円光寺桜見ごろ(3月下旬~4月上旬頃)

円光寺桜見ごろ

円光寺桜見ごろ(時期・ライトアップ・・・)情報を紹介しています。円光寺には奔龍庭・淡桜園などに八重紅枝垂桜・枝垂桜・染井吉野・御衣黄・関山・鬱金・河津桜などが植えられ、桜と奔龍庭・淡桜園など光景が美しいと言われています。淡桜園の枝垂桜は十一面観音に覆うように枝を広げ、南嶺枝垂桜と名付けられています。(詳細下記参照)

【円光寺桜見ごろ時期 2020年(要確認)】
円光寺の桜見ごろは例年3月下旬頃から4月上旬頃です。ただ桜の見ごろはその年の気候などによって多少前後することがあります。なお2021年の桜見ごろは2021年1月下旬頃から情報発信します。
京都桜見ごろ2021京都桜ライトアップ2021京都桜見ごろ・イベント京都桜名所

【円光寺桜・円光寺 アクセス・マップ地図】
場所・・・京都府京都市左京区一乗寺小谷町13
最寄り駅・バス停・・・一乗寺下り松町(徒歩約10分)

市バスのアクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*京都駅から円光寺は5系統(A1乗り場)
*四条河原町からは5系統
*四条烏丸からは5系統
京都市バス・アクセスダイヤ京都バス・鉄道乗換案内システム「歩くまち京都」

*叡山電鉄の場合、最寄り駅は一乗寺駅(徒歩約15分)

スポンサーリンク

【円光寺桜見ごろ時期】
円光寺はあまり知られていない桜の名所です。円光寺の桜見ごろは例年3月下旬頃から4月上旬頃です。円光寺には奔龍庭(ほんりゅうてい)・淡桜園(たんおうえん)などに八重紅枝垂桜(ヤエベニシダレザクラ)・枝垂桜(シダレザクラ)・染井吉野(ソメイヨシノ)・御衣黄(ギョイコウ)・関山(カンザン)・鬱金(ウコン)・河津桜(カワヅザクラ)などが植えられ、桜と奔龍庭・淡桜園など光景が美しいと言われています。淡桜園の枝垂桜は十一面観音石像に覆うように枝を広げ、南嶺枝垂桜(ナンレイシダレザクラ)と名付けられています。
奔龍庭は白砂を雲海に見立て、天空を自在に奔る龍を石組で表現した枯山水庭園です。荒く切り立った石柱は龍の周囲に光る稲妻を表現しているそうです。ちなみに龍の頭部と背中付近にそびえ立つ石柱はかつて井戸の部材として使用されていたものです。
淡桜園は近年整備されました。淡桜園は桜を中心とした庭園です。
枝垂桜(シダレザクラ)はバラ科サクラ属の一種で、彼岸頃(3月下旬頃)に花を咲かせる江戸彼岸(エドヒガン)の枝垂れ品種です。枝垂桜には八重紅枝垂(ヤエベニシダレ)・紅枝垂(ベニシダレ)・清澄枝垂(キヨスミシダレ)などがあります。枝垂桜は開花時期が3月下旬頃から4月上旬頃で、染井吉野(ソメイヨシノ)よりも早くなります。
桜(染井吉野)は2月1日以降の最高気温(毎日)の合計が600度を超えると開花し、800度を超えると満開になるとも言われています。また地域によって若干差があるが、開花から1週間から5日ほどで満開になるとも言われています。

【円光寺・圓光寺 歴史・簡単概要】
円光寺(えんこうじ)・圓光寺は1601年(慶長6年)に江戸幕府初代将軍・徳川家康が国内教学の発展を図る為、下野足利学校(栃木)の第9代学頭・三要元佶(さんようげんきつ)・閑室禅師(かんしつぜんじ)を招き、伏見に創建して学校としたのが起源と言われています。円光寺学校は僧俗を問わずに入学を許し、孔子家語(こうしけご)・貞観政要(じょうがんせいよう)などの書籍を刊行し、その書籍は伏見版・円光寺版と言われました。その後京都御所北側にある相国寺(しょうこくじ)山内に移り、1667年(寛文7年)には現在の場所・一乗寺小谷町に移りました。明治維新後に荒廃したが、円光寺12代住持・南嶺尼(なんれいに)が尼僧の専門道場として再興しました。なお円光寺は本尊・千手観音(伝運慶作)・開山元佶禅師像(重要文化財)などを祀っています。裏山には開基・徳川家康を祀った東照宮も造営されています。
円光寺は臨済宗妙心寺派の寺院です。
*参考・・・円光寺(アクセス・歴史・見どころ・・・)ホームページ円光寺(アクセス・歴史・見どころ・・・)wikipedia

【円光寺桜見ごろ時期 備考】
*イベントの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者に確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。イベントの内容などが変更になっている場合もあります。
円光寺(アクセス・見どころ・・・)情報

関連記事

ページ上部へ戻る