天神川(アクセス・見どころ・歴史・・・)・桜名所

天神川

天神川

天神川(アクセス・見どころ・歴史概要・・・)情報を紹介しています。(2014年末から未更新の場合あり)天神川の内、三条通付近から西京極橋付近までの左岸の堤防沿いには染井吉野の桜並木が約2キロ続き、桜の穴場(名所)として知られています。なお桜は例年4月上旬頃に見ごろを迎えます。

【天神川 アクセス・マップ地図】
場所・・・京都府京都市
最寄り駅・バス停・・・京都外大前(徒歩すぐ)

市バスのアクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*京都駅から天神川は28系統(D3乗り場)
*四条河原町から3系統
*四条烏丸から3系統、8系統、32系統
京都市バス・アクセスダイヤ京都バス・鉄道乗換案内システム「歩くまち京都」

*地下鉄東西線の場合、最寄り駅は太秦天神川駅(徒歩約8分)
*嵐電(京福電鉄)北野線の場合、最寄り駅は嵐電天神川駅(徒歩約7分)
*阪急京都本線の場合、最寄り駅は西京極駅(徒歩すぐ)

【天神川 拝観時間・時間(要確認)】
自由

【天神川 拝観料金・料金(要確認)】2019年10月から改定の場合あり
無料

スポンサーリンク


【天神川 歴史・簡単概要】
天神川(てんじんがわ)は京都市内(右京区・北区・上京区・中京区・南区)を流れる淀川水系の一級河川(延長約13キロ)です。天神川は右京区鳴滝にある標高約515メートルの沢山を源とし、鷹峯・衣笠・北野を流れ、名称の由来となっている北野天満宮(天神さん)の西側を流れ、西大路通と並行して流れた最後は桂川に合流します。なお天神川は江戸時代まで紙屋川(かみやがわ)と言われていたこともあり、現在も天神川の上流は紙屋川とも言われています。また天神川はかつて西堀河(にしほりかわ)・柏川(かえがわ)とも言われていました。西堀河の名称は朱雀大路(現在の千本通)を挟んで東側に流れていた堀川に由来し、柏川の名称は柏野(かえの)を流れていることに由来します。
*参考・・・天神川(アクセス・歴史・見どころ・・・)wikipedia

【天神川 見どころ・文化財(非公開の場合あり)】
天神川の見どころは左岸の堤防沿いに約2キロ続く桜並木です。天神川の上には歩道橋が掛かる場所もあり、そこから桜を眺めるのもいいかもしれません。

【天神川 連絡先(現在確認中)】*電話は控えて下さい。迷惑になります。
電話番号・・・なし

【天神川 (アクセス・御朱印・駐車場・・・)備考】

【天神川 おすすめ散策ルート】
天神川からのおすすめ散策ルートは天神川を北から南、あるいは南から北に向かうルートです。40分ほど散策すれば、約2キロの桜並木をたっぷり花見することができ、京都観光・旅行を楽しむことができます。ただ桜並木は道幅が狭かったり、桜の木の枝が低かったりする場所もある為、気を付けて散策した方がいいかも知れません。

関連記事

京都観光 イベント・行事

  1. 永観堂紅葉ライトアップ

    2019年11月のイベント(紅葉ライトアップ・火焚祭・・・・)

  2. 嵐山紅葉

    京都紅葉見ごろ2019(嵐山・東福寺・・・)

  3. 清水寺紅葉ライトアップ

    京都紅葉ライトアップ2019(清水寺・永観堂・・・)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 京都霊山護国神社
  2. 伴緒社祭
  3. 身代不動尊採燈大護摩供
  4. 恵美須神社火焚祭
  5. 城南宮火焚祭

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 錦市場
  2. 竹林の道
  3. 嵐山
ページ上部へ戻る