本圀寺桜見ごろ(4月上旬頃)

本圀寺桜見ごろ

本圀寺桜見ごろ(時期・ライトアップ・・・)情報を紹介しています。本圀寺には山内に枝垂桜などが植えられ、桜と仁王門(三解脱門)・大本堂・鐘楼堂などの光景が美しいと言われています。本圀寺では桜のピンクと仁王像などの金色のコントラストを見られます。本圀寺に通じる琵琶湖疏水沿いにも桜が植えられています。(詳細下記参照)

【本圀寺桜見ごろ時期 2020年(要確認)】
本圀寺の桜見ごろは例年4月上旬頃です。ただ桜の見ごろはその年の気候などによって多少前後することがあります。なお2021年の桜見ごろは2021年1月下旬頃から情報発信します。
京都桜見ごろ2021京都桜ライトアップ2021京都桜見ごろ・イベント京都桜名所

【本圀寺桜・本圀寺 アクセス・マップ地図】
場所・・・京都府京都市山科区御陵大岩6
最寄り駅・バス停・・・御陵駅(徒歩約5分)

アクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*烏丸御池からは地下鉄東西線
地下鉄・アクセスダイヤ

スポンサーリンク

【本圀寺桜見ごろ時期】
本圀寺はあまり知られていない桜の名所です。本圀寺の桜見ごろは例年4月上旬頃です。本圀寺には山内に枝垂桜(シダレザクラ)などが植えられ、桜と仁王門(三解脱門)・大本堂・鐘楼堂などの光景が美しいと言われています。本圀寺では桜のピンクと仁王像などの金色のコントラストを見られます。本圀寺に通じる琵琶湖疏水沿いにも桜が植えられています。
大本堂は1973年(昭和48年)に建立されました。大本堂には日蓮聖人御持仏の勅閻浮提立像釈尊像・別れ惜しみの祖師像などが安置されています。
仁王門(三解脱門)は2003年(平成15年)に建立されました。
鐘楼堂は1996年(平成8年)に建立されました。鐘楼堂は関白・豊臣秀吉の姉で、日蓮宗の尼僧・日秀尼(にっしゅうに・瑞龍院妙慧日秀尼(ずいりゅういん みょうえにっしゅうに))寄進の梵鐘を釣っていました。鐘名は「大光山本圀寺」です。
枝垂桜(シダレザクラ)はバラ科サクラ属の一種で、彼岸頃(3月下旬頃)に花を咲かせる江戸彼岸(エドヒガン)の枝垂れ品種です。枝垂桜には八重紅枝垂(ヤエベニシダレ)・紅枝垂(ベニシダレ)・清澄枝垂(キヨスミシダレ)などがあります。枝垂桜は開花時期が3月下旬頃から4月上旬頃で、染井吉野(ソメイヨシノ)よりも早くなります。
桜(染井吉野)は2月1日以降の最高気温(毎日)の合計が600度を超えると開花し、800度を超えると満開になるとも言われています。また地域によって若干差があるが、開花から1週間から5日ほどで満開になるとも言われています。

【本圀寺 歴史・簡単概要】
本圀寺(ほんこくじ)・本国寺は寺伝によると鎌倉時代の1253年(建長5年)に日蓮宗(法華宗)の宗祖・日蓮聖人(にちれんしょうにん)が鎌倉松葉ヶ谷に小庵を結び、法華堂と号したのが起源です。日蓮聖人が伊豆に配流された伊豆法難後の1263年(弘長3年)に法華堂が再興され、寺号を大光山本国土妙寺と改め、宗門史上初の祖跡寺院になりました。1328年(嘉歴3年)に南朝初代で、第96代・後醍醐天皇の勅願所になりました。1345年(貞和元年)に本圀寺4世・日静上人(にちじょうしょうにん)が北朝初代・光厳天皇の勅諚によって鎌倉から六条堀川楊梅の地に移り、朝廷から正嫡付法(しょうちゃくふほう)の綸旨を受け、1428年(文明14年)に第103代・後土御門天皇の勅諚によって法華総本寺の認証を受けました。1536年(天文5年)の天文法華の乱(てんぶんほっけのらん・法華一揆(ほっけいっき))で焼失して堺に避難したが、1542年(天文11年)に第105代後奈良天皇が法華宗帰洛の綸旨を下し、1547年(天文16年)に再建しました。1591年(天正19年)に日重(にちじゅう)が求法檀林(学問所)を開檀しました。1685年(貞享2年)に水戸黄門(みとこうもん)とも言われる徳川光圀(とくがわみつくに)から「圀」の一字を下され、寺号を本圀寺に改めました。1971年(昭和46年)に現在の場所に移りました。
本圀寺は日蓮宗の大本山です。
*参考・・・本圀寺(アクセス・歴史・見どころ・・・)ホームページ本圀寺(アクセス・歴史・見どころ・・・)wikipedia

【本圀寺桜見ごろ時期 備考】
*イベントの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者に確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。イベントの内容などが変更になっている場合もあります。
本圀寺(アクセス・見どころ・・・)情報

関連記事

ページ上部へ戻る