関白・豊臣秀吉(祇園祭)

八坂神社御旅所

関白・豊臣秀吉

祇園祭は関白・豊臣秀吉に深いゆかりがあります。関白・豊臣秀吉は山鉾を運営する山鉾町周辺の町や土地を指定し、山鉾運営資金・地ノ口米を徴収する寄町制度を制定したと言われています。また関白・豊臣秀吉は祇園祭の神輿が渡御・泰安される大政所御旅所・少将井御旅所を八坂神社御旅所に統合しました。

【祇園祭 日程】
祇園祭は7月1日の吉符入(きっぷいり) から7月31日の疫神社(えきじんじゃ)の夏越祭(なごしさい)までの7月1ヶ月に渡って行われます。
祇園祭2024日程一覧(宵山屋台・山鉾巡行・・・)

【祇園祭 歴史・簡単概要】
祇園祭(ぎおんまつり)は平安時代前期の869年(貞観11年)に全国に疫病が流行し、牛頭天王(ごずてんのう)・素戔嗚尊(すさのおのみこと)の祟りであるとし、卜部日良麿(うらべのひらまろ)が神泉苑に国の数と同じ66本の鉾を立て、悪霊を移して穢れを祓い、薬師如来の化身とされる牛頭天王を祀り、更に牛頭天王を主祭神とする八坂神社から3基の神輿を送り、病魔退散を祈願した祇園御霊会(ぎおんごりょうえ)が起源と言われています。970年(天禄元年)から毎年6月14日に行われるようになりました。
祇園祭歴史年表・由来(869年~)

スポンサーリンク(Sponsor Link)

【祇園祭 関白・豊臣秀吉】
祇園祭は安土桃山時代の1590年(天正18年)から天正の地割(てんしょうのじわり)を行った関白・豊臣秀吉(とよとみひでよし)と深いゆかりがあります。関白・豊臣秀吉は祇園祭の神輿渡御の際、大政所神輿(素戔嗚尊(すさのをのみこと))・八王子神輿(素戔嗚尊の8人の子供・八柱御子神(やはしらのみこがみ))が渡御・奉安された大政所御旅所(おおまんどころおたびしょ)と少将井神輿(素戔嗚尊の妻・櫛稲田姫命(くしいなだひめのみこと))が渡御・奉安された少将井御旅所(しょうしょういおたびしょ)と統合し、現在の八坂神社御旅所(おたびしょ・四条御旅所)に移しました。現在、祇園祭では7月17日の神幸祭(しんこうさい)に中御座神輿・東御座神輿・西御座神輿が八坂神社御旅所に渡御し、7月24日の還幸祭(かんこうさい)まで泰安され、還幸祭で3基の神輿が八坂神社御旅所から八坂神社に戻ります。また関白・豊臣秀吉は表間口の長さを基準として町人に賦課する地子銭(じしせん)を廃止し、祇園祭の山鉾を運営する山鉾町周辺の町や土地を指定し、最高の三石余りから最低の一斗以下までの山鉾運営資金・地ノ口米(じのくちまい)を徴収する寄町制度(地之口米の制度)を制定したと言われています。寄町制度は江戸時代まで維持されていたが、 1872年(明治5年)に廃止され、1875年(明治8年)に祇園祭の神輿渡御や山鉾巡行の費用を援助する清々講社が結成され、1923年(大正12年)に山鉾連合会の前身である山鉾町連合会も結成されました。
●関白・豊臣秀吉は戦国時代(室町時代後期)の1537年(天文6年)3月17日(旧暦の2月6日)に織田信長(おだのぶなが)の足軽(百姓)・木下弥右衛門(きのしたやえもん)と美濃の鍛冶・関兼貞の娘・なか(仲・天瑞院(てんずいいん))の間に生まれました。尾張国愛知郡中村郷中中村(名古屋市中村区)で生まれたとも言われています。最初に今川氏の家来で、引馬城(ひくまじょう)の支城・頭陀寺城(ずだじじょう)城主・松下之綱(まつしたゆきつな)に仕え、1554年(天文23年)頃から織田信長(おだのぶなが)に仕えました。1561年(永禄4年)に杉原定利(すぎはらさだとし)の娘で、浅野長勝(あさのながかつ)の養女・ねね(北政所(きたのまんどころ))と恋愛結婚しました。ねねの実母・朝日は反対していたとも言われています。ちなみに豊臣秀吉(木下藤吉郎秀吉)の最初の史料は1565年(永禄8年)11月2日付けの知行安堵状です。その後墨俣一夜城(すのまたいちやじょう)・金ヶ崎の戦い(かねがさきのたたかい)・備中高松城の戦い(びっちゅうたかまつじょうのたたかい)などの数々の戦功を重ねて頭角を現しました。金ヶ崎の戦いでは浅井長政(あざいながまさ)の裏切りにより、織田信長軍は浅井氏と朝倉氏の挟み撃ちで絶体絶命の危機であったが、明智光秀(あけちみつひで)らととともに殿(しんがり)を務めて功績をあげました。1573年(天正元年)に浅井氏が滅亡すると長浜城(ながはまじょう)城主になり、年貢や諸役を免除しました。1582年(天正10年)に明智光秀が織田信長に謀反を起こした本能寺の変(ほんのうじのへん)後、山崎の戦い(やまざきのたたかい)で明智光秀を破り、京都の支配権を掌握しました。1583年(天正11年)の賤ヶ岳の戦い(しずがたけのたたかい)で柴田勝家(しばたかついえ)を破りました。その後四国・九州・関東・奥羽を平定し、1590年(天正18年)に天下を統一を成し遂げ、太閤検地(たいこうけんち)・刀狩り(かたながり)・惣無事令(そうぶじれい)などの政策を行いました。また1590年(天正18年)から天正の地割による京都改造を行い、京都を取り囲む御土居(おどい)が構築され、御幸町通(ごこまちどおり)・堺町通(さかいまちどおり)・間之町通(あいのまちどおり)などが新設され、寺町通(てらまちどおり)に寺院が集められました。今出川通(いまでがわどおり)以北の東側に約800の寺院が建ち並び、寺院の白い土塀がほとんど途切れることなく続いていと言われています。その後唐入り(中国入り)を目指し、1592年(天正20年)から文禄・慶長の役(ぶんろく・けいちょうのえき)が始まりました。ちなみに1585年(天正13年)に関白、翌1586年(天正14年)に豊臣姓を賜って、太政大臣になりました。甥・豊臣秀次(とよとみひでつぐ)を養子として関白を譲ると前関白の尊称である太閤(たいこう)と言われるようになりました。なお関白・豊臣秀吉は1598年(慶長3年)9月18日(旧暦8月18日)に62歳で伏見城内で亡くなりました。1599年(慶長4年)4月13日に遺骸が伏見城から運ばれ、阿弥陀ヶ峰山頂に埋葬され、4月16日に朝廷から「豊国大明神(とよくにだいみょうじん)」の神号が与えられ、4月19日には神階・正一位が与えられました。

【祇園祭 備考】
*イベントの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者に確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。イベントの内容などが変更になっている場合もあります。
祇園祭2024日程(ちまき販売・宵山屋台・・・)

関連記事

京都観光おすすめ

  1. 錦市場(Nishiki Market)
  2. 竹林の道(Bamboo Forest Path)
  3. 嵐山
ページ上部へ戻る