青谷梅林

青谷梅林

青谷梅林(アクセス・見どころ・拝観料金・・・)情報を紹介しています。(2014年末から未更新の場合あり)青谷梅林では1984年(昭和59年)から毎年梅の花が見頃を迎える2月下旬頃から3月中旬頃まで梅まつりが行われています。梅まつりでは会場に無料で自由に入園することができ、売店で梅製品や特産品などを購入することもできます。また梅まつりではイベントも行われます。(要確認)

【青谷梅林 アクセス・マップ地図】
場所・・・京都府城陽市中中山
最寄り駅・バス停・・・山城青谷駅(徒歩約20分)

アクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*JR奈良線

*近鉄京都線・新田辺駅から京都京阪バスの場合、多賀口(徒歩約25分)

【青谷梅林 拝観時間・時間(要確認)】
梅まつりの期間中・・・10:00~15:00

【青谷梅林 拝観料金・料金(要確認)】
梅まつりの期間中・・・無料

スポンサーリンク


【青谷梅林 歴史・簡単概要】
青谷梅林(あおだにばいりん)は起源が明確ではありません。青谷梅林は鎌倉時代に南朝の初代天皇で、第96代・後醍醐天皇の皇子・宗良親王(むねよししんのう)が和歌「風かよふ 綴喜の里の 梅が香を 空にへだつる 中垣ぞなき」と詠んでいることから鎌倉時代末期には既に梅林があったとも言われています。その後江戸時代に淀藩が梅の栽培を奨励し、1900年(明治33年)には青谷梅林保勝会が設立され、梅林の保護に努力したことから梅の名所となりました。青谷梅林は面積約20ヘクタールに約1万本の梅の木が植えられ、その大きさは京都府内随一とも言われているそうです。ちなみに梅の木は現在約50軒余りの農家が生産梅林として栽培し、生産量は京都府内一です。栽培された梅の実は大粒で肉ばなれがよく、梅干・梅酒・梅菓子などの梅製品に製造されているそうです。梅干用の梅の実は収穫後に塩漬けされ、8月上旬に三日三晩に渡って天日干しされ、城陽の夏の風物詩にもなっているそうです。なお城陽市は梅を1972年(昭和47年)に市の木に制定したそうです。
*参考・・・青谷梅林(アクセス・歴史・・・)青谷梅林(アクセス・歴史・・・)

【青谷梅林 見どころ・文化財(非公開の場合あり)】
青谷梅林の見どころは面積約20ヘクタールの梅林に植えられている約1万本の梅の木です。ちなみに約1万本の梅の木のほとんどは白梅です。

【青谷梅林 連絡先(現在確認中)】*電話は控えて下さい。迷惑になります。
電話番号・・・0774-56-4029(城陽市観光協会)
電話番号・・・0774-56-4019(城陽市商工観光課)

【青谷梅林 (アクセス・御朱印・駐車場・・・)備考】

【青谷梅林 おすすめ散策ルート】
青谷梅林からのおすすめ散策ルートは南西の龍福寺に向かうルートです。10分ほど散策すれば、龍福寺に行くことができ、京都観光・旅行を楽しむことができます。なお青谷梅林周辺には観光スポットがあまり多くない為、次の観光スポットに向かい、その周辺を散策した方がいいかもしれません。

関連記事

京都観光 イベント・行事

  1. 紅しだれコンサート

    2019年4月のイベント

    京都市内などで2019年4月に行われる主なイベント・行事です。イベント・行事を見たり、参加したりする…
  2. 仁和寺御室桜

    京都桜見ごろ2019

    京都桜見ごろ2019(桜時期2019)情報を紹介しています。桜見ごろは例年3月下旬頃から4月上旬頃に…
  3. 清水寺

    京都桜ライトアップ2019

    京都桜ライトアップ2019(夜間拝観)情報を紹介しています。桜ライトアップは例年桜が見ごろを迎える時…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 松尾祭神幸祭
    松尾大社松尾祭2019は京都の春の風物詩です。松尾祭は神幸祭が毎年4月20日以降の日曜日、還幸祭が毎…
  2. 稲荷祭氏子祭
    伏見稲荷大社稲荷祭2019は京都の春の風物詩です。稲荷祭は神幸祭が毎年4月20日前後の日曜日、還幸祭…
  3. 壬生狂言
    壬生寺壬生狂言2019(壬生大念仏狂言)は京都の春の風物詩です。壬生狂言は毎年4月29日から5月5日…
  4. 曲水の宴
    城南宮曲水の宴(春)2019は京都の春の風物詩です。曲水の宴(春)は毎年4月29日に行われています。…
  5. 岡崎疏水十石舟めぐり
    岡崎疏水十石舟めぐり2018は京都の春の風物詩です。十石舟めぐりは毎年春に行われています。十石舟めぐ…

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 竹林の道
    竹林の道アクセスでは渡月橋から北に伸び、天龍寺前を通る府道29号線を天龍寺方面から北側の清凉寺(嵯峨…
  2. 嵐山
    嵐山アクセスでは京都駅からJR嵯峨野線(JR山陰本線)を利用して嵯峨嵐山駅で降りるのが一般的です。ち…
ページ上部へ戻る