平等院紅葉見ごろ2022(時期:11月中旬~11月下旬頃)

平等院鳳凰堂・平等院見どころ

平等院紅葉見ごろ

平等院紅葉見ごろ(時期・ライトアップ・・・)情報を紹介しています。平等院の紅葉見ごろは例年11月中旬頃から11月下旬頃です。平等院は山内に約200本のモミジが分布し、紅葉と阿字池の中島に建立された鳳凰堂(阿弥陀堂)の光景が美しいと言われています。紅葉見ごろにライトアップを行うことがあります。(要確認)(詳細下記参照)

【平等院紅葉見ごろ(例年時期)・2022年予測】

平等院の紅葉見ごろは例年11月中旬頃から11月下旬頃です。ただ紅葉の時期や見ごろはその年の気候などによって多少前後することがあります。なお2022年9月15日、ウェザーニュースは紅葉見ごろが平野部で平年並みと発表しました。延暦寺は11月9日頃、嵐山は11月20日頃です。
京都紅葉見ごろ2022

【平等院紅葉見ごろ アクセス・マップ】

場所・・・京都府宇治市宇治蓮華116
最寄り駅・バス停・・・JR宇治駅(徒歩約10分)、京阪宇治駅(徒歩約10分)

アクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*京都駅から平等院はJR奈良線
*祇園四条駅からは京阪電鉄本線・宇治線

スポンサーリンク

【平等院紅葉見ごろ(例年時期)・要点簡単解説】

平等院は京都を代表する紅葉の名所です。平等院の紅葉見ごろは例年11月中旬頃から11月下旬頃です。ちなみに標高は約20メートルです。
平等院は阿字池(あじいけ)を中心とする浄土(じょうど)式庭園などに約200本のモミジが分布し、紅葉と阿字池・阿字池の中島に建立された鳳凰堂(阿弥陀堂)の光景が美しいと言われています。阿字池の水鏡には紅葉や鳳凰堂が映し出されます。平等院では秋に錦の織物のように美しい錦秋が訪れ、阿字池・鳳凰堂はフォトジェニックなスポットになります。
平等院では紅葉見ごろにライトアップを行うことがあります。(要確認)紅葉ライトアップでは昼間と異なり、幻想的・神秘的な光景を楽しむことができます。紅葉ライトアップは他の寺社と異なり、旅行会社のツアープランによる貸し切りで行われることがあります。実施方法も確認が必要です。
平等院紅葉ライトアップ
平等院は京都宇治を代表する観光スポットの為、紅葉シーズンは多くの観光客で大変混雑します。紅葉シーズンに混雑を避けて紅葉狩りを楽しむなら午前中がおすすめです。

●鳳凰堂は阿字池の中島にあり、極楽の宝池に浮かぶ宮殿のように見えると言われています。鳳凰堂は中堂・北翼廊・南翼廊・尾廊に分かれています。鳳凰堂は仏師・定朝作と唯一確証がある阿弥陀如来坐像(国宝)を安置しています。なお鳳凰堂は1053年(天喜元年)に建立されました。鳳凰堂は紅葉インスタ映えスポットです。
●庭園は阿字池の中島に鳳凰堂が建っている浄土式庭園です。阿字池は大乗仏教の経典「観無量寿経(かんむりょうじゅきょう)」の極楽浄土・宝池(ほうち)を表しているそうです。ちなみに庭園は平安時代の歌人・橘俊綱が「今鏡」の中で当代きってのものと謳いました。庭園は紅葉インスタ映えスポットです。
平等院見どころ

●京都で人気の紅葉名所・見ごろを紹介しています。由緒なども確認できます。(下記リンク参照)
京都紅葉名所・見ごろ

【平等院 歴史・簡単概要】

平等院は859年(貞観元年)に第52代・嵯峨天皇の皇子で、光源氏のモデルとも言われている左大臣・源融が造営した別荘があった場所です。その後別荘は第59代・宇多天皇、宇多天皇の孫である源重信、そして関白・藤原道長が源重信の婦人から譲り受けて別荘・宇治殿になりました。平等院は1052年(永承7年)に道長の子である関白・藤原頼通が宇治殿の寝殿を本堂に改め、天台宗の僧・明尊を開山に藤原氏の氏寺として創建しました。その後1053年(天喜元年)に西方極楽浄土を出現させたような鳳凰堂(阿弥陀堂)が建立され、定朝作の阿弥陀如来坐像が安置され、1067年(治暦3年)には第70代・後冷泉天皇が初めて行幸したと言われています。
*参考・・・平等院(拝観料・アクセス・歴史概要・見どころ・・・)ホームページ

【平等院紅葉見ごろ 備考】
京都紅葉名所・平等院(アクセス・見どころ・歴史概要・・・)情報
*京都の紅葉名所では紅葉の見ごろに合わせ、ライトアップを行なっているところがあります。(下記リンク参照)
京都紅葉ライトアップ2022

関連記事

京都観光おすすめ

  1. 錦市場
  2. 竹林の道
  3. 嵐山
ページ上部へ戻る