カテゴリー:梅名所

  • 青谷梅林

    青谷梅林

    青谷梅林では1984年(昭和59年)から毎年梅の花が見頃を迎える2月下旬頃から3月中旬頃まで梅まつりが行われています。梅まつりでは会場に無料で自由に入園することができ、売店で梅製品や特産品などを購入することもできます。また梅まつりではイベントも行われます。(要確認)
  • 梅小路公園

    梅小路公園

    梅小路公園内の朱雀の庭は平安建都1200年を記念して作庭された庭園で、秋にはライトアップイベント・紅葉まつりが11月中旬から下旬に掛けて開催され、晩秋の風物詩になっています。(要確認)
  • しょうざん庭園

    しょうざん庭園

    しょうざん庭園は洛北・鷹ケ峯三山を借景にした日本庭園で、梅・菖蒲・紅葉などの四季折々の景色が楽しめたり、京料理・京懐石・中国料理などを食べたりすることができます。なおプール・ボーリングなどのレジャー施設もあります。
  • 城南宮枝垂梅

    京都梅名所

    京都梅名所情報を紹介しています。京都には北野天満宮・梅宮大社などの梅名所とされる寺院・神社などがあります。梅名所では梅の見ごろである2月頃から3月頃に一般に公開したり、梅に因んだイベントを行ったりすることもあります。ちなみに京都御苑は無料で梅を楽しめる梅名所です。
  • 城南宮枝垂梅

    京都梅見ごろ2020

    京都梅見ごろ2020(梅見頃時期)情報を紹介しています。梅の見ごろは例年2月頃から3月頃までになります。ただ梅の見ごろは品種・地理的条件、そしてその年の気候の影響を受け、多少前後することがあります。なお梅の見ごろに合わせて、梅イベントを行う梅の名所もあります。
  • 京都府立植物園

    京都府立植物園

    京都府立植物園は面積約24ヘクタールあり、園内には約1万2千種類、約12万本の植物が植えられています。なお京都府立植物園には洋風庭園や熱帯植物を集めた温室、そして自然植生が残されたなからぎの森もあります。
  • 大豊神社

    大豊神社

    大豊神社の末社・大国社(だいこくしゃ)は大国主命(おおくにぬしのみこと)を祀り、大国主命が野火に囲まれた際、鼠に案内されて窮地から逃れた神話(古事記)に因み、狛犬の代わりに「狛鼠」が祀られています。
  • 長岡天満宮

    長岡天満宮

    長岡天満宮の社地はかつて10万余坪だったが、明治維新後の上地の為、現在は2万余坪になりました。また本殿などの社殿は1931年(昭和16年)平安神宮から移築されたものです。なお長岡天満宮は「天神さん」・「長天さん」と言われています。
  • 菅大臣神社

    菅大臣神社

    菅大臣神社のある場所は菅原道真の邸宅・白梅殿や学問所・菅家廊下跡です。また左遷される前に「東風吹かば にほひおこせよ 梅の花 主なしとて 春なわすれそ」と詠んだ飛梅の地も菅大臣神社がある場所だと言われています。
  • 渉成園

    渉成園

    渉成園は東本願寺の東方に位置し、200メートル四方のほぼ正方形の形をしています。春には梅や桜、夏には菖蒲や睡蓮、秋には紅葉を楽しむことができます。なお渉成園の名称は中国の詩人・陶淵明の「園日渉而成趣」の詞に由来しています。
  • 法住寺

    法住寺

    法住寺の本尊・不動明王像は1183年(寿永2年)木曽義仲が後白河上皇の御所・法住寺殿を焼き討ちした際、義仲の放った矢が天台座主に当たり、後白河上皇が難を逃れたことから「身代わり不動尊像」と言われています。
  • 京都御苑

    京都御苑

    京都御苑は東西700メートル、南北1300メートル、面積約65ヘクタールで、京都御所・仙洞御所などの皇室関連施設があります。また京都御苑には約5万本と言われている樹木が生育しています。なお京都御苑にはテニスコートやグランドもあります。

京都観光おすすめ

  1. 竹林の道
    竹林の道アクセスでは渡月橋から北に伸び、天龍寺前を通る府道29号線を天龍寺方面から北側の清凉寺(嵯峨…
  2. 嵐山
    嵐山アクセスでは京都駅からJR嵯峨野線(JR山陰本線)を利用して嵯峨嵐山駅で降りるのが一般的です。ち…
ページ上部へ戻る