京都御所通年公開

京都御所一般公開

通年公開(一般公開)(日程・時間・・・)を紹介しています。京都御所では事前申込による通年参観や毎年秋季・春季に各5日間の一般公開が行われていたが、2016年7月26日から通年公開されることに決まりました。通年公開では土曜日・日曜日・祝日を含め、一年を通して申込手続が不要になりました。(詳細下記参照)

【通年公開(一般公開) 日程時間(要確認)】
通年公開(一般公開)は2016年7月26日(火曜日)から行われています。ただ月曜日(月曜日が祝日の場合は翌日)・年末年始(12月28日~1月4日)・行事などが行われる場合、通年公開は行われません。
通年公開の時間は9:00~17:00(受付16:20終了)です。なお秋・冬は閉門時間を繰上げられる予定です。(要確認)

【通年公開(一般公開)・京都御所 アクセス・マップ地図】
場所・・・京都府京都市上京区
最寄り駅・バス停・・・今出川駅(徒歩約5分)

アクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*京都駅からは地下鉄烏丸線
地下鉄・アクセスダイヤ

スポンサーリンク


【通年公開(一般公開) 歴史・簡単概要】
京都御所通年公開(つうねんこうかい)は2016年7月26日から行われています。通年公開では申込手続が不要になり、誰でも自由に入場することができます。ただ入場の際には手荷物検査が行われます。通年公開では清所門(せいしょもん)から入場します。なお希望者には日本語及び英語でのガイドツアー(無料)も行われます。
京都御所には次のような建物などがあります。
諸大夫の間(しょだいぶのま)は身分別に分かれ、公卿の間は参議以上の公家が使用しました。
紫宸殿(ししんでん)は内裏の正殿で、天皇の即位などの公的な最重要儀式が行われました。
清涼殿(せいりょうでん)は平安時代には天皇が居住しました。
小御所(こごしょ)は皇太子の元服などの儀式に使われました。
御学問所(おがくもんじょ)は御講書始などの行事や遊興の場に使われました。
御常御殿(おつねごてん)は天皇が居住しました。
御三間(おみま)は涅槃会(ねはんえ)・盂蘭盆(うらぼん)などの行事が行われました。
京都御所見どころ京都御所見所ランキング

【京都御所 歴史・簡単概要】
京都御所(きょうとごしょ)は794年(延暦13年)の第50代・桓武天皇による平安京遷都の際、内裏に代わる臨時の里内裏・土御門東洞院殿(つちみかどひがしのとういんどの)があった場所です。ちなみに平安京遷都時の内裏は現在の京都御所から西約1.7キロの千本通(平安京の朱雀大路)沿いにあったが、失火や政変による火災によって度々焼失し、1227年(安貞元年)の火災ではほぼ焼失したと言われ、その後再建されることはありませんでした。その後南北朝時代に第96代・後醍醐天皇が京都を逃れ、光厳天皇が北朝初代天皇になると土御門東洞院殿は北朝の内裏に定着し、1392年(明徳3年)の南北朝の合一以後は正式な御所になりました。室町地代に室町幕府3代将軍・足利義満が敷地を拡大し、織田信長や関白・豊臣秀吉が整備しました。しかしその後度々焼失し、その都度再建されたり、建て替えられたりし、1855年(安政2年)に現在の内裏が再建されました。なお明治維新後の東京遷都により、京都御所は京都皇宮(きょうとこうぐう)と言われるようになりました。
京都御所は京都府京都市上京区にある皇室関連施設です。
*参考・・・京都御所(アクセス・歴史・見どころ・・・)ホームページ京都御所(アクセス・歴史・見どころ・・・)wikipedia

【通年公開(一般公開) 備考】
*イベントの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者に確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。イベントの内容などが変更になっている場合もあります。
京都御所(アクセス・見どころ・・・)情報

関連記事

スポンサーリンク

イベント・行事

  1. 永観堂紅葉ライトアップ

    2019年11月のイベント(紅葉ライトアップ・火焚祭・・・・)

  2. 嵐山紅葉

    京都紅葉見ごろ2019(嵐山・東福寺・・・)

  3. 清水寺紅葉ライトアップ

    京都紅葉ライトアップ2019(清水寺・永観堂・・・)

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る