紫水ヶ丘公園(アクセス・マップ・見どころ・・・)

紫水ヶ丘公園

紫水ヶ丘公園(アクセス・見どころ・拝観料金・・・)情報を紹介しています。紫水ヶ丘公園から眼下に望むことができる由良川は京都府の南丹市・京丹波町・綾部市・福知山市・舞鶴市・宮津市、兵庫県の丹波篠山市・丹波市を流れ、若狭湾に注いでいます。流域には国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されている美山かやぶきの里があります。

【紫水ヶ丘公園 アクセス・マップ】
場所・・・京都府綾部市味方町
最寄り駅・バス停・・・紫水ケ丘公園前(徒歩すぐ)

アクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*JR綾部駅からあやバス・紫水ケ丘京綾部ホテル線
路線・時刻表・運賃チェック

【紫水ヶ丘公園 拝観時間・時間(要確認)】
自由

【紫水ヶ丘公園 拝観料金・料金(要確認)】
無料

スポンサーリンク

【紫水ヶ丘公園 歴史・簡単概要】
紫水ヶ丘公園(しすいがおかこうえん)は京都府・滋賀県・福井県の境にある標高約775.9メートルの三国岳(みくにだけ)を源とする一級河川・由良川(ゆらがわ)東岸(右岸)で、市街地東側にある標高約100メートルの小高い丘に整備された公園です。紫水ヶ丘公園は由良川対岸にある藤山公園と相対しています。紫水ヶ丘公園の名称は地形的に恵まれた山紫水明(さんしすいめい)の地というところから名付けられました。紫水ヶ丘公園には小さな子供向けの遊具が設置されたなかよしパーク・高学年の子供向けの少し難しい遊具が設置されたチャレンジパーク・眼下に由良川が流れ、綾部市市街地を一望することができるみはらしの丘・1952年(昭和27年)に市民の浄財で建立された平和塔・市制記念碑・水の記憶の碑・村上国吉翁胸像・広々とした原っぱの散歩コースである散策広場・面積約3,600平方メートルの多目的グラウンドである交流広場・面積約1,100平方メートルの運動広場・奥ノ谷池のほとりを散歩できるみずべの散歩道・いかるの森・さくら広場・いこいの広場・つつじの森などがあります。紫水ヶ丘公園にはいかるの森付近に約200本の河津桜やツツジなどが植えられています。
*参考・・・紫水ヶ丘公園(アクセス・歴史・見どころ・・・)

【紫水ヶ丘公園 見どころ・文化財】
紫水ヶ丘公園の見どころはいかるの森付近に植えられた約200本の河津桜です。またみはらしの丘からの眺望も見どころです。更に例年11月中旬頃に見ごろを迎える紅葉も見どころです。

*京都には多くの紅葉名所があり、その紅葉見ごろを下記リンクから確認できます。
京都紅葉見ごろ2021

【紫水ヶ丘公園 連絡先(要確認)】
電話番号・・・0773-42-9550(綾部市観光協会)

【紫水ヶ丘公園 備考(アクセス・御朱印・駐車場・・・)】

【紫水ヶ丘公園 おすすめ散策ルート】
紫水ヶ丘公園からのおすすめ散策ルートは由良川対岸にある熊野新宮神社(綾部えびす)を散策することです。20分ほど散策すると熊野新宮神社に行くことができ、京都観光・旅行を楽しむことができます。なお紫水ヶ丘公園周辺にはあまり観光スポットが多くない為、次の観光スポットに向かい、その周辺を散策するのもいいかもしれません。

関連記事

京都観光おすすめ

  1. 錦市場
  2. 竹林の道
  3. 嵐山
ページ上部へ戻る