仏光寺桜見ごろ(4月上旬頃~中旬頃)・桜名所

仏光寺桜見ごろ

仏光寺桜見ごろ

仏光寺桜見ごろ(時期・ライトアップ・・・)情報を紹介しています。仏光寺は境内に1972年(昭和47年)の記念植樹の際に秩父宮・高松宮・三笠宮がお手植えした3本の紅枝垂桜・染井吉野などの桜の木が植えられ、桜と境内の阿弥陀堂(本堂)・大師堂(御影堂)・門などの光景が素晴らしいと言われています。(詳細下記参照)

【仏光寺桜見ごろ時期 2020年(要確認)】
仏光寺桜は例年4月上旬頃から中旬頃に見ごろを迎えます。ただ桜の見ごろはその年の気候などによって多少前後することがあります。●2020年の桜見ごろ予想は2020年1月頃から情報発信します。
京都桜見ごろ2020京都桜ライトアップ2020京都桜見ごろ・イベント京都桜名所

【仏光寺桜・仏光寺 アクセス・マップ地図】
場所・・・京都府京都市下京区高倉通仏光寺下ル新開町397番地
最寄り駅・バス停・・・烏丸松原(徒歩約3分)

市バスのアクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*京都駅から佛光寺は5系統(A1乗り場)、26系統(D3乗り場)
*四条烏丸からは5系統、43系統
京都市バス・アクセスダイヤ京都バス・鉄道乗換案内システム「歩くまち京都」

スポンサーリンク


【仏光寺桜見ごろ時期・見どころ】
仏光寺は桜の名所です。桜は例年4月上旬頃から中旬頃に見ごろを迎えます。仏光寺は境内に1972年(昭和47年)の記念植樹の際に秩父宮・高松宮・三笠宮がお手植えした3本の紅枝垂桜・染井吉野などの桜の木が植えられ、桜と境内の阿弥陀堂(本堂)・大師堂(御影堂)・門などの光景が素晴らしいと言われています。ちなみに仏光寺は観光客にはあまり知られていない、桜の穴場とも言われています。
阿弥陀堂は1904年(明治37年)に再建されました。阿弥陀堂は間口約15.6メートル・奥行約21.25メートルで、入母屋造りの本瓦葺きです。阿弥陀堂は本尊である阿弥陀如来立像などを安置しています。
大師堂は1884年(明治17年)に再建されました。大師堂は間口約26.5メートル・奥行約33.1メートルで、入母屋造りの本瓦葺きです。大師堂は親鸞聖人の坐像・了源上人の坐像などを安置しています。
門には阿弥陀堂門(本堂門)・御影堂門・勅使門・玄関門があります。
桜(染井吉野)は2月1日以降の最高気温(毎日)の合計が600度を超えると開花し、800度を超えると満開になるとも言われています。また地域によって若干差があるが、開花から1週間から5日ほどで満開になるとも言われています。

【仏光寺・佛光寺 歴史・簡単概要】
仏光寺(ぶっこうじ)・佛光寺は寺伝によると1212年(建暦2年)に承元の法難(じょうげんのほうなん)により、越後に流罪となった親鸞聖人(しんらんしょうにん)が京都に戻って山科に草庵を結び、真宗開闢(かいびゃく)の根本道場を意味する興隆正法寺(こうりゅうしょうぼうじ)と号したのが起源とも言われています。親鸞聖人は関東行化に旅立ち、弟子で、仏光寺2世・真仏(しんぶつ)が引き継いだとも言われています。1320年(元応2年)に仏光寺7世・了源上人(りょうげんしょうにん)が山科から旧仏教の盛んな今比叡汁谷(しるたに)に移したと言われています。また本尊・阿弥陀如来像が盗まれたが、南朝初代で、第96代・後醍醐天皇の夢枕に阿弥陀如来像の瑞光が現れ、本尊を取り戻すことができ、後醍醐天皇から「阿弥陀仏光寺」の寺号を賜り、それを機会に山科から渋谷(しぶたに)に移ったとも言われています。その後比叡山延暦寺の圧力や応仁の乱(1467年(応仁元年)~1477年(文明9年))の兵火の兵火によって衰え、本願寺(西本願寺)が台頭するようになりました。1586年(天正14年)に関白・豊臣秀吉が方広寺(ほうこうじ)を創建する際、秀吉の別荘・龍臥城(りゅうがじょう)があった現在の場所に移されました。
仏光寺は真宗仏光寺派の本山です。
*参考・・・仏光寺(アクセス・歴史・見どころ・・・)ホームページ仏光寺(アクセス・歴史・見どころ・・・)wikipedia

【仏光寺桜見ごろ時期 備考】
*イベントの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者に確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。イベントの内容などが変更になっている場合もあります。
仏光寺(アクセス・見どころ・・・)情報

関連記事

京都観光おすすめ

  1. 錦市場
  2. 竹林の道
  3. 嵐山
ページ上部へ戻る