丹後王国「食のみやこ」(アクセス・マップ・・・)

丹後王国「食のみやこ」

丹後王国「食のみやこ」(アクセス・見どころ・歴史概要・料金・・・)情報を紹介しています。丹後王国「食のみやこ」にある小さな動物園ではヒツジ・ヤギ・リクガメと触れ合うことができます。また小さな動物園では餌やり体験(有料)もできます。収穫体験農園では10月頃にサツマイモ収穫体験ができます。

【丹後王国「食のみやこ」 アクセス・マップ】
場所・・・京都府京丹後市弥栄町鳥取123
最寄り駅・バス停・・・丹後王国「食のみやこ」(徒歩すぐ)

アクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*WILLER TRAINS(京都丹後鉄道)宮津線網野駅から丹海バス・弥栄病院前行き

*WILLER TRAINS(京都丹後鉄道)宮津線峰山駅(車約10分)
路線・時刻表・運賃チェック

【丹後王国「食のみやこ」 拝観時間・時間(要確認)】
9:00~17:00(平日)
9:00~21:00(土曜日・日曜日・祝日)17:00以降はレストランのみ営業
火曜日(祝日の場合、開園)は休園

【丹後王国「食のみやこ」 拝観料金・料金(要確認)】
入場料無料

スポンサーリンク

【丹後王国「食のみやこ」 歴史・簡単概要】
丹後王国「食のみやこ」(たんごおうこく「しょくのみやこ」)は京都府京丹後市弥栄町鳥取にあります。丹後王国「食のみやこ」は京都府京丹後市から京都府与謝郡与謝野町に至る京都府道53号網野岩滝線(あみのいわたきせん)西側にあります。東側には広域農道(王国の道)が通っています。丹後王国「食のみやこ」は2015年(平成27年)4月19日に京都府が体験型農業公園であった「あじわいの郷」をリニューアルし、農林漁業分野での6次産業化と食産業に係る人材育成の4次産業化を合わせた10次産業の拠点としてオープンさせました。丹後王国「食のみやこ」は面積が甲子園球場の約8個分もある西日本最大級の道の駅で、ホテルに宿泊することもできます。丹後王国「食のみやこ」には収穫体験農園・収穫体験果樹園・森の散策路(トレッキングコース)・あじさい園・小さな動物園・芝生広場・木製アスレチック広場・芝すべり・静の夢舞台(情報交流センター)・ホテル丹後王国・王国シアター・丹後匠庵(たんごたくみあん)・乙姫玉手箱・タピオカエイト・ミルク工房そら・918 (クイヤ)・campanio・トン’s キッチン・山と海 with 日本海牧場・七姫殿(しちひめでん)・ふくちゃんのコロッケ屋・駐車場などがあります。なお丹後王国「食のみやこ」では丹後王国内醸造の丹後クラフトビール・自家製ソーセージ・丹後王国ワインなどのお土産物が揃っていたり、丹後の食材を使ったレストランなどがあったりします。
*参考・・・丹後王国「食のみやこ」(アクセス・マップ・歴史・見どころ・・・)

【丹後王国「食のみやこ」 見どころ・文化財(非公開の場合あり)】
丹後王国「食のみやこ」の見どころは桜です。桜は開園時に150本が植えられました。

*京都には多くの桜名所があり、その桜見ごろを下記リンクから確認できます。
京都桜見ごろ2023

【丹後王国「食のみやこ」 連絡先(現在確認中)】*電話は控えて下さい。迷惑になります。
電話番号・・・0772-66-3081(丹後王国「食のみやこ」)

【丹後王国「食のみやこ」 (アクセス・御朱印・駐車場・・・)備考】

【丹後王国「食のみやこ」 おすすめ散策ルート】
丹後王国「食のみやこ」からのおすすめ散策ルートは少し距離があるが、北側の丹後王国フルーツガーデンに向かうルートです。20分ほど散策すれば、丹後王国フルーツガーデンに行くことができ、京都観光・旅行を楽しむことができます。なお丹後王国「食のみやこ」には芝生広場・小さな動物園などがあり、それらを散策するのもいいかもしれません。

関連記事

京都観光おすすめ

  1. 錦市場
  2. 竹林の道
  3. 嵐山
ページ上部へ戻る