綾部市あやべ盆おどり大会2019/8/15(日程・時間・・・)

あやべ盆おどり大会

あやべ盆おどり大会(日程・時間・・・)を紹介しています。あやべ盆おどり大会は毎年8月15日に行われています。あやべ盆おどり大会では浴衣や揃いの法被などを身にまとった連(団体グループ)などが綾部音頭やお囃子にのせて、櫓を囲んで踊ります。なお8月11日~15日に光のイベント・あやべ夏あかりも行われています。(要確認)(詳細下記参照)

【あやべ盆おどり大会2019 日程(要確認)】
あやべ盆おどり大会2019は2019年(令和元年)8月15日(木曜日)19:00~20:40に行われます。

【あやべ盆おどり大会 アクセス・地図】
場所・・・京都府綾部市青野町亀無1番地の2・あやべグンゼスクエア

*JR綾部駅

スポンサーリンク


【あやべ盆おどり大会 歴史・簡単概要】
綾部市あやべ盆おどり大会(あやべぼんおどりたいかい)はあやべ盆おどり大会実行委員会が主催して行われています。あやべ盆おどり大会では浴衣や揃いの法被などを身にまとった連(団体グループ)などが綾部音頭やお囃子にのせて、櫓を囲んで踊ります。なお綾部市では8月11日~15日に光のイベント・あやべ夏あかりも行われています。(要確認)あやべ夏あかりでは綾部を表現する様々な「創作あかり」が幻想的な光で彩ります。
綾部踊りは1633年(寛永10年)に志摩鳥羽藩(三重県)から転封し、丹波綾部藩初代藩主になった九鬼隆季(くきたかすえ)が伝えたと言われています。志摩鳥羽藩近くの伊勢で流行していた松阪踊りが松阪くずしとして、綾部に伝わったと言われています。なお綾部踊りは囃し言葉「ヤシトコ ヤシトコ ヤシトコセー」からヤシトコ踊りとも言われています。
盆踊りは盂蘭盆(うらぼん)にあの世へから戻ってきた精霊を供養し、あの世に精霊を送り返す踊りと言われています。盆踊りは平安時代に空也上人(くうやしょうにん)が始めた踊念仏が民間の風習と習合したのが起源とも言われています。

【綾部市 歴史・簡単概要】
綾部市(あやべし)は京都府北部に位置しています。綾部市の名称は古代綾織りを職とする渡来人・漢氏(あやうじ)が居住した部(べ)であったことに由来しています。綾部は江戸時代初期まで漢部(あやべ)と記されていたそうです。漢氏は渡来系氏族・秦氏(はたうじ)の部族ともされ、日本最古の正史「日本書紀」に「桑に適する国境に桑を植え秦氏(はたし)を移住させて庸調を献じさせる」などと記されているそうです。綾部市は京都府の舞鶴市・福知山市・京丹波町・南丹市、福井県のおおい町・高浜町に接しています。綾部市は丹波山地にある福知山盆地東部に位置し、市街地を一級河川・由良川(ゆらがわ)が流れています。綾部市は室町時代に新田氏一族の江田氏が綾部城を築き、江戸時代には九鬼氏2万石の城下町として発展しました。綾部市は古くから養蚕が盛んで、1896年(明治29年)に郡是製糸(ぐんぜせいし・グンゼ)が創業すると日本有数の製糸業地になり、ナイロン婦人靴下などが生産されました。綾部市はグンゼ発祥の地です。ちなみに綾部市は室町幕府初代将軍・足利尊氏の出生地とも言われています。なお綾部市は1950年(昭和25年)に市制に移行しました。
*参考・・・綾部市綾部市wikipedia

【あやべ盆おどり大会 備考】
*イベントの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者に確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。イベントの内容などが変更になっている場合もあります。

関連記事

京都観光 イベント・行事

  1. 永観堂紅葉ライトアップ

    2019年11月のイベント(紅葉ライトアップ・火焚祭・・・・)

  2. 嵐山紅葉

    京都紅葉見ごろ2019(嵐山・東福寺・・・)

  3. 清水寺紅葉ライトアップ

    京都紅葉ライトアップ2019(清水寺・永観堂・・・)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 城南宮火焚祭
  2. 聖徳太子御火焚祭
  3. 白峯神宮御火焚祭
  4. 弘法市
  5. 天神市

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 錦市場
  2. 竹林の道
  3. 嵐山
ページ上部へ戻る