瑞光寺桜見ごろ(3月下旬~4月上旬頃)桜名所

瑞光寺桜見ごろ

瑞光寺桜見ごろ(時期・ライトアップ・・・)情報を紹介しています。瑞光寺には枝垂桜・染井吉野などが植えられ、桜と総茅葺屋根の本堂(寂音堂)・山門などの光景が美しいと言われています。枝垂桜は山梨の身延山久遠寺から株分けされて植えられていたが、2018年(平成30年)の台風21号によって被害を受けました。(詳細下記参照)

【瑞光寺桜見ごろ時期 2020年(要確認)】
瑞光寺の桜見ごろは例年3月下旬頃から4月上旬頃です。ただ桜の見ごろはその年の気候などによって多少前後することがあります。なお2021年の桜見ごろは2021年1月下旬頃から情報発信します。
京都桜見ごろ2021京都桜ライトアップ2021京都桜見ごろ・イベント京都桜名所

【瑞光寺桜・瑞光寺 アクセス・マップ地図】
場所・・・京都府京都市伏見区深草坊町4
最寄り駅・バス停・・・龍谷大前深草駅(徒歩約8分)

アクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*祇園四条駅から瑞光寺は京阪電鉄本線

スポンサーリンク

【瑞光寺桜見ごろ時期・見どころ】
瑞光寺はあまり知られていない桜の名所です。瑞光寺の桜見ごろは例年3月下旬頃から4月上旬頃です。瑞光寺には枝垂桜(シダレザクラ)・染井吉野(ソメイヨシノ)などが植えられ、桜と総茅葺屋根の本堂(寂音堂(じゃくおんどう))・山門などの光景が美しいと言われています。枝垂桜は山梨の身延山久遠寺(みのぶさんくおんじ)から株分けされて植えられていたが、2018年(平成30年)の台風21号によって被害を受けました。ちなみに山門も倒壊し、その後再建されたそうです。
本堂(寂音堂)は1661年(寛文元年)に建立されました。本堂は中央に中正院日護上人(にちごしょうにん)作で、胎内に五臓六腑を添えた釈迦如来座像を安置しています。奥段には元政上人や歴代上人などを祀っています。
身延山久遠寺には樹齢約400年の枝垂桜が2本植えられ、例年3月下旬頃から4月上旬頃に見ごろを迎えます。久遠寺は日蓮宗の総本山(祖山)です。
枝垂桜(シダレザクラ)はバラ科サクラ属の一種で、彼岸頃(3月下旬頃)に花を咲かせる江戸彼岸(エドヒガン)の枝垂れ品種です。枝垂桜には八重紅枝垂(ヤエベニシダレ)・紅枝垂(ベニシダレ)・清澄枝垂(キヨスミシダレ)などがあります。枝垂桜は開花時期が3月下旬頃から4月上旬頃で、染井吉野(ソメイヨシノ)よりも早くなります。
桜(染井吉野)は2月1日以降の最高気温(毎日)の合計が600度を超えると開花し、800度を超えると満開になるとも言われています。また地域によって若干差があるが、開花から1週間から5日ほどで満開になるとも言われています。

【瑞光寺 歴史・簡単概要】
瑞光寺(ずいこうじ)・元政庵(げんせいあん)は平安時代初期に太政大臣・藤原基経(ふじわらのもとつね)が創建した極楽寺(ごくらくじ)があった場所です。瑞光寺は江戸時代前期の1655年(明暦元年)に日蓮宗(にちれんしゅう)の高僧である元政上人(げんせいしょうにん)・日政(にっせい)が草庵・称心庵(しょうしんあん)を結んだのが起源と言われています。称心庵の名称は中国天台宗の僧・章安大師(しょうあんだいし・章安灌頂(しょうあんかんじょう))の故事に由来するそうです。その後1661年(寛文元年)に仏堂が完成し、中正日護作の釈尊像を安置して、寺号を瑞光寺と改めました。なお元政上人は彦根藩士で、俗名を石井元政(いしいもとまさ)と言ったが、1649年(慶安2年)に藩士の身分を捨て、妙顕寺(みょうけんじ)・日豊の門に入りました。元政上人は洛南深草に隠棲したが、元政上人を慕って集う求道者は続き、門下の子弟の為に「草山要路」を著し、「草山教学」とも言われる教風が起こりました。
瑞光寺は日蓮宗の寺院です。
*参考・・・瑞光寺(アクセス・歴史・見どころ・・・)ホームページ瑞光寺(アクセス・歴史・見どころ・・・)wikipedia

【瑞光寺桜見ごろ時期 備考】
*イベントの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者に確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。イベントの内容などが変更になっている場合もあります。
瑞光寺(アクセス・見どころ・・・)情報

関連記事

京都観光おすすめ

  1. 錦市場
  2. 竹林の道
  3. 嵐山
ページ上部へ戻る