カテゴリー:8月

  • 光福寺六斎念仏2019/8/31

    光福寺六斎念仏(日程・時間等)を紹介。六斎念仏は毎年8月31日に行われています。六斎念仏(ろくさいねんぶつ)は八朔祭法楽会(はっさくさいほうらくえ)に久世六斎保存会によって奉納されます。六斎念仏は鉦や太鼓ではやし、念仏を唱えながら踊る民俗芸能・民間信仰です。ちなみに八朔は旧暦8月1日(朔日)のことです。
  • 梅宮大社六斎念仏2019/8/25

    梅宮大社六斎念仏(日程・時間等)を紹介。六斎念仏は毎年8月の最終日曜日に行われています。六斎念仏(ろくさいねんぶつ)は嵯峨天皇祭に梅津六斎保存会によって奉納されます。六斎念仏は鉦や太鼓ではやし、念仏を唱えながら踊る民俗芸能・民間信仰です。なお嵯峨天皇祭では少年相撲・打楽器演奏・吹奏楽演奏・盆踊りなども奉納されます。
  • 梅宮大社

    梅宮大社嵯峨天皇祭2019/8/25

    梅宮大社嵯峨天皇祭(日程・時間等)を紹介。嵯峨天皇祭は毎年8月の最終日曜日に行われています。嵯峨天皇祭は相殿に祀られている第52代・嵯峨天皇を偲んで行なわれます。嵯峨天皇祭では嵯峨天皇が相撲が好きだったと言われていることから少年相撲が奉納されます。なお嵯峨天皇祭では屋台露店が立ち並びます。(要確認)
  • 小塩の上げ松

    小塩の上げ松2018/8/25

    小塩の上げ松(日程・時間等)を紹介。小塩の上げ松は毎年8月23日に近い土曜日に行われています。小塩の上げ松では「愛宕権現菩薩これが一や一や」と唱えながら松明に火を点け、高さ約15メートルのヒノキの燈篭木の先端に取り付けられた逆円錐形のもじに向かって松明を投げ上げます。
  • 伊根町伊根花火2019/8/24

    伊根花火(日程・時間等)を紹介。伊根花火は毎年8月の第4土曜日に行われています。伊根花火では伊根湾に浮かぶ台船から花火が打ち上げられます。また伊根花火では重要伝統的建造物群保存地区に選定されている伊根の舟屋が御神燈(提灯)がライトアップされます。なおステージイベントなども行われます。(要確認)
  • 長岡天満宮

    長岡天満宮長岡天神夏まつり2019/8/25

    長岡天満宮長岡天神夏まつり(日程・時間等)を紹介。長岡天神夏まつりは毎年8月25日に行われています。長岡天神夏まつりでは長岡京音頭・江州音頭の盆踊り・久世六斎念仏・和太鼓・神楽が行われます。また長岡天神夏まつりでは八条ヶ池水上橋で灯火行事や厄除茅の輪くぐりも行われます。なお屋台も立ち並びます。(要確認)
  • 吉祥院天満宮六斎念仏2019/8/25

    吉祥院天満宮六斎念仏(日程・時間等)を紹介。六斎念仏は毎年8月25日に行われています。六斎念仏・芸能六斎は夏季大祭に吉祥院六斎保存会によって奉納されます。六斎念仏は鉦や太鼓ではやし、念仏を唱えながら踊る民俗芸能・民間信仰です。なお夏季大祭では本殿での神事中に巫女舞・豊栄の舞(とよさかのまい)が奉納されます。(要確認)
  • 長岡天満宮六斎念仏2019/8/25

    長岡天満宮六斎念仏(日程・時間等)を紹介。六斎念仏は毎年8月25日に行われています。六斎念仏は長岡天神夏まつりで久世六斎保存会によって奉納されます。長岡天神夏まつりでは六斎念仏以外にも長岡京音頭・江州音頭の盆踊り・和太鼓・神楽が奉納されます。また八条ヶ池水上橋で灯火行事や厄除茅の輪くぐりも行われます。(要確認)
  • 美山町上げ松2019/8/24

    美山町上げ松(日程・時間等)を紹介。美山町上げ松は毎年8月24日に行われています。美山町上げ松は鶴ヶ岡地区の盛郷・川合・殿、知井地区の芦生の4地区に伝わる火祭です。美山町上げ松では川べり一帯に点された松明を高さ20メートルを超える灯篭に投げ上げて点火させます。なお川合・殿では鶴ヶ岡大踊りも行われるそうです。
  • 雲ケ畑松上げ2019/8/24

    雲ケ畑松上げ(日程・時間等)を紹介。雲ケ畑松上げは毎年8月24日に行われています。雲ケ畑松上げは雲ヶ畑出谷町・雲ヶ畑中畑町の2か所で行われます。雲ケ畑松上げでは約4メートル四方の櫓を組み、松明を文字の形に取付け、松明を点火することによって火文字を浮かび上がらせます。文字は毎年異なり、秘密にされているそうです。
  • 広河原松上げ

    広河原松上げ2019/8/24

    広河原松上げ(日程・時間等)を紹介。広河原松上げは毎年8月24日に行われています。広河原松上げは江戸時代から行われていると言われています。広河原松上げでは松場(まつば)に刺した約1,000本の松明(地松)に点火し、その後高さ約20メートルの木・燈籠木(とろぎ)の先に取り付けた大笠に向かって火の点いた松明を投げ上げます。
  • 志古淵神社久多花笠踊り2019/8/24

    志古淵神社久多花笠踊り(日程・時間等)を紹介。久多花笠踊りは毎年8月24日頃に行われています。久多花笠踊りでは先ず上の宮神社に神殿(こうどの)が花笠を供え、踊りを奉納します。次に大川神社に移動し、踊りを奉納します。最後に志古淵神社に移動し、神殿が花笠を供え、より棒が棒を打ち合ってお秡いし、踊りを奉納します。

京都観光おすすめ

  1. 祇園祭(後祭)
  2. 久世駒形稚児社参
  3. ちまき(粽)
ページ上部へ戻る