伊根町伊根花火2019/8/24

伊根花火(日程・時間・・・)を紹介しています。伊根花火は毎年8月の第4土曜日に行われています。伊根花火では伊根湾に浮かぶ台船から花火が打ち上げられます。また伊根花火では重要伝統的建造物群保存地区に選定されている伊根の舟屋が御神燈(提灯)がライトアップされます。なおステージイベントなども行われます。(要確認)(詳細下記参照)

【伊根花火2019 日程時間(要確認)】
伊根花火2019は2019年(令和元年)8月24日(土曜日)20:10~21:00まで行われます。(小雨決行・荒天延期)なお17:00からステージイベントなどが行われます。(現在確認中・要注意)

【伊根花火 アクセス・マップ地図】
場所・・・京都府与謝郡伊根町・伊根湾
最寄り駅・バス停・・・伊根

アクセス路線は次の通りです。
*京都丹後鉄道天橋立駅から丹後海陸交通

スポンサーリンク


【伊根花火 歴史・簡単概要】
伊根町伊根花火(いねはなび)は毎年8月の第4土曜日に行われています。なお伊根花火は伊根花火実行委員会が主催して行われています。
伊根花火では伊根湾に浮かぶ台船から花火が打ち上げられます。また伊根花火では重要伝統的建造物群保存地区に選定されている伊根の舟屋が御神燈(提灯)でライトアップ(ナミナリエ)されます。なお伊根花火ではステージイベントが行われたり、伊根花火観覧船が運航されたりします。(要確認)
伊根の舟屋(いねのふなや)は日本海に突き出た丹後半島(たんごはんとう)の東端で、京都府与謝郡伊根町の伊根地区(伊根浦)に立ち並ぶ民家・舟屋群です。伊根地区では周囲5キロメートルの伊根湾に沿って、約230軒の舟屋が建ち並んでいます。伊根湾は日本海側にありながら南に開けた珍しい湾で、風の影響を受けにくく、比較的穏やかな湾です。舟屋は伊根湾の海面にせり出すように建てられ、1階が船揚場・2階が居住スペースになっています。1階の船揚場は船を引き上げる為に傾斜し、漁具の物置や漁業の作業場にもなっています。

【伊根町 歴史・簡単概要】
伊根町(いねちょう)は京都府北部に位置し、丹後半島北東部にあります。伊根町は与謝野町(よさのちょう)とともに与謝郡(よさぐん)を構成し、南側を宮津市(みやづし)、東側を京丹後市(きょうたんごし)に接し、北側から東側を日本海・若狭湾に面しています。伊根町がある丹後半島は古代から大陸との交流が盛んで、大陸と京の都を結ぶ交易ルートだったと言われています。伊根町は沿岸一帯が若狭湾を回遊するブリの好漁場で、中世からブリ漁業で栄え、江戸時代には丹後ブリとも称されました。伊根町には江戸時代中期に既に建てられていたとも言われている伊根の舟屋があり、重要伝統的建造物群保存地区に選定されています。伊根町は現在ブリ大敷網漁などの沿岸・近海漁業の基地になっています。伊根町には浦島太郎伝説が伝わり、浦嶋神社(うらしまじんじゃ)とも言われる宇良神社(うらじんじゃ)があります。ちなみに宇良神社(浦嶋神社)は室町時代の絵巻である紙本著色浦嶋明神縁起(重要文化財)を有し、浦島太郎の玉手箱が保存されているそうです。なお伊根町は1954年(昭和29年)に伊根村・朝妻村・本庄村・筒川村が合併して発足し、2008年(平成20年)に日本で最も美しい村連合に加盟しました。
*参考・・・伊根町(アクセス・歴史・・・)ホームページ伊根町(アクセス・歴史・・・)wikipedia

【伊根花火 備考】
*イベントの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者に確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。イベントの内容などが変更になっている場合もあります。

関連記事

京都観光おすすめ

  1. 錦市場
  2. 竹林の道
  3. 嵐山
ページ上部へ戻る