶8年)重明親王妃が新堂を建てて等身大の釈迦像を安置したのが起源とも言われています。987年(永延元年)奝然上人(ちょうねんしょうにん)が愛宕山を中国の五台山に模し、「三国伝来の釈迦像」を安置する寺を建立しようとしたが亡くなり、弟子・盛算(じょうさん)が師の遺志を継いぎ、棲霞寺内に釈迦堂を建立しました。
清凉寺・嵯峨釈迦堂(アクセス・・・)基本情報

スポンサーリンク

【清凉寺 本堂・見どころ解説】★★★修学旅行
見逃せない本堂(釈迦堂)は京都府指定文化財です。本堂は和様と禅宗様の折衷の建物です。本堂には隠元禅師筆による額「栴檀瑞像(せんだんずいぞう)」が掛かっています。内内陣の宮殿厨子は江戸幕府5代将軍・徳川綱吉(とくがわつなよし)と生母・桂昌院(けいしょういん)が寄進しました。本堂は1637年(寛永14年)の嵯峨大火によって焼失し、1701年(元禄14年)に桂昌院の発願と大坂の豪商・住友吉左衛門(すみともきちざえもん)の援助によって再建されました。なお本堂は本瓦葺の入母屋造です。
(清凉寺 本堂・ポイントまとめ)
●本堂には三国伝来の本尊・釈迦如来像(国宝)を安置し、釈迦堂とも言われています。
●本堂には本尊・釈迦如来像以外にも鎌倉時代に造られた地蔵菩薩立像(重要文化財)も安置しています。
清凉寺本堂見どころ(歴史概略・・・)

【清凉寺 仁王門・見どころ解説】★★★修学旅行
見逃せない仁王門(山門)は京都府指定文化財です。仁王門は総ケヤキ造です。仁王門は和様と禅宗様の折衷の二重門(二階建て)です。仁王門は1784年(天明4年)に再建されました。なお仁王門は本瓦葺の入母屋造です。
(清凉寺 仁王門・ポイントまとめ)
●仁王門の初層(一階)には室町時代の阿吽の仁王像、上層(二階)には十六羅漢像を安置しています。
清凉寺仁王門見どころ(歴史概略・・・)

【清凉寺 多宝塔・見どころ解説】★★★修学旅行
見逃せない多宝塔は京都府指定文化財です。多宝塔は1700年(元禄13年)に護国寺・釈迦如来像の出開帳の際に寄進によって江戸で建立され、その後1703年(元禄16年)に船で部材が運ばれて山内に建立されました。なお多宝塔は下層が本瓦葺、上層が本瓦型の銅瓦葺です。
(清凉寺 多宝塔・ポイントまとめ)
●多宝塔は尾垂木を竜頭にした江戸風になっています。
清凉寺多宝塔見どころ(歴史概略・・・)

【清凉寺 阿弥陀堂・見どころ解説】★修学旅行
阿弥陀堂は本堂の東にあります。阿弥陀堂は旧棲霞寺(せいかじ)の起源とも言われています。また阿弥陀堂にはかつて阿弥陀三尊坐像を安置していました。阿弥陀堂は1863年(文久3年)に再建されたとも言われています。なお阿弥陀堂は本瓦葺の入母屋造です。
(清凉寺 阿弥陀堂・ポイントまとめ)
●阿弥陀堂の前には雪のような八重の白梅があります。
●阿弥陀如来像は「光源氏移し顔」とも言われています。

【清凉寺 大方丈・見どころ解説】
大方丈は1637(寛永14年)に焼失し、享保年間(1716年~1736年)に再建されたと言われています。かつての大方丈は江戸幕府初代将軍・徳川家康の娘・一照院の位牌所として、家康と生母・おちかが寄進して建立されたと言われています。

【清凉寺 弁天堂・見どころ解説】
弁天堂(摩尼殿)は本堂の後にある池に面しています。弁天堂は江戸時代後期に建立されたとも言われています。なお弁天堂は軒唐破風付の宝形造です。

【清凉寺 一切経蔵・見どころ解説】
一切経蔵(輪蔵)には唐紙製の明板本(みょうばんぼん)5408巻が収められています。一切経蔵は江戸時代中期に建立されたと言われています。
(清凉寺 一切経蔵・ポイントまとめ)
●一切経蔵は傳大士(ふだいし)・笑仏を祀っています。

【清凉寺 鐘楼・見どころ解説】
鐘楼には1484年(文明16年)に鋳造された梵鐘(京都府指定文化財)を釣っています。鐘楼は江戸時代に建立されました。なお梵鐘は嵯峨八景・嵯峨十景に数えられ、清凉晩鐘・五台晨鐘とも言われました。

【清凉寺 狂言堂・見どころ解説】★修学旅行
狂言堂は境内の西にあります。狂言堂では嵯峨大念仏狂言保存会による嵯峨大念仏狂言(国の重要無形民俗文化財)が演じられます。なお嵯峨大念仏狂言は壬生狂言と同じく、円覚上人が始めたと言われています。

【清凉寺 聖徳太子殿・見どころ解説】
聖徳太子殿(しょうとくたいしでん)は多宝等の西にあります。聖徳太子殿はは奈良・法隆寺(ほうりゅうじ)の夢殿(国宝)を模して建立されました。ちなみに夢殿は739年(天平11年)に行信僧都(ぎょうしんそうず)が聖徳太子を偲び、聖徳太子一族の住居であった斑鳩宮(いかるがのみや)の旧地に建立した言われています。

【清凉寺 庭園・見どころ解説】★★修学旅行
見逃せない庭園は方丈の前にあります。庭園は枯山水式庭園です。庭園は小堀遠州(こぼりえんしゅう)が作庭したと言われています。なお庭園は紅葉の名所とも言われています。

【清凉寺 豊臣秀頼首塚・見どころ解説】★修学旅行
豊臣秀頼首塚は1983年(昭和58年)に造られました。なお1980年(昭和55年)の大坂城三ノ丸跡の発掘調査により、3人の頭蓋骨などが発見されました。頭蓋骨のひとつは20代の男性で、介錯された傷や左耳の障害などから秀頼と推測され、ゆかりのある嵯峨釈迦堂に移されました。
(清凉寺 豊臣秀頼首塚・ポイントまとめ)
●豊臣秀頼首塚に関係する秀頼は母・淀殿とともに山里曲輪で自害したと言われています。

【清凉寺 桜・紅葉・見どころ解説】
桜・紅葉の名所です。境内に染井吉野・枝垂桜などの桜の木が植えられ、例年4月上旬頃から中旬頃に見ごろを迎えます。境内にモミジなどが分布し、例年11月下旬頃から12月上旬頃に見ごろを迎えます。
清凉寺桜見ごろ清凉寺紅葉見ごろ

【清凉寺 霊宝館・見どころ解説】
霊宝館は文化財を収蔵・展示しています。霊宝館では旧棲霞寺(せいかじ)の本尊・阿弥陀三尊像なども収蔵・展示しています。霊宝館は4月・5月・10月・11月に特別公開されます。

【清凉寺 お松明式・見どころ解説】
お釈迦様が80歳で入滅したとされる毎年3月15日にお松明式(おたいまつしき)が行われます。お松明式はお釈迦様が荼毘に付される様子を再現した行事で、京都の最古の行事のひとつとも言われています。お松明式では高さ7メートルの3本の松明を早稲・中稲・晩稲に見立てて、その火勢の強弱によってその年の農作物の豊凶を占います。
(清凉寺 お松明式・ポイントまとめ)
●お松明式は8月16日の五山送り火・10月の由岐神社の祭礼・鞍馬の火祭とともに京都三大火祭に数えられています。
清凉寺お松明式

【清凉寺 嵯峨大念仏狂言・見どころ解説】
毎年3月15日・4月・10月に嵯峨大念仏狂言(さがだいねんぶつきょうげん)が行われます。嵯峨大念仏狂言は国の重要無形民俗文化財です。嵯峨大念仏狂言は壬生狂言と同じく、鎌倉時代末期に円覚上人が始めたと言われています。
(清凉寺 嵯峨大念仏狂言・ポイントまとめ)
●嵯峨大念仏狂言は千本ゑんま堂(引接寺)のゑんま堂大念仏狂言と壬生寺の壬生狂言とともに京の三大狂言に数えられています。
清凉寺嵯峨大念仏狂言

【清凉寺 夕霧祭・見どころ解説】
毎年11月の第2日曜日に夕霧祭(ゆうぎりさい)が行われます。夕霧祭(夕霧供養)は大阪の名妓・夕霧太夫(ゆうぎりたゆう)の追善法要です。夕霧祭では京都・島原の太夫による舞が奉納され、道中も行われます。(要確認)なお嵯峨釈迦堂には夕霧太夫の墓があります。
清凉寺夕霧祭

【清凉寺見どころ 備考(参考リンク)】
*参考・・・京都清凉寺・嵯峨釈迦堂(アクセス・見どころ・・・)ホームページ京都清凉寺・嵯峨釈迦堂(アクセス・見どころ・・・)wikipedia

関連記事

京都観光おすすめ

  1. 錦市場
  2. 竹林の道
  3. 嵐山
ページ上部へ戻る