防賀川公園(アクセス・マップ・見どころ・概要・・・)

防賀川公園

防賀川公園(アクセス・見どころ・拝観料金・・・)情報を紹介しています。防賀川公園がある京田辺市は京都府南部に位置し、大阪府・奈良県に接しています。京田辺市は京都府・大阪府・奈良県の三角地帯に位置し、南山城地域の行政・経済・文化の中心部になっています。また京田辺市は京都市・大阪市のベッドタウンにもなっています。

【防賀川公園 アクセス・マップ】
場所・・・京都府京田辺市興戸十曽・草内大切地内
最寄り駅・バス停・・・新田辺駅(徒歩約10分)

アクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*近鉄京都線
路線・時刻表・運賃チェック

【防賀川公園 拝観時間・時間(要確認)】
有料施設あり

【防賀川公園 拝観料金・料金(要確認)】
有料施設あり

スポンサーリンク

【防賀川公園 歴史・簡単概要】
防賀川公園(ぼうががわこうえん)は京都府京田辺市興戸十曽・草内大切にあります。防賀川公園は東側を布引山地(ぬのびきさんち)の一部で、三重県伊賀市から三重県津市にまたがる青山高原(あおやまこうげん)を源とする木津川(きづがわ)が流れ、西側を京都府京都市の京都駅と奈良県奈良市の大和西大寺駅を結ぶ近鉄京都線・京都府木津川市の木津駅と大阪府大阪市の京橋駅を結ぶ学園都市線が走る場所に位置しています。防賀川公園は天井川であった防賀川を切り下げて整備された防賀川緑道の中間に整備されています。防賀川は京田辺市興戸地区の西部にある石峠付近を源とし、その後東に流れ、近鉄京都線興戸駅付近から北に向きを変え、木津川左岸に沿って流れ、八幡市に入って大谷川(おおたにがわ)右岸に注ぐ淀川(よどがわ)水系の一級河川です。ちなみに防賀川はかつて木津川に注いでいたが、用水確保の為に八幡市まで延長されたそうです。防賀川公園は2007年(平成19年)5月に開園しました。防賀川公園にはテニスコート2面(オムニコート)・フットサル場1面(ゴムチップ入り人工芝・観覧席)・遊具・芝生広場・駐車場などがあります。防賀川公園は近隣公園として、スポーツ・遊び・憩いの場に幅広い年齢層に利用されています。
*参考・・・防賀川公園(アクセス・マップ・歴史・見どころ・・・)

【防賀川公園 見どころ・文化財】
防賀川公園の見どころは桜です。防賀川と並行する馬坂川沿いに長さ約1キロの桜並木が続いています。なお桜は例年3月下旬頃~4月上旬頃に見ごろを迎えます。

*京都には多くの桜名所があり、その桜見ごろを下記リンクから確認できます。
京都桜見ごろ2023

【防賀川公園 連絡先(要確認)】
電話番号・・・0774-64-1344(京田辺市役所建設部緑のまちづくり室)

【防賀川公園 備考(アクセス・御朱印・駐車場・・・)】

【防賀川公園 おすすめ散策ルート】
防賀川公園からのおすすめ散策ルートは北西にある極楽寺地蔵堂を散策することです。15分ほど散策すると極楽寺地蔵堂に行くことができ、京都観光・旅行を楽しむことができます。なお防賀川公園周辺にはあまり観光スポットが多くない為、次の観光スポットに向かい、その周辺を散策するのもいいかもしれません。

関連記事

京都観光おすすめ

  1. 錦市場
  2. 竹林の道
  3. 嵐山
ページ上部へ戻る