八瀬天満宮社(アクセス・見どころ・概要・・・)

八瀬天満宮社

八瀬天満宮社(アクセス・見どころ・歴史概要・・・)情報を紹介しています。(2014年末から未更新の場合あり)八瀬天満宮社の祭神・菅原道真は右大臣になるが、901年(延喜元年)左大臣・藤原時平の讒言(告げ口)によって太宰府に左遷され、903年(延喜3年)に亡くなりました。なお菅原道真の死後、悪疫が続き、道真の怨霊の仕業と恐れられました。

【八瀬天満宮社 アクセス・マップ地図】
場所・・・京都府京都市左京区八瀬秋元町
最寄り駅・バス停・・・ふるさと前(徒歩約12分)

京都バスのアクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*京都駅から八瀬天満宮社は17系統(C3乗り場)、18系統(C3乗り場)
*四条河原町・三条京阪からは17系統
*四条烏丸からは17系統
京都バス・アクセスダイヤ

【八瀬天満宮社 拝観時間・時間(要確認)】
自由

【八瀬天満宮社 拝観料金・料金(要確認)】2019年10月から改定の場合あり
無料

スポンサーリンク


【八瀬天満宮社 歴史・簡単概要】
八瀬天満宮社(やせてんまんぐうしゃ)・天満宮社は比叡山・法性坊(ほっしょうぼう)の阿闍梨で、菅原道真(すがわらのみちざね)の師である尊意(そんい)が菅原道真を祀ったのが起源と言われています。その後1714年(正徳4年)に摂社・秋元神社(あきもとじんじゃ)を造営しました。秋元神社は宝永年間に比叡山と八瀬との境界争いが起こり、八瀬側に立って解決した老中・秋元但馬守喬知の霊を祀ったのが起源と言われています。なお尊意は876年(貞観18年)11歳で仏道を志して栂尾寺・賢一に学び、879年(正平2年)比叡山に昇って天台寺門宗の宗祖・円珍(えんちん)に菩薩戒を受け、926年(延長4年)に天台座主になりました。

【八瀬天満宮社 見どころ・文化財(非公開の場合あり)】
八瀬天満宮社の見どころは参道脇の「弁慶背較石(弁慶石)」です。「弁慶背較石」は弁慶が背較べをしたとも、比叡山から運んできたも言われています。

【八瀬天満宮社 連絡先(現在確認中)】*電話は控えて下さい。迷惑になります。
電話番号・・・不明

【八瀬天満宮社 (アクセス・御朱印・駐車場・・・)備考】

【八瀬天満宮社 おすすめ散策ルート】
八瀬天満宮社からのおすすめ散策ルートは秋元神社を経由し、高野川を渡って、興元寺に向かうルートです。20分ほど散策すれば、八瀬の自然を感じながら興元寺に行くことができ、京都観光・旅行を楽しむことができます。なお八瀬天満宮社は市街地からかなり離れ、周辺にはあまり観光スポットがない為、次の観光スポットに向かい、その周辺を散策した方がいいかもしれません。

関連記事

京都観光 イベント・行事

  1. 永観堂紅葉ライトアップ

    2019年11月のイベント(紅葉ライトアップ・火焚祭・・・・)

  2. 嵐山紅葉

    京都紅葉見ごろ2019(嵐山・東福寺・・・)

  3. 清水寺紅葉ライトアップ

    京都紅葉ライトアップ2019(清水寺・永観堂・・・)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 聖徳太子御火焚祭
  2. 白峯神宮御火焚祭
  3. 御茶壺奉献祭・口切式
  4. 天神市
  5. 了徳寺大根焚・報恩講

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 錦市場
  2. 竹林の道
  3. 嵐山
ページ上部へ戻る