清滝桜見ごろ(4月上旬頃)・桜名所

清滝桜見ごろ

清滝桜見ごろ(時期・ライトアップ・・・)情報を紹介しています。清滝は一級河川・清滝川(きよたきがわ)が形成した清滝川渓谷沿いに染井吉野・山桜・里桜などの桜の木が植えられています。清滝川・渓谷・桜・カエデの若芽のコントラストが美しと言われています。なお清滝から高雄までの錦雲渓はハイキングコースになっています。(詳細下記参照)

【清滝桜見ごろ時期 2020年(要確認)】
清滝の桜見ごろは例年4月上旬頃です。ただ桜の見ごろはその年の気候などによって多少前後することがあります。●2020年の桜見ごろ予想は2020年1月頃から情報発信します。
京都桜見ごろ2020京都桜ライトアップ2020京都桜見ごろ・イベント京都桜名所

【清滝桜・清滝 アクセス・マップ地図】
場所・・・京都府京都市右京区嵯峨
最寄り駅・バス停・・・清滝

京都バスのアクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*京都駅からは72系統(C6乗り場)、84系統(C6乗り場)
京都バス・アクセスダイヤ

スポンサーリンク


【清滝桜見ごろ時期・見どころ】
清滝は桜の名所です。清滝の桜見ごろは例年4月上旬頃です。清滝は一級河川・清滝川(きよたきがわ)が形成した清滝川渓谷沿いに染井吉野・山桜・里桜などの桜の木が植えられています。清滝川・渓谷・桜・カエデの若芽のコントラストが美しと言われています。なお清滝から高雄までの錦雲渓は約3キロのハイキングコースになっています。
清滝川は京都北山にある標高約895メートルの桟敷ヶ岳(さじきがたけ)などを源とする淀川水系桂川支流の一級河川です。ちなみに清滝川が形成した清滝川渓谷の内、清滝から高雄までを錦雲渓(きんうんけい)・錦雲峡(きんうんきょう)と言います。その下流の落合までは金鈴峡(きんれいきょう)と言われています。なお清滝川渓谷は京都を代表する紅葉の名所でもあります。
カエデはムクロジ科カエデ属の総称です。カエデ属は約128種存在するが、日本でカエデという場合にはイロハモミジを言うことが多い。イロハモミジはムクロジ科カエデ属の落葉高木で、本州以南に自生しています。
桜(染井吉野)は2月1日以降の最高気温(毎日)の合計が600度を超えると開花し、800度を超えると満開になるとも言われています。また地域によって若干差があるが、開花から1週間から5日ほどで満開になるとも言われています。

【清滝 歴史・簡単概要】
清滝(きよたき)は京都府京都市右京区嵯峨清滝地区の地名です。清滝は標高約924メートルの愛宕山(あたごやま)の東南山麓に位置し、標高約895メートルの桟敷ヶ岳(さじきがたけ)などを源とする淀川水系桂川支流の一級河川・清滝川(きよたきがわ)の谷あいの山中などにあります。清滝は平安時代に比叡山(ひえいざん)とともに信仰対象とされた愛宕山の登山口に当たり、修験者やその僧坊に奉仕する者が住み着いたのが起源と言われています。ちなみに愛宕山の山頂には大宝年間(701年~704年)に修験道の祖である役行者(えんのぎょうじゃ)・役小角(えんのおづの)と白山の開祖である泰澄(たいちょう)が朝廷の許しを得て、愛宕神社の起源となる神廟を造営したと言われています。その後江戸時代に愛宕山・白雲寺(廃絶)の勝軍地蔵(将軍地蔵)信仰が大名・武士に広まり、大名に奉仕する者が住居を構えるようになりました。ちなみに白雲寺は和気清麻呂(わかのきよまろ)が朝日峰に創建し、愛宕大権現として鎮護国家の道場としたのが起源とも言われています。 なお清滝は江戸時代に俳聖・松尾芭蕉が俳句を詠んだり、与謝野寛・晶子夫妻が逗留して詩を詠んだりするなど文人などに愛されました。
*参考・・・清滝清滝(アクセス・歴史・見どころ・・・)wikipedia

【清滝桜見ごろ時期 備考】
*イベントの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者に確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。イベントの内容などが変更になっている場合もあります。
清滝(アクセス・見どころ・・・)情報

関連記事

京都観光 イベント・行事

  1. 了徳寺大根焚・報恩講

    2019年12月のイベント(大根焚き・除夜の鐘・・・)

  2. 嵐山紅葉

    京都紅葉見ごろ2019(嵐山・東福寺・・・)

  3. 清水寺紅葉ライトアップ

    京都紅葉ライトアップ2019(清水寺・永観堂・・・)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 千本釈迦堂大根焚き・成道会法要
  2. 法輪寺針供養
  3. 嵐山花灯路
  4. 了徳寺大根焚・報恩講
  5. 了徳寺大根焚・報恩講

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 錦市場
  2. 竹林の道
  3. 嵐山
ページ上部へ戻る