京都府立植物園(アクセス・見どころ・歴史・・・)・桜梅名所

京都府立植物園

京都府立植物園

京都府立植物園(アクセス・見どころ・歴史概要・・・)情報を紹介しています。(2014年末から未更新の場合あり)京都府立植物園は面積約24ヘクタールあり、園内には約1万2千種類、約12万本の植物が植えられています。なお京都府立植物園には洋風庭園や熱帯植物を集めた温室、そして自然植生が残されたなからぎの森もあります。

【京都府立植物園 アクセス・マップ地図】
場所・・・京都府京都市左京区下鴨半木町
最寄り駅・バス停・・・北山駅(徒歩約8分)、北大路駅(徒歩約12分)

アクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*京都駅から京都府立植物園は地下鉄烏丸線
地下鉄・アクセスダイヤ

【京都府立植物園 拝観時間・時間(要確認)】
9:00~17:00 受付16:00終了
12/28~1/4休園

【京都府立植物園 拝観料金・料金(要確認)】2019年10月から改定の場合あり
個人
大人200円、高校生150円、中学生以下無料

団体(有料入園者30人以上)
一般160円、高校生120円、中学生以下無料

スポンサーリンク


【京都府立植物園 歴史・簡単概要】
京都府立植物園(きょうとふりつしょくぶつえん)は京都府京都市左京区にある植物園です。京都府立植物園は1917(大正6年)に着工し、1924年(大正13年)1月1日に日本最初の公立植物園・「大典記念京都植物園」として開園しました。ただ太平洋戦争後の1946年(昭和21年)に連合国軍に接収され、1957年(昭和32年)に返還され、1961年(昭和36年)4月から再開しました。その後再開園30年の際、大規模な改修工事が行われ、1992年(平成4年)には日本最大級の回遊式観覧温室が建設されました。京都府立植物園では現在面積約24ヘクタールに約12,000種・約12万本の植物が植えられ、回遊式観覧温室・広大な大芝生地・桜林・ばら園・植物生態園などがあります。京都府立植物園ではライトアップ・イルミネーション・名月鑑賞の夕べなど様々なイベントも行っています。なお京都府立植物園の敷地には明治時代まで上賀茂神社の境外末社・半木神社(なからぎじんじゃ)とその鎮守の森が広がっていたそうです。半木神社は上賀茂神社と下鴨神社の間にあることから半木神社とも言われるようになったと言われています。
*参考・・・京都府立植物園(アクセス・歴史・見どころ・・・)ホームページ京都府立植物園wikipedia

【京都府立植物園 見どころ・文化財(非公開の場合あり)】
京都府立植物園の見どころは植物園の守り神で、なからぎの森にある半木神社(なからぎじんじゃ)です。ちなみになからぎの森には自然植生が残され、ケヤキ・カエデ・ムクノキなどの落葉樹とシイ・カシ・シロタモなどの常緑樹が混在しています。なお京都府立植物園は梅・桜の名所で見どころです。
府立植物園梅見ごろ府立植物園桜見ごろ府立植物園・桜ライトアップ
京都梅名所・見頃京都桜名所

【京都府立植物園 連絡先(現在確認中)】*電話は控えて下さい。迷惑になります。
電話番号・・・+81-75-701-0141

【京都府立植物園 (アクセス・御朱印・駐車場・・・)備考】
京都府立植物園・名月鑑賞の夕べ
市バスの場合、京都駅からは205系統(A2乗り場)、206系統(D2乗り場)、最寄りのバス停は植物園前(徒歩約15分)
京都市バス・アクセスダイヤ京都バス・鉄道乗換案内システム「歩くまち京都」

【京都府立植物園 おすすめ散策ルート】
京都府立植物園からのおすすめ散策ルートは加茂川(鴨川)沿いに上賀茂神社(賀茂別雷神社)に向かうルートです。20分ほど散策すれば、世界遺産である上賀茂神社に行くことができ、京都観光・旅行を楽しむことができます。なお半木神社の南には上賀茂神社と同じく、世界遺産である下鴨神社(賀茂御祖神社)があり、そちらを散策するのもいいかもしれません。

関連記事

京都観光 イベント・行事

  1. 永観堂紅葉ライトアップ

    2019年11月のイベント(紅葉ライトアップ・火焚祭・・・・)

  2. 嵐山紅葉

    京都紅葉見ごろ2019(嵐山・東福寺・・・)

  3. 清水寺紅葉ライトアップ

    京都紅葉ライトアップ2019(清水寺・永観堂・・・)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 城南宮火焚祭
  2. 聖徳太子御火焚祭
  3. 白峯神宮御火焚祭
  4. 弘法市
  5. 天神市

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 錦市場
  2. 竹林の道
  3. 嵐山
ページ上部へ戻る