知恩院見どころ-修学旅行・観光ポイントまとめ

知恩院見どころ

知恩院見どころ

知恩院見どころを解説しています。修学旅行・観光に役立つ簡単まとめを提供。知恩院で見逃せない御影堂(国宝)・三門(国宝)・方丈(重文)を解説しています。知恩院有数の見どころである御影堂は集会堂などと鴬張りの廊下で繋がり、鴬張りの廊下が知恩院七不思議に数えられています。(知恩院見どころ下記参照)

【知恩院 歴史・簡単概要】
知恩院(ちおんいん)とは浄土宗(じょうどしゅう)の開祖・法然上人(ほうねんしょうにん)が東山・吉水(よしみず)に草庵を結んだのが起源です。当初吉水御坊(よしみずごぼう)・大谷禅坊(おおたにぜんぼう)などと称されていました。その後鎌倉時代前期の1227年(嘉禄3年)に延暦寺(えんりゃくじ)の衆徒によって破壊されたが、1234年(文暦元年)に法然上人の弟子で、第2世・勢観房源智(せいかんぼうげんち)が再興し、第87代・四条天皇(しじょうてんのう)から寺号「華頂山知恩教院大谷寺(かちょうざん ちおんきょういんおおたにでら)」を賜りました。しかし火災や応仁の乱(1467年(応仁元年)~1477年(文明9年))の兵火などで焼失しました。江戸時代前期の1608年(慶長13年)に江戸幕府初代将軍・徳川家康(とくがわいえやす)が諸堂を建立し、江戸幕府2代将軍・徳川秀忠(とくがわひでただ)、3代将軍・徳川家光(とくがわいえみつ)が引き継ぎました。
a href=”https://kyototravel.info/chioninhistory” target=”_blank” rel=”noopener noreferrer”>知恩院歴史(起源・・・)

スポンサーリンク

【知恩院-御影堂・見どころ】 ★★★修学旅行
御影堂(みえいどう・本堂)は見逃せない国宝です。御影堂は外観が和様(わよう)を基調とし、内部に禅宗様(ぜんしゅうよう・唐様(からよう))の要素を取り入れています。御影堂は内内陣・内陣・外陣に分かれています。御影堂には屋根の中央に完璧ではないことを示す為に意図的に2枚の「葺き残しの瓦(ふきのこしのかわら)」が積まれています。御影堂は江戸時代前期の1639年(寛永16年)に江戸幕府3代将軍・徳川家光の寄進によって再建されました。なお御影堂は本瓦葺(ほんがわらぶき)の入母屋造(いりもやづくり)です。御影堂は正面が向拝(こうはい)五間、背面が向拝三間です。
(御影堂・ポイント)
●御影堂は桁行十一間・梁間九間で、間口約45メートル・奥行約35メートルです。幅3メートルの外縁が巡らされています。
●御影堂は内内陣に開基・法然上人の御影(みえい)を祀り、御影堂と言われています。御影堂は山内最大の建物の為、大殿(だいでん)とも言われています。
●「葺き残しの瓦」は完成すると後は壊れていくという「満つれば欠くる世の習い」に由来し、未完成を表しています。
●御影堂には軒下に七不思議に数えられる「忘れ傘」があります。
御影堂(歴史概略・特徴・・・)

【知恩院-三門・見どころ】 ★★★修学旅行
三門(山門)は見逃せない国宝です。三門は禅宗寺院形式の五間三戸二階二重門(ごけんさんこにかいにじゅうもん)です。三門には畳二畳以上の大きさがある額「華頂山(かちょうざん)」が掛かっています。三門は天井・柱・壁などに迦陵頻伽(かりょうびんが)・天女(てんにょ)・飛龍(ひりゅう)が描かれています。三門は江戸時代前期の1621年(元和7年)に江戸幕府2代将軍・徳川秀忠の寄進によって建立されました。なお三門は本瓦葺の入母屋造です。三門は両側に山廊(さんろう)付きです。
(三門・ポイント)
●三門は高さ約24メートル・幅約50メートルです。三門(山門)の中で日本最大と言われています。屋根には瓦約7万枚が使われています。
●三門は上層に宝冠釈迦牟尼仏(ほうかんしゃかむにぶつ)像(重要文化財)・十六羅漢(じゅうろくらかん)像(重要文化財)を安置しています。また白木の棺(しらきのひつぎ)に三門建立の命を受けた造営奉行・五味金右衛門(ごみきんえもん)夫妻の木像も安置され、七不思議に数えられています。
●三門は南禅寺(なんぜんじ)の山門・東本願寺(ひがしほんがんじ)の御影堂門とともに京都三大門とも言われています。また南禅寺の山門・山梨の久遠寺(くおんじ)の三門とともに日本三大門とも言われています。
三門(歴史概略・特徴・・・)

【知恩院-大方丈・見どころ】 ★★修学旅行
大方丈は重要文化財です。大方丈には上段の間・鶴(つる)の間・菊の間・鷺(さぎ)の間・柳の間・梅の間・仏間などがあります。上段の間には武者隠し(むしゃがくし)があり、鶴の間などには狩野派の絵師が描いた豪華な襖絵(金碧(きんぺき)障壁画)があります。大方丈は江戸時代前期の1641年(寛永18年)に建立されました。なお大方丈は檜皮葺(ひわだぶき)の入母屋造です。
(大方丈・ポイント)
●大方丈は桁行約34.5メートル・梁間約25.1メートルです。
●仏間は快慶(かいけい)作と言われている本尊・阿弥陀如来(あみだにょらい)像(重要文化財)を安置しています。
●大方丈は洛中随一の名書院と言われているそうです。
●菊の間には七不思議に数えられる抜け雀(ぬけすずめ)の襖絵があります。

【知恩院-小方丈・見どころ】
小方丈は重要文化財です。小方丈は大方丈の後にあります。小方丈には蘭亭(らんてい)の間・雪中山水の間・下段の間・花鳥の間・羅漢(らかん)の間・上段の間などがあります。小方丈は江戸時代前期の1641年(寛永18年)に建立されました。なお小方丈は檜皮葺の入母屋造です。
(小方丈・ポイント)
●小方丈は桁行約22.7メートル・梁間約18.7メートルです。
●小方丈の東には阿弥陀如来が西方極楽浄土(さいほうごくらくじょうど)から25名の菩薩を従えて来迎するのを表現した「二十五菩薩(にじゅうごぼさつ)の庭」があります。
●小方丈は大方丈と同じく、洛中随一の名書院と言われているそうです。

【知恩院-勢至堂・見どころ】 ★修学旅行
勢至堂(せいしどう)は見逃せない重要文化財です。勢至堂はかつて開基・法然上人の住房・大谷禅房があった場所で、発祥の地とされています。勢至堂は戦国時代(室町時代後期)の1530年(享禄3年)に再建されました。勢至堂は山内最古の建物です。なお勢至堂は本瓦葺の入母屋造です。
(勢至堂・ポイント)
●勢至堂は桁行七間・梁間七間で、桁行約21メートル・梁行約20メートルです。
●勢至堂は内陣に鎌倉時代に造仏され、法然上人の本地身(ほんじしん)とされる本尊・勢至菩薩(せいしぼさつ)坐像(重要文化財)を安置しています。なお勢至堂はかつて本堂で、法然上人の御影を本尊として祀っていたが、御影堂が建立されると御影堂に移されました。
●勢至堂は第105代・後奈良天皇(ごならてんのう)の額「知恩教院」が掛けられています。

【知恩院-集会堂・見どころ】 ★★修学旅行
集会堂(しゅうえどう・集會堂)は重要文化財です。集会堂は1872年(明治5年)に行われた京都博覧会の会場になりました。集会堂は鴬張りの渡り(うぐいすばりのろうか)廊下で御影堂と結ばれています。集会堂は江戸時代前期の1635年(寛永12年)に江戸幕府3代将軍・徳川家光が再建しました。なお集会堂は本瓦葺の入母屋造です。
(集会堂・ポイント)
●集会堂は桁行約42.9メートル、梁間約23.7メートルあり、千畳敷とも言われています。
●集会堂はかつて衆会堂とも言われていました。
●集会堂は御影堂の修理期間中に限り、法然上人御堂(ほうねんしょうにんみどう)と称することになりました。

【知恩院-経蔵・見どころ】
経蔵は重要文化財です。経蔵は御影堂の東にあります。経蔵は八角輪蔵(はっかくりんぞう)の中央に江戸幕府2代将軍・徳川秀忠が寄進した宋(中国)版一切経(いっさいきょう)5,900帖が納められています。経蔵は江戸時代前期の1621年(元和7年)に三門とともに徳川秀忠の寄進によって建立されました。なお経蔵は本瓦葺の宝形造(ほうぎょうづくり)です。経蔵は一重もこし(裳階)付きです。
(経蔵・ポイント)
●経蔵は桁行三間・梁間三間です。
●経蔵には天井などに狩野派(きょうかのうは)の絵師が描いた絵があります。
●経蔵は八角輪蔵を一回転させると一切経を読誦するのと同じ功徳をがるとも言われています。

【知恩院-大庫裏・小庫裏・見どころ】
大庫裏・小庫裏は重要文化財です。大庫裏・小庫裏は本来台所です。大庫裏は雪香殿(せっこうでん)とも言われています。大庫裏・小庫裏は江戸時代前期の1641年(寛永18年)に再建されました。大庫裏・小庫裏は本瓦葺の入母屋造です。
(大庫裏・小庫裏・ポイント)
●大庫裏は桁行約31.5メートル・梁間約25.6メートル、小庫裏は桁行約29.6メートル・梁間約13.8メートルです。

【知恩院-大鐘楼・見どころ】 ★★修学旅行
大鐘楼は見逃せない重要文化財です。大鐘楼は境内の南にあります。大鐘楼は四方の主柱と8本の支柱で梵鐘(ぼんしょう)を支えています。大鐘楼は江戸時代前期の1678年(延宝6年)に建立されました。なお大鐘楼は本瓦葺の入母屋造です。
(大鐘楼・ポイント)
●大鐘楼は桁行三間・梁間三間です。
●大鐘楼は江戸時代前期の1636年(寛永13年)に鋳造された日本有数の大鐘である梵鐘(重要文化財)を釣っています。
大鐘楼(歴史概略・特徴・・・)

【知恩院-唐門・見どころ】
唐門は重要文化財です。唐門は大方丈玄関に通ずる四脚門です。唐門には桃山時代に流行した故事伝説に基づく牡丹唐草・鯉魚に乗る老人などの彫刻があります。唐門は江戸時代前期の1641年(寛永18年)に建立されました。なお唐門は檜皮葺の前後唐破風造・側面入母屋です。

【知恩院-梵鐘・見どころ】 ★★修学旅行
梵鐘は重要文化財です。梵鐘は大鐘楼に釣るされています。梵鐘は江戸時代前期の1636年(寛永13年)に鋳造されました。梵鐘は高さ約3.3メートル・口径約2.8メートル・重さ約70トンです。なお梵鐘は奈良東大寺(とうだいじ)の梵鐘・京都方広寺(ほうこうじ)の梵鐘とともに日本三大梵鐘と言われています。

【知恩院-御廟・見どころ】
御廟(ごびょう)は京都府有形文化財です。御廟は法然上人の遺骨を奉安しています。ただ御廟は内部が非公開で、手前にある拝殿から拝することができます。御廟は江戸時代前期の1613(慶長18年)に常陸国土浦藩主・松平伊豆守信一(まつだいらいずのかみのぶかず)の寄進によって改築されました。拝殿は江戸時代中期の1710年(宝永7年)に建てられました。御廟は方三間の宝形造の本瓦葺です。拝殿は檜皮葺です。
(御廟・ポイント)
●廟堂は周囲に雲に龍・桐に鳳凰・梅に鶯・雲に麒麟・松に鶴・桜に鳥・牡丹に鳳凰など桃山様式の彫刻が施されています。
●拝殿では毎月25日に別時念仏会が行われます。

【知恩院-阿弥陀堂・見どころ】
阿弥陀堂は御影堂の東にあります。阿弥陀堂には第105代・後奈良天皇宸筆による「大谷寺」が掛かっています。阿弥陀堂は明治時代に荒廃し、1910年(明治43年)に再建されました。なお阿弥陀堂は本瓦葺の入母屋造です。
(阿弥陀堂・ポイント)
●阿弥陀堂は本尊・阿弥陀如来坐像を安置しています。

【知恩院-黒門・見どころ】
黒門は桁行四間・梁行一間の一重門です。黒門は桃山時代から江戸時代初期の慶長年間(1596年~1615年)に建立されました。なお黒門は本瓦葺の切妻造です。

【知恩院-方丈庭園・見どころ】 ★★修学旅行
見逃せない方丈庭園は京都市指定名勝です。方丈庭園は大方丈・小方丈に面し、北庭と南庭に分かれます。方丈庭園は東山を借景にした池泉回遊式庭園です。方丈庭園は小堀遠州と縁のある僧・玉淵(ぎょくえん)が作庭したと言われています。
(方丈庭園・ポイント)
●方丈庭園は阿弥陀二十五菩薩来迎図(国宝)に因んで、二十五菩薩の庭とも言われています。
方丈庭園(歴史概略・特徴・・・)

【知恩院-友禅苑・見どころ】 ★★修学旅行
見逃せない友禅苑(ゆうぜんえん)は山門の南側にあります。友禅苑は1954年(昭和29年)に友禅染の祖・宮崎友禅斎(みやざきゆうぜんさい)の生誕300年を記念して造園されました。友禅苑は池泉式庭園と枯山水庭園で構成され、補陀落池には仏師・高村光雲(たかむらこううん)作の聖観音菩薩立像が建てられています。
(友禅苑・ポイント)
●友禅苑内には裏千家ゆかりの茶室・華麓庵(かろくあん)と第86世・中村康隆(なかむらこうりゅう)の白寿を記念して移築された茶室・白寿庵があります。

【知恩院-濡髪大明神・見どころ】
濡髪大明神(ぬれがみだいみょうじん)は江戸時代前期の1633年(寛永10年)に德川家光が再建した際に造営されたと言われています。濡髪大明神は祭神が白狐で、火災から守る守護神とも言われています。なお濡髪大明神は祇園の芸舞妓の間で、縁結びのご利益があると言われています。
濡髪大明神(アクセス・見どころ・・・)

【知恩院-瓜生石・見どころ】 ★修学旅行
瓜生石(うりゅうせき・かしょうせき)は黒門への登り口の路上にあります。瓜生石は幅約1.5メートルで、周囲に石柵を巡らされています。瓜生石は知恩院創建前からあったと言われています。瓜生石を掘ると二条城までつづく抜け道があるとも、隕石が落ちた場所とも言われています。
(瓜生石・ポイント)
●瓜生石は誰も植えた覚えがないのに瓜が花を咲かせて青々と実ったとも、八坂神社の牛頭天王(ごずてんのう)が瓜生山に降臨し、その後瓜生石に来現して一夜の内に瓜が実ったとも言われています。

【知恩院-紅葉・見どころ】
知恩院は紅葉の名所です。約7万3,000坪の山内にイロハモミジなどが分布し、例年11月中旬頃から11月下旬頃に見ごろを迎えます。紅葉の見ごろの時期に例年ライトアップが行われます。
知恩院紅葉ライトアップ

【知恩院-桜・見どころ】
知恩院は紅葉だけでなく、桜の名所です。山内に染井吉野・寒桜・山桜・枝垂桜・四季桜・八重桜など約200本の桜の木が植えられ、例年3月下旬頃から4月上旬頃に見ごろを迎えます。桜の見ごろの時期にライトアップが行われることもあります。
知恩院桜ライトアップ

【知恩院-御忌大会・見どころ】
毎年4月18日から25日に御忌大会(ぎょきだいえ)が行われます。御忌大会は法然上人の忌日に門弟が行った知恩講に由来する一番重要な法要です。御忌は天皇などの忌日法要を指すが、1524年(大永4年)に第104代・後柏原天皇から「大永の御忌鳳詔(ほうしょう)」が出されたことより、御忌と言うようになったそうです。
(御忌大会・ポイント)
●御忌大会はかつて1月に行われていたが、1876年(明治10年)からは4月に行われるようになりました。
御忌大会

【知恩院-大鐘試し撞き・見どころ】
毎年12月下旬に大鐘試し撞きが行われます。大鐘試し撞きは大晦日の除夜の鐘の前に本番さながらに行われます。大鐘(梵鐘)は日本最大級の大きさを誇ることから親綱1人・子綱16人の僧侶が撞く特殊な方法で撞かれます。
(試し撞き・ポイント)
●大鐘が撞かれるのは除夜の鐘と法然上人の御忌大会の時だけだそうです。
大鐘試し撞き

【知恩院見どころ 備考(参考リンク)】
*参考・・・京都・知恩院(アクセス・見どころ・・・)ホームページ

関連記事

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 勧修寺ハス

    京都ハス名所・見ごろ(法金剛院・勧修寺・・・)

ページ上部へ戻る