阿弥陀寺(アクセス・見どころ・歴史・・・)

阿弥陀寺

阿弥陀寺(アクセス・見どころ・歴史概要・・・)情報を紹介しています。(2014年末から未更新の場合あり)阿弥陀寺では毎年8月に嵯峨野六斎念仏保存会により、六斎念仏(ろくさいねんぶつ)が奉納されます。六斎念仏は鉦や太鼓ではやし、念仏を唱えながら踊る民間信仰で、娯楽要素の強い六斎念仏は芸能六斎と言われています。ちなみに嵯峨野六斎念仏保存会は芸能的六斎だそうです。

【阿弥陀寺 アクセス・マップ地図】
場所・・・京都府京都市右京区嵯峨野宮ノ元町76
最寄り駅・バス停・・・有栖川(徒歩約3分)

京都バスのアクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*京都駅から斎宮神社は72系統(C6乗り場)、73系統(C6乗り場)
*四条河原町からは61系統、62系統、63系統
京都バス・アクセスダイヤ

*嵐電(京福電鉄)嵐山本線の場合、最寄り駅は有栖川駅(徒歩約7分)

【阿弥陀寺 拝観時間・時間(要確認)】
不明

【阿弥陀寺 拝観料金・料金(要確認)】2019年10月から改定の場合あり
不明

スポンサーリンク


【阿弥陀寺 歴史・簡単概要】
阿弥陀寺(あみだじ)は起源が明確ではありません。阿弥陀寺は斎宮神社(さいぐうじんじゃ)にあった草堂が起源とも言われています。当初阿弥陀寺は神通院と称したとも言われています。その後1600年(慶長5年)に焼失し、1696年(元禄9年)に浄土宗の僧・伝誉専栄が再興し、浄土宗に改めたとも言われています。1713年(正徳3年)に現在の本堂などが建立され、1873年(明治6年)には知恩院の末寺になったとも言われています。阿弥陀寺は阿弥陀如来を本尊として安置しています。なお斎宮神社は伊勢神宮(いせじんぐう)に仕える斎王ゆかりの野宮(ののみや)が起源とも言われています。
阿弥陀寺は浄土宗の寺院です。

【阿弥陀寺 見どころ・文化財(非公開の場合あり)】
阿弥陀寺の見どころは8月下旬に行われる六斎念仏です。なお京都文殊霊場(知恵の寺めぐり)の7番札所である文殊菩薩も見どころです。

【阿弥陀寺 連絡先(現在確認中)】*電話は控えて下さい。迷惑になります。
電話番号・・・+81-75-881-2316

【阿弥陀寺 (アクセス・御朱印・駐車場・・・)備考】

【阿弥陀寺 おすすめ散策ルート】
阿弥陀寺からのおすすめ散策ルートは嵐電(京福電鉄)沿いに東に向かい、桂宮院を経由し、広隆寺に向かうルートです。30分ほど散策すれば、広隆寺に行くことができ、京都観光・旅行を楽しむことができます。なお広隆寺とは逆に西に向かうと車折神社があり、そちらを散策するのもいいかもしれません。ただ少し距離がある為、あまり無理はしない方がいいかもしれません。

関連記事

京都観光 イベント・行事

  1. 永観堂紅葉ライトアップ

    2019年11月のイベント(紅葉ライトアップ・火焚祭・・・・)

  2. 嵐山紅葉

    京都紅葉見ごろ2019(嵐山・東福寺・・・)

  3. 清水寺紅葉ライトアップ

    京都紅葉ライトアップ2019(清水寺・永観堂・・・)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 城南宮火焚祭
  2. 聖徳太子御火焚祭
  3. 白峯神宮御火焚祭
  4. 弘法市
  5. 天神市

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 錦市場
  2. 竹林の道
  3. 嵐山
ページ上部へ戻る