狸谷山不動院桜見ごろ(4月上旬頃)桜名所

狸谷山不動院桜見ごろ

狸谷山不動院桜見ごろ(時期・ライトアップ・・・)情報を紹介しています。狸谷山不動院には本堂に通じる参道の途中に建立されている交通安全自動車祈祷殿近くに枝垂桜(シダレザクラ)が植えられ、枝垂桜と朱塗りの交通安全自動車祈祷殿などの光景が美しいと言われています。交通安全自動車祈祷殿にたどり着くまで一苦労します。(詳細下記参照)

【狸谷山不動院桜見ごろ時期 2020年(要確認)】
狸谷山不動院の桜見ごろは例年4月上旬頃です。ただ桜の見ごろはその年の気候などによって多少前後することがあります。なお2021年の桜見ごろは2021年1月下旬頃から情報発信します。
京都桜見ごろ2021京都桜ライトアップ2021京都桜見ごろ・イベント京都桜名所

【狸谷山不動院桜・狸谷山不動院 アクセス・マップ地図】
場所・・・京都府京都市左京区一乗寺松原町6
最寄り駅・バス停・・・一乗寺下り松町(徒歩約10分)

市バスのアクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*京都駅からは5系統(A1乗り場)
*四条河原町からは5系統
*四条烏丸からは5系統
京都市バス・アクセスダイヤ京都バス・鉄道乗換案内システム「歩くまち京都」

*叡山電鉄の場合、最寄り駅は一乗寺駅(徒歩約15分)

スポンサーリンク

【狸谷山不動院桜見ごろ時期・見どころ】
狸谷山不動院はあまり知られていない桜の名所です。狸谷山不動院の桜見ごろは例年4月上旬頃です。狸谷山不動院には本堂に通じる参道の途中に建立されている交通安全自動車祈祷殿近くに枝垂桜(シダレザクラ)が植えられ、枝垂桜と朱塗りの交通安全自動車祈祷殿などの光景が美しいと言われています。狸谷山不動院は東山三十六峰に数えられる標高約301メートルの瓜生山(うりゅうざん)中腹にあり、交通安全自動車祈祷殿にたどり着くまで一苦労します。
交通安全自動車祈祷殿は1966年(昭和41年)に建立されました。太平洋戦争後まもなく車社会が到来し、交通安全の自動車祈祷を行う為に建立され、50年以上に渡って交通安全は狸谷へとも言われるようになったそうです。交通安全自動車祈祷殿は2011年(平成23年)の平成の大修理によって彩色がよみがえりました。
枝垂桜(シダレザクラ)はバラ科サクラ属の一種で、彼岸頃(3月下旬頃)に花を咲かせる江戸彼岸(エドヒガン)の枝垂れ品種です。枝垂桜には八重紅枝垂(ヤエベニシダレ)・紅枝垂(ベニシダレ)・清澄枝垂(キヨスミシダレ)などがあります。枝垂桜は開花時期が3月下旬頃から4月上旬頃で、染井吉野(ソメイヨシノ)よりも早くなります。
桜(染井吉野)は2月1日以降の最高気温(毎日)の合計が600度を超えると開花し、800度を超えると満開になるとも言われています。また地域によって若干差があるが、開花から1週間から5日ほどで満開になるとも言われています。

【狸谷山不動院 歴史・簡単概要】
狸谷山不動院(たぬきだにさんふどういん)・狸谷のお不動さんは平安時代初期に第50代・桓武天皇の勅願により、平安京の鬼門(北東)守護として咤怒鬼(たぬき)不動明王を安置したのが起源とも言われています。1249年(建長3年)に本堂内にある高さ・深さともに2丈からなる石窟に咤怒鬼不動明王が移されて安置されたと言われています。その後1604年(慶長9年)に剣豪・宮本武蔵が吉岡一門との決闘を前に滝行を行い、己に克つ不動心を感得したとも言われています。狸谷山不動院は1718年(享保3年)に木食正禅養阿上人(もくじきしょうぜんようあしょうにん)・朋厚房正禅法師が創建しました。朋厚房正禅法師は木食行実践の為に石窟に入山し、その後自ら刻んだ身の丈5尺の石造不動尊像を狸谷山修験道の本尊として安置したと言われています。石造不動尊像は桓武天皇が安置した咤怒鬼不動明王と尊容が同じとも言われています。明治維新後の廃仏毀釈によって荒廃したが、1944年(昭和19年)に修験道大本山一乗寺狸谷山不動院として寺法を制定し、1947年(昭和22年)には寺地が拡張され、本殿も造営されました。
狸谷山不動院は真言宗の単立寺院です。
*参考・・・狸谷山不動院(アクセス・歴史・見どころ・・・)ホームページ狸谷山不動院(アクセス・歴史・見どころ・・・)wikipedia

【狸谷山不動院桜見ごろ時期 備考】
*イベントの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者に確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。イベントの内容などが変更になっている場合もあります。
狸谷山不動院(アクセス・見どころ・・・)情報

関連記事

京都観光おすすめ

  1. 錦市場
  2. 竹林の道
  3. 嵐山
ページ上部へ戻る